ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「クィック」制作発表会カン・イェウォン

☆newsen.com
e0109292_11325338.jpg




☆newsen/com
"クイック"カンイェウォン"ポクタンソク命を救ってくれたイミンギに涙こんこんと、人は両方ともだった"


[ニュースエン文ジョヨンギョン記者/写真アンソンフ記者]

俳優カンイェウォンが撮影中に自分の命を救ってくれたイミンギに感謝の気持ちを伝えた。

6月20日"海雲台"の制作陣の映画"クイック"の制作報告会が、ソウルCGV鴨鴎亭で開かれた。この日の制作報告会にはジョボムグガムドクウルはじめ、俳優イミンギカンイェウォンが参加した。


カンイェウォン撮影をしながら、くらっとした状況がなかったかという質問に"ユナンだろうかは分からないが、私の速度や音、ガラスに敏感"と"爆弾が一度発光し、また立て続けにぽんと鳴るべきする瞬間があった"と伝えた。

続いて、"最初に、音にとても驚いて、足ハットディデョトゴそのまま倒れた"とし"残りの爆弾やガラスの破片に死ぬんだなと思った"と当時の状況を繰り返していた。

その瞬間、イ・ミンギは、自分の命が脅かされるかもしれない状況で、ガン・イェウォンウル光って抱いて持って爆弾の中で彼女を救出した。

カン・イェウォンは"本当に死んで生き返った"として"私を取得するにしてからの移民でも怪我をして私の顔にも傷がついてわあわあ泣いた。自分の命も危険なのに私を救ってくれたイ・ミンギが男らしく見えた"とはにかむように告白した。

これにイ・ミンギは"爆弾が爆発の状況を楽しみながら、また実際に起これば、大騷ぎが出る"として"実際のカン・イェウォンが転倒にそちらに行ったのですが、スタッフたちがチャノン順番に決めていただき、大きなけがはなかった。爆弾も安全なものだった"と明らかにし温かさをかもし出した。

"クイック"は、総製作費100億が投入された超特急プロジェクトで、爆弾を配信することになったクウィクサービスマンの危険なミッションをスペクタクルに描いたスピードアクションブロックバスターだ。来る7月21日封切りする。

ジョヨンギョンj_rose1123 @ /アンソンフjumpingsh @ [2011-06-20 13:23:23]
by kazem2 | 2011-06-20 11:34