ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」インタビュー観客動員数について

☆news.nate.com
イミンギ""クイック"、500だけは越えなければ...控えめな余裕はない"(インタビュー)
e0109292_19142298.jpg




[マイデイリー=イウンジ記者]
制作费100億ウォンが投資された映画"クイック"(制作JKフィルム/配给CJ E&M、映画部门/公开7月21日)。この映画は今まで国内で試みられたことのないスピードアクションブロックバスターだ。全く別の、新しいスタイルのアクションのために2008年から4年という時間を投資した。このように誕生した映画の主演俳優はイ・ミンギだ。しかし、イ・ミンギは"私が率先してバイクに乗るからそのように見えるだろう"とタイトルロールの謙虚な姿を見せた。映画"海云台(ヘウンデ)"でもそうだったように、すべての俳優たちがそれぞれ行うことがあるということだ。最近マイデイリーとのインタビューで彼は、"クイック"のイ・ミンギと呼ばれることを望ましいとし、映画に対する無限の愛情を含ませた。
▲"クイック"はどんな映画か。一言で最高級バイクを運転するクウィクサービスマンが爆発物を配達しなければならない話だ。実際にも最高級バイクに乗るクウィクサービスマンがあるようだ。时々見ると、高級外車のタクシーを見たことがあるという目撃談が聞こえること見れば確かにこのようなクウィクサービスがあるようだ。
▲100億大作のタイトルだ。負担感はないのか。映画の撮影時に怠惰にみな簡単に考えたりすれば負担になるだろうが、絶対にそのようにしていない。負担になることはなく、国内で初めて試みされるジャンルだてみると、観客がどのように見るかの心配がある。最善を尽くして課題を提出し、もう先生(観客)の方の成績証明書を自動的に取得待っているような気分だ。また主人公の負担になることは考えていない。作品に入ると、俳優たちごとにそれぞれ行うことができる。私が先頭に立ってバイクに乗るから映画を導いていくと考えているだけだ。すべての俳優たちがそんな思いで参加したのだ。映画を導かなければするからもっと熱心にしていないか少なく、そんなことは絶対にない。
▲出演のオファーを受けてどのくらい悩んだりしたのか。心配していなかった。"クイック"につきましては、ずいぶん前から話していたのだ。シナリオが面白いとなり作品を一緒にする人々が皆良かった。シナリオを見て"この映画、作成されると良いだろう'という考えをしていた。"クイック"に参加することがあって、映画で作られて本当に良かった。悩んだ記憶はない。"クイック"に出演することになった最大の理由は"人"だったようだ。本当に良い人々が作るのは良い映画になると考えた。映画も人と人がする仕事だから"人"を一番先に見ることになる。漫画みたいな話だったが、監督に会ってみると、本当に作成されるようだったよ。
▲観客が特に集中してほしい部分は。すべての映画がそうだがワンシーンワンシーンとしていない部分がない。どんな部分も簡単には移った部分がない。このような映画の経験がないから、"こうすればできるはずだ"という考えで始めた。観客たちが"あれはどのように撮ったのだろうか""本当に危険だっただろう"という疑問、疑問を投げて、すべてのシーンに集中してほしい。
▲予想観客数は。できなくても800万?いたずらで、しかし、500万人の観客には来てもらいたい。この映画のために陰で苦労した方々があまりにも多い。その方たちが日なたに出るためには、スコアがよく出てこなければならない。笑いながら、'500だけは越えていればいいですね"と言うには余りに重い。映画を撮って、怪我をした人も多く、血の汗を流して頑張った。切実に500だけは無 ​​条件に越えなければならないという気持ちがある。控えめな余裕がない(笑)

[写真=グァクギョンフン記者kphoto@mydaily.co.kr] (ウンジ记者ghdpssk@mydaily.co.kr)記事情報提供および報道資料press@mydaily.co.kr - NO.1ニューメディアリアルタイムニュースマイデイリー(www.mydaily.co.kr)著作権者ⓒマイデイリー。无断転载&再配布禁止-
マイデイリー 记事送信2011-06-27 15:14 最终修正2011-06-27 15:34
by kazem2 | 2011-06-27 19:14