ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」Newsenインタビュー①

☆newsen.com
クイック"イミンギ100回の撮影→40日間の録音は"もの凄く死にそうだった"( インタビュー)
e0109292_15403520.jpg




e0109292_16134236.jpg

[ニュースエン文ジョヨンギョン記者/写真イジェハ記者]
俳優イ・ミンギがバイクだけが望み見て、住んでいる"クイックサービスマン 'でもう一度の演技変身を試みた。イ・ミンギは100億台のブロックバスター"クイック"で、爆弾を配達する"クイックサービスマン"に扮する。分かってみれば英雄、特殊要員こんな映画的な要素はない。極めて現実的だと、より特別で、よりリアルです。

激しい雨が降った日に進行されたニュースエンとのインタビューで、イ・ミンギは疲れている様子が見えた。100回目の撮影に後からの録音、様々な映画のスケジュールまで、体がいくつあっても足りない状況にイ・ミンギも、"もの凄く死にそうだ"と表現したが、インタビュー中の"クイック"を話す彼の姿は輝いて、また素敵だった。"本当に単純にクイックサービスマンがクイック配送で爆弾物を配達している状況に出くわすのです。バイクだけを眺めて暮らしていた平凡な子ですよ。どのようなハリウッド映画やジャンル映画と異なる点は、"私がこの国を救わなくてはならなくて"ではなく"自分から生きて"ということか(笑)" "クイック"は、驚異的な画面上にものすごい音が圧巻だ。ジョボムグ監督は、"視覚的な効果だけに聴覚的効果がどれだけすごいかを見せてくれた。韓国でこのように撮影後録音に精魂を込めた映画はこれなかった"と言うほどに音に敏感だ。感情と俳優のディテールさを生かすには、同時録音がはるかにいいのですが"クイック"は、果敢に撮影後録音を選んだ。そのため、死んで生きるのはやはり俳優だ。すでにした演技を再びしなければならない過程は決して容易なことではない。"みんな走って走ってケガするシーンがもっと大変だろうと思うのにこれだけ大変ならば撮影後録音もぴったりその分、それより少し大変です。初めての録音を行った時は本当に恥ずかしかったんですよ。まだ自分の演技に目を開いて見れないし(笑)。最初はこれがまた思うようにいけないからどうしようかとしたが、二三回してみるとスタッフたちが"私たちの俳優らは今も声優としてもいける"とおっしゃってくださったんです。されている私たちも本当に不思議だったんですよ。しかし、現場ではすでに、すべての感情を注いで注ぎながら演技していた呼吸のようなことを表すときには正直大変でした"。"クイック"の撮影後録音期間は約40日間進行された。短編映画一編を撮ったそうな時間だがジョボムグ監督は、まだ作業の真っ最中である。監督と俳優は、いつも多くの話を使って映画を作っていくのだが、少し別の現場となっただけにジョボムグ監督は俳優たちに特別に要求事項を伝えた。"この部分を重点的にこうしようすることはなかったが、一つだけ希望がありました。"怪我をすれば終わりだ"本当に、撮影中ずっと口にしておられた言葉だと思う。マシンが壊れたのは関係ない。ケガだけはしないでください。実際怪我をすればして大変なことにそうでした(笑)" 大きな事故はなかったが、トリッキーな事故はもちろんあった。イミンギも、靭帯を怪我でもしたが、"目に見えない傷だから私一人では少し病気になるには最高の負傷だった"と淡々と話した。しかし、一度、大きな事故につながる明らかなことがあった。パートナーガン・イェウォンさんの爆弾シーンはもう一度考えてもぞっとする。

ジョヨンギョンj_rose1123 @ /イジェハrush @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com [2011-06-24 13:55:55]
by kazem2 | 2011-06-24 15:42