ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」インタビュー

☆fnn.co.kr
英雄ではなく、普通の人は、アナログ快感疾走
e0109292_18104531.jpg




■映画"クイック"イ・ミンギ"海雲台"ユン・ジェギュン監督製作カン・イェウォン、キム・イングォン再び団結してキャラクターの状況はまったく異なり、100億ウォンの主演だと負担
e0109292_18165711.jpg
e0109292_18174284.jpg

ちょうど2年ぶりの新作だ。2009年の映画"海雲台(ヘウンデ)'を通じて、1000万人の観客たちに自分の名前を刻印させたイ・ミンギが、今回は大きな事故を打つために帰ってきた。韓国初のスピードアクションブロックバスターを標榜した映画"クイック"(監督ジョ・ボムグ)である。

"事​​実"海雲台"があったから"クイック"をすることができたのです。そして'海雲台(ヘウンデ)'を通じて映画のジャンルについての悩みをたくさんするようになりました。どうしても"クイック"は、新しいジャンルの映画という点が引かれたようです。"
e0109292_18182531.jpg

e0109292_1819239.jpg

今回の映画では"海雲台(ヘウンデ)'で一緒にしたイ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォンがそのまま再びキャスティングされた。"海雲台"のユン・ジェギュン監督は、"クイック"の製作者に出た。

"なぜ、再びまた一緒にすることになったかと言えば"当然のようにそうなった"という表現が正解のようです。ユン・ジェギュン監督様が'海雲台(ヘウンデ)"の若い俳優たちと新しい作品を作りたいという話をしたし、みんな良くして自然に団結するようになったのですよ。心配なのはなかったです。"

ややもすると"海雲台(ヘウンデ)'と似てんじゃないかという懸念についても、彼は"一応のジャンルとキャラクター、状況自体が全く違う"とし"むしろ"海雲台"の印象が強い方はもっと面白く見ることもできるだろう"と自信を見せた。

e0109292_1820297.jpg


劇中のイ・ミンギは付いているお金をすべてはたいてBMWバイクに乗ってスピードを楽しむクウィクサービスマンハン・ギス役で登場する。ある日、爆弾が装着されたヘルメットをかぶったアイドル歌手アロム(カン・イェウォン)をタ―ゲットにされ、事件に巻き込まれていく。

走らなければ爆弾が爆発状態。おかげでイ・ミンギは"バイク一つは、本当にさんざん乗りまわした"と笑った。実際撮影する時、彼はカメラの前では時速170km程度で走り、また現場に戻ってくるときは、200km以上走った。彼は"私が怪我なくてこういう話をするかわからないけど、本当に面白かった"と"その気になれば映画のストーリーのように清淡洞で上岩まで18分で到着することができるようだ"と話した。

e0109292_18204685.jpg

e0109292_18212286.jpg

製作費100億ウォンが投入された作品の主演であるだけにプレッシャーもあるはず。しかし、イ・ミンギは"最初は負担がなかったが、この頃に来て、そっと、その100億円という数字が負担になる"と微笑を浮かべた。

撮影前にはハリウッドブロックバスター映画を熱心に見て、それなりに研究もした。彼は"クウィクマンはユニークな面を持っているようだ"とし、"ブロックバスターといえばハリウッドを思うのだが、私たちの映画は、ハリウッドのブロックバスターを韓国に持って来た。韓国を背景に、韓国にあるような人物で作り上げたというのが最大の特徴だ"と伝えた。

続いて、"英雄ではない普通の人たちがヒーローみたいではない行動で事件を乗り越えていく"とし、"まるで香港アクション映画のように、最大​​限のアナログ的なアプローチを通じて、観客らに直接的な快感を与えるために努力した"と付け加えた。

イ・ミンギはヒロインガン・イェウォンさんとのラブラインもこっそり予告した。彼は""海雲台"は、ときめく感情を表現している場合、今回は、ほぼ反対の状況が繰り広げられるだろう"と耳打ちした。

封切りを控えて目が回るほど忙しいスケジュールを過ごしている彼は、"漠然とうまくいったら良いと言う映画ではない。その分、数百人が命と信念をかけて作った作品だ"と力説した。映画"クイック"は7月21日封切りする。

文ベクミンジェ記者写真ジャンセヨウン記者

2500万円を超える自動二輪車が登場

映画"クイック"に登場するバイクはBMW S 1000RRモデルだ。時価2500万ウォンを超えるがバイクを運転するには2種小型免許が必要です。ところが、免許試験が結構難しい。

5年前から免許を持っていたイ・ミンギは"私はバイクに乗る行為では、当然合格と思ったが、私の前に立っていたバイク便の配達員のおじさんたちが皆落ちていたよ"と当時を振り返った。始動をしたから15秒後に離れた彼は、最終的に教習所に登録して、再学習後にようやく合格することができた。彼は"我々の映画のスタッフ数人も撮影のために必要だとして免許試験を見に行ったが、いずれも下落した"と笑った。イ・ミンギは"クイック"を撮影してバイクの一台をほとんど廃車寸前まで作った。"クイック"の公開までには、実際に彼が乗っていたバイクを展示するイベントも計画中だ。



[フォーカス新聞社]
記事:ベク・ミンジェ記者
写真:ジャン・セヨウン記者2011-06-27 22:28:21
by kazem2 | 2011-06-28 18:32