ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」インタビュー

☆news.nate.comこちらの記事は写真が保存できます)
☆ster.mt.kr素敵な写真付き
イミンギ"ガンイェウォンと付き合えと?熱愛説でも起こすか"(インタビュー)
"海雲台"以来2年ぶりに"クイック"で帰ってきた俳優イミンギインタビュー
e0109292_12184522.jpg

面白いインタビューです!




マネートゥデイ=ギム・ヒョンロク記者

2009年、" 海雲台(ヘウンデ) 'の1000万から2年。イ・ミンギが、新たなブロックバスターに戻る。"海雲台"の分割が再び団結したアクションブロックバスター"クイック"(監督ジョ・ボムグ製作JKフィルム)である。"海雲台"の頼もしい人命救助隊ネイティブに愛されたイ・ミンギはスピードクイックサービスマンライダーに扮した。同時に、イ・ミンギは夏の劇場街を正祖に準じた、100億大作の名実共に主人公になった。"率直にうまくいったら良いだろう"としてパッと笑う彼の顔には緊張よりも期待がにじみ出ていた。ライダーは、爆弾が装着された自分のヘルメットをかぶったアイドル歌手アロムと一緒に初の爆弾テロに巻き込まれる人物。アロム役ガン・イェウォンと"海雲台"に続いて再び呼吸を合わせたイ・ミンギはガン・イェウォンを後ろに乗せ、時速200kmまでのバイクを引いた。一時年上の女性たちの愛を一身に受ける年下の男の代表の顔だった彼からいつの間にか男性美がぷんぷんと漂った。ガン・イェウォンとつきあってみろという冗談いたずらにイ・ミンギは"そのような風がきつすぎる"として手で遮った。

-100億映画の主人公になった。負担はないのか。

▶シナリオ受けて撮影し終わるまでの地図の負担が全くないが製作発表会をしながら負担になるから少しずつ芽生えている。人々もこれを100億台の映画で考えるんだなあと気がして、予告を見ると、私は本当に大ヒットをしたんだという気もする。心配はないそうだし緊張はなる。これもされるはずですし考えばかりする。

-ユン・ジェギュン監督が製作をしてカン・イェウォン、キム・イングォンが一緒に出てくる。
1000万観客を動員した"海雲台(ヘウンデ)'チームがそのまま一つになった。

▶やっぱり映画の仕事も人がすることだと良い人々とするんだなと思う。さらに、"クイック"のように大変な映画を良い人として幸いだった。それで何事もなく、無難に終わらせたんだなと思い。最終的には良い人であることだ。私も良い人にならなければならないなと思う。

-あまりにも仲の良いチームに会って、団結が良かっただろう。

▶お酒飲んでまとまることはあまりなかった。毎日の運転に必要だから。ビール一杯なら何の異常ないが、ひょっとして小さなミスでも起きれば、それは言い訳になるかという気がしたよ。信頼が重要だが、私の後ろに乗る人が不安じゃないか。一人なら大丈夫だろうが、そんなことはできなかった。

写真の投稿ご利用案内

ⓒイムソンギュン記者tjdrbs23 @

-特にガン・イェウォンとは第二ラブラインだが、周りで、実際付き合うのではないかと聞いて見たのではないか。

▶風がきつすぎる。さらに"クイック"を一緒にしたコ・チャンソク兄さんが" 問題三熱愛説でも出さなければなるんではないか"とまでちょうどした。どのような方々は、" 恋愛もうまくできなけれ縁された時に会ってみろ"というそのまま付き合ってと言う。ところが、すでにその段階が過ぎた。これが芝居でもなく爆弾がさく烈してお前が摩擦私が摩擦している間に本当に容易ではない。"海雲台(ヘウンデ)"でも叩いて迎えてから一度もしてみようとしたところで殺されて暇がなかった。あ、それでもイングォン兄はまだ未練があるようだった。

- バイクを楽しむスピードクウィクサービスマンの役割だ。撮影しながら、実際には時速200kmまで踏んだというが。かなり強心臓だ。

▶最高速度150のバイクで150をも踏まえると、不安でしょうが、それは200まで行くのに長い時間のかかるから。強心臓だといいましょうはなくて、あまりにも何かをしてみると、より刺激的に引き付けのではないか。時速80kmくらいに踏んだだが100くらい行くと、少しより多くを望むのだ。夏にはすがすがしくてもう少し引いたようだった。"ああ暑い"と言いながらブウンして行けばガン・イェウォンさんがため息をついたりした(笑)普段でも臆病だったけど種類がちょっと違う。ライドも安全装置が確認するだけで、一つも怖い。しかし、バンジージャンプのようなものであえてのしてみても良いと思う。幽霊の話もたくさん聞けば家に帰ってシャワーし怖そうだ。クモも恐れる。蜘蛛を見て大騒ぎする。

- '海雲台(ヘウンデ)'以後2年に観客に会う。

▶1年は"クイック"の撮影をし、他の1年の間には"海雲台(ヘウンデ)"とすぐ音楽の公演もして、イ・ミョンセ監督ヨウンファラン宋海星監督様の映画をできないになりながら、時間が行ってしまった。しかし、それだけで行く時間はないと、良いエネルギーに戻ることと考える。その後ろに"クイック"に会って、力が生じたこともあり。

-久しぶりに味わう休憩であろうどのように送ったか。

▶経ってから思い出すことはない。子犬にご飯あげて、友人らと酒を飲んで立派に通って、辛いもの食べに通って胃炎にかかって苦労と...そんなはい久しい思い出がたくさん残っている。年月経って話すと、"ふふふそうだった"ようになるのだ。イ・ミョンセ監督がそんな話をされた。"おいこいつら、学ぶ休む法も知っている必要があるぞ"。その言葉が迫るがついたのが私は休み方を知らないよ。時間あれば"いつ酒飲みながら'ちょうどお酒飲んで...私が休みというだけの休息をして見たことがないようだ。本読んで登山を行っているのがただ休んでいる日常になってしまうと経ってから、"私は何をしたんだろう"とこうなる。ある瞬間から、何か成果を残さなければ、映画撮ってDVDが一つコトヒョヤ私が何かをしたかのようになってしまった。何もしなくて一日が過ぎ去ればなぜこのように気まずいと思う。


写真の投稿ご利用案内

ⓒイムソンギュン記者tjdrbs23 @

-だから恋愛をしなければならないのではないか。

▶いつも"今年はするんです"としたが一年が過ぎ、"今までしましたか?"という質問を受けてきた努力が必要だという気がする。今年はおそらく、さっと行くんで、それだけで運命があるから、誰かの運命的な出会いでしょします。デビューのころから、兄さんたちには物語が"たくさん会って良い人と結婚しなさい"ということだったが、すでに遅いようだ。

- "海雲台"、"クイック"を経て、お姉さんたちの愛を一身に受けていた年下の男が、ある瞬間円が男になって帰ってきた感じだ。

▶私の推測では男性美がないようで、"海雲台(ヘウンデ)"では、義理ができ犠牲にする面を好んでくださったのではないか。"クイック"は、またどのように映し出されるのか、またどのように見てくださるのか気になる私はかなりクールな奴ではない。ハリウッドアクションブロックバスターに出てくる英雄的な解決者でなく自分生きようと地団駄を踏むならば牛後ずさりしてネズミも捉えてする。それが観客たちに魅力的に近づいて行く軽さで、近づいて行くみたい。やっぱり主人公はちょっとかっこよくする必要がされるか、人間的であっても心を開いてくださるのか気になるところだ。

-クールな白馬の王子キャラは忙しい年以上にならないようだ。

▶"クイック"は、その子見ると、かわいそうだ。吸う廊下なくて。いつもよくしていくキャラクターは忙しい年以上なかったよ。"タルジャの春"程度そうしたのだろうか。

-興行もそうだが"海雲台"を越えなければならないというのはイ・ミンギも課題だ。

▶人が似ているとウルグォモクヌンダゴすることができますが、いくつかの役でも俳優らはみな心配してのではないか。今回もまた、方言を話すのに私にとっては"海雲台"は忙しい異なるディテールに悩んだ。"海雲台"で、誰が聞いても、海雲台(ヘウンデ)生え抜きのなまりを駆使するのならば、今度はソウルに数年住みながら、あえてソウルマルしようとしていない人の感じを出したかった。ソウルに常駐される経常もの方々はちょっと知っていただきたいという気持ちがあります(笑)

写真の投稿ご利用案内
ⓒイムソンギュン記者tjdrbs23 @

-顔は一つも変わった。そういえばデビュー時から今まで年を取っていないようだ。

▶最初の一幕物でデビューをしたが、その時は子供の父親役だった。二十一歳か二歳にした"泰陵選手村'では28才の役割だった。その時笑わせたのが、"泰陵選手村ホン・ミンギ役のイ・ミンギ"という記事が出てきて、括弧を開き、'28歳'このように書いたのだ。間違って出てきたところ、イ・ユンジョンPDさんが"ミンギ軍隊に行ってこなかったか?"といいながら驚いた。もう私の年齢に見えるが。今は年をとってはならないと思う。年をとって、他の役割もたくさんできそうだし。私の年齢にすることができるのが多くないようだ。

-顔に現われる年齢と情緒的に共感している年齢は異なる場合があります。見方をすれば"クイック"は、たった、今のイ・ミンギができる作品だ。

▶私の年齢にすることができることをしてから30代になると私も30代にすることができることをして、40代になると、また父親の役割もしていきたい。実は何にも知らなくていたデビューの時もそうで今までにも、父とは感情的には共感が深くならない。今考えると離れ過ぎだ。"クイック"は、今私がぴったりすることができる作品であるのだ。その年齢代のどのような場合は、どのような感情が反映されたのだ。ただのアクション映画であり、情緒的な映画ではないのでそのようなことなの。もっと子供のころの私は、した場合は、ちょっと可哀想に描かれたのだろうか?もし今の私が"浮気日和"の役割をするならば、その時のようにすることができないようだ。年を取って見て回れば"クイック"は、おそらくそのような作品になるのだ。

-観客はちょっと?

▶正直なところ、ちょっと欲出る。500万人は見て欲しい。そこに子供産むたびに、幸運が伴うことは、イングォン兄が第三産んだのだから、100万をのせて、私は2年ぶりだからもう少し上げて...(笑)

入力:2011.06.27 10:59
e0109292_12455869.jpg
e0109292_12463145.jpg
e0109292_12471616.jpg
e0109292_12481226.jpg

by kazem2 | 2011-06-27 12:22