ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「スーパーエイト」監督JJエイブラムスインタビュー

☆cine21.com
劇場で驚くの経験を再び感じてみてください
e0109292_21493396.jpg




トックバブの帝王や釣りの帝王。
黙って考えてみれば世の中にJJエイブラムスより憎らしい監督はない。 なんでもかちかちに隠して炸裂させたが、さらに隠す必要がないものまでも隠すだけでなく、隠すことがあえてない時はウサギの足でも伸ばし差し出してしまう。 <スーパーエイト>のティーザー予告編が公開されると、世界中の映画ファンたちは息を深く吐くと爪をぐちゃぐちゃと噛みまくった。 しかし、そのような釣りも、誰もがする​​わけではない。 JJエイブラムスはいつもトックバブと同じように思いがけないことを出して私達を驚かし、<スーパーエイト>も同様だ。 シンガポールのヒルトンホテルで、JJエイブラムスに会うやいなや半分冗談で(しかし、正直な気持ちで)"今年映画を作ったことをお祝いする"と挨拶をした。 JJエイブラムスは、例のいたずらな13歳のような表情で答えた。 "そんな甘い挨拶を...。 (笑)"

- とにかく、野心的な話だ。 モンスター映画、成長の映画、エイリアンの映画など、あらゆるジャンルがぎっしりと入っている。 一つのシナリオとして完成するのが容易ではなかったようだ。

=すべての要素のバランスを捉えるのは非常に挑戦的な作業だった。 スタートは、私はスーパー8mmカメラで映画を撮った子供の頃に再び戻ったようにすることだった。 もちろん、それだけではなかったし、70年代末という時代に子供として生きていくことが真にどのようなものかを見せてあげたかった。 主人公のキャラクターたちが<スクービードゥー>のように見られなかったという場合は望みがあった。また、妻を失った父の悲しみが子役キャラクターでも重要だった。 そのすべての要素でジャグリングをしなければならなかったが、幸いにも、スティーブンスピルバーグが製作者として参加し、多くの支援を受けた。

- 個人的にはぴったり私の世代の幼年期を支配するエムブルリンエンターテイメントの郷愁を濃く感じることができる。 あなたにもエムブルリンのすばらしい芳香があるようだ。

=勿論である。 1979年に私はたった13歳だった。 その時に見たエムブルリン映画でも、エムブルリンイ作成される以前のスピルバーグ監督の映画は、私にはまさに本質的な影響力を残した。 <スーパーエイト>は、ドラマ、コメディ、成長の映画、冒険映画、モンスター映画など、私の好きな​​、あらゆるジャンルの不思議なカクテルであり、それはエムブルリン娯楽映画の証明書のような特徴でもあった。 まさにそのような特徴を抱きしめて見たいと思った。

- その中で最も本質的な影響を与えた唯一の映画を挙げることは可能なのか。

=私は...(笑)とても好きな映画が多くて一つを挙げることがあるかも知れない。 <ET><クローズエンカウンター>はもちろんのこと、<ジョーズ>も本当に好きだ。 初期のスピルバーグ映画<シュガーランドエクスプレス>も。 スピルバーグ監督がこれまで歩んできたキャリアを一度振り返ってみてください。 <シンドラーのリスト>のように深刻な映画と、初期の映画を行き来するの歩みは、信じられないほどだ。 彼は今<がんがんの冒険>を終えて、リンカーンの伝記映画を撮っている。 凄いじゃないか?

- そのようにもっと深刻な素材を扱った映画を作りたいと思う欲もあるのか。
=勿論である。 映画の中の悪党がモンスターや他の惑星から来た存在ではなく、映画だ。 (笑)

- そういえば、あなたはいつも映画のモンスターを入れている。 さらに<スタートレック>や<ロースト>のような怪物が全面的な役割を果たしていない映画でも、だ。 モンスターへのあなたの情熱と強制はどこからきたのか。

=実在する場所に超現実的なモンスターを挿入する考えを非常に好む。 ところが、<スーパーエイト>の怪物は、ただのモンスターではない。 これは主人公の少年少女たち、彼らの親が持つ心の傷を物理的な方法で見せてくれる一種のメタファーといえる。 この映画では主人公の少年の物語は、モンスターなしで存在することができない。

- ポン・ジュノ監督の<怪物>と似ている部分があるという印象を受けた。 要するにモンスターが少女を誘拐して、地下の洞窟に閉じ込めたような設定だ。

=ポン・ジュノ監督は、個人的に知っている。 ソウルでも会ったことがあり、LAにも何度も会った。 好きな監督の一人である。 なぜ<怪物>との類似性をつくのか理解することができる。 すべての監督たちは他の映画や他の監督たちから影響を受けるはずだ。 私はボン・ジュノ監督のファンであり、<怪物>は、人間性の話をしながらモンスターを引き込んだ、本当に美しい映画だ。 <スーパーエイト>は、私の好きな​​スピルバーグ監督、ジョンカーペンターの影響力が大きく作用した映画で、ボン・ジュノ監督の<怪物>もそのひとつだ。 いつかは、ポン・ジュノと一緒に作業しようと心に決めている。

- そのプロジェクトが完成になることを本当に楽しみに待つ。 ところが、もしレイハリーハウゼンのファンだったのか? 多くの場合、映画のモンスターたちは、まるでストップモーション時代の怪物たちのように動く。

=そんなこともできる。 ハリーハウゼンを非常に好む。 私の子供たちがハリーハウゼンの本のサイン会に行って、一緒に撮った写真も持っている。 (笑)考えてみれば、彼がモンスターを作成し、使用したツールや技術は、今の私達のものと基本的に同じである。 私たちも、コンピュータを用いてモデルを作成し、フレームずつ、それを撮影して繁殖ではないか。 ハリーハウゼンは、これらすべてのものの開拓者だった。

-1979年のレトロな香りのために映画をフィルムで撮影したのは分かる。 ところが、デジタルで撮影した後、後半の操作で変換することもないではないか。

= <スーパーエイト>は、本当に70年代後半に撮影された映画のように見せていた。 もちろんステディケムやCGIのようにその時代になかった技術を活用したりした言葉だ。 デジタルカメラで撮った場合は、すべてのアクションシーンがはるかに鮮烈に見えたはずだが、1979年に起こっていることのように見えないていないのだ。 実は私は、デジタル映画作りの巨大なファンである。 そして...率直に37個のショットレッドインのカメラで撮影した。 なぜなら、ある場面は、より速く、より容易にする瞬間を捕捉する必要があったからだ。 しかし、この映画を見る人も、どのシーンレッドワンで撮ったのか気がつくことはないだろう。

- テクノロジーを得意とする方だが3Dには興味ないのか。 <スーパーエイト>も3Dで製作しようという提案があったはずなのに。

= 3D流行に非常に反対するわけではないどうしても作る立場では、3Dは別のレベルの頭痛の種だ。 (笑)撮影しながら、制約が多すぎる。 レンズフレアや銅など通常の映画とは異なる方法で、最初から調整をしなければならない。 いっそ2Dのみ面白い映画を作りたいと思う。 2D映画もよく作るには、3Dよりもはるかに立体的である場合もある。 重要なのは最終的にキャラクターとストーリーだ。

- 今夏ハリウッドは続編が本当に多い。 それが、全体的な傾向でもあるし。 ハリウッドでは続編ではなく、夏の超大作を作成するにはどのように制作会社との闘争をしなければならないのか。

=作るのが難しいというより売りが難しいという言葉がより正しいのだろう。 もちろん、私も二つの続編(<スタートレック:より多くのビギニング> <ミッションインポッシブル3>)を作成しましたが、最近のハリウッドでは、多くの場合、販売手腕が創造性よりも上回ることが多い。 出版社としては、タイトルの後に番号がついている映画を売るほうが容易だからだ。 <スタートレック:より多くのビギニング>も11番目の続編だが、私としては、以前のシリーズがただの一度もしたことのないようにするほしかった。 考えてみると<スーパーエイト>も後ろの8という数字がありますが、<スーパー1>と<スーパー7>はないから。 (笑)

- 韓国では『釣りの帝王』と呼ばれる。 もちろん、まだそのような秘密のPRの方法が終えるように空気のようなのも事実である。 一方、永久に受け入れられないことも事実である。

=もちろん、永久的なことはできない。 公開日が近づくほど<スーパーエイト>についての情報ももっと緩めている。 ただ私は、観客の経験を台無しにしたくない。 彼らの映画的な経験を尊重したいと思う。 特に、<スーパーエイト>は、まるで観客が1979年に映画を見に行ったように感じると思った。 その頃には、劇場に入るまでは、オンラインや予告編で事前に映画の情報を知ることができず、おかげで、すべての映画が一種の驚きだった。 最近では、予告編を見ても、映画についても知ることができるのではないか。 製作会社はもっと見せてあげたいが、私は<スーパーエイト>は、驚くほどの映画的な経験となることを望む。



文: キム・ドフン 2011.06.14


写真提供:CJ E&M映画部門
by kazem2 | 2011-06-15 22:27