ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

名監督の次回作の近況は?

☆star.mt.co.kr
e0109292_1942821.jpg

上から時計回りにパク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ジウン、クァク・ジェヨン、ホ・ジノ、ウォン・シニョン、アン・ビョンギ、イ・ミョンセ、リュ・スンワン、イ・チャンドン監督





マネートゥデイ= チョン・ヒョンファ記者

『サニー』がハリウッド映画の空襲の中で孤軍奮闘している中で、パク・チャヌク ポン・ジュノ イ・チャンドンなどの有名な監督の次回作に映画界の関心が集まっている。 韓国の映画 制作本数が増加しながら、これらの近況への投資、配給会社やマネジメントなどの映画関係者たちが神経を傾けてていること。

パク・チャヌク ポン・ジュノ キム・ジウンなど海外へ進出する監督たちが増えている一方、
イ・チャンドン リュ・スンワンなども、新しい プロジェクト を準備している。

ハリウッドデビュー作『ストーカー』を準備中のパク・チャヌク監督は、 キャスト が変わるなどの製作に支障が生じながら、現在は韓国に滞在している。 「ソトコ」は、 父 が死んだ後、突然現れた不審なおじさんの話で「ソクホピル」アントワースミラーが脚本を書き、フォックスサーチライト社が製作する。 当初、コリンファースが出演する予定だったが、最近の マット グットイ主演候補に浮上した状態だ。 パク・チャヌク監督は、早ければ今年末に 撮影 に入る予定だ。

ポン・ジュノ監督が準備中の『雪国列車』も近いうちに軌道に乗る見通しだ。 今年のカンヌ映画祭金 のカメラ 賞審査委員長だったポン・ジュノ監督は、映画祭期間中、現地では「雪国列車」と関連し、海外パートナーとの進行状況を議論した。

『雪国列車』は、1986年アングレーム国際漫画祭で グランプリ を受けた フランス の同名 SF漫画 が原作で、厳しい寒さが近づいた地区で唯一の生存先の雪国列車を 舞台 にした。 ソン・ガンホが韓国の俳優の中で唯一登場した中で『怪物』コ・アソンの出演を検討している状況だから注目される。

ハリウッド進出作『 ラスト スタンド 』を準備中のキム・ジウン監督は、出演を検討していたアーノルドシュワルツェネッガーが不倫波紋で失敗に終わって作りが少し延ばされた。 『ラストスタンド』は、麻薬組織のボスが法廷で脱出して メキシコの 国境を越えようとするために、その過程で 、保安官とその仲間たちが繰り広げる アクション映画 。 当初、リアムニースンが主演を務める予定だったが降板した後、アーノルドシュワルツェネッガーが有力な候補に上がっていた。

中堅監督たちの中国への進出も活発になった。

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督は中国映画『 楊貴妃 』を演出する。 『楊貴妃』は中国の唐の時代を風靡した伝説の美女楊貴妃の物語。 中国のトップスターパンビンビンがケシ役を務める。 チョウ・ユンファが玄宗役を、日本の小栗旬が出演を議論していることが分かった。 クァク・ジェヨン監督は、第14回上海国際映画祭で『ケシ』の制作報告会を持って全容を公開する。

ホ・ジノ監督も、上海のプロジェクトの推進に 盛ん である。 三つのプロジェクトを準備中のホ・ジノ監督は最近、次回作として『危険な関係』リメイクイン『上海プロジェクト』に拍車をかけている。 ホ・ジノ監督は『危険な関係』中国版リメイクを1930年代を背景に進めている。 ファン・ビンビン、ジョ・オスィクなど中国の俳優たちが主演で取り上げられているなか、韓国の俳優の出演も議論している。 ちょうどホ・ジノ監督は、韓国の俳優の出演に肯定的な一方、中国メーカーが自国俳優たちの出演を望んでおり、詰めの議論している。

製作した『サニー』が高騰しているアン・ビョンギ監督は『ボイス』 ​​のハリウッドリメイク製作が遅くなり、中国の 映画演出 を準備中だ。 中国の投資 配給会社からの提案を受けて4月末、現地に行ってきた。

今年のカンヌ映画祭批評家部門の審査委員長を引き受けたイ・チャンドン監督は、最近の本格的な次回作の準備に入った。 イ・チャンドン監督は、現在のシナリオ作業に取り組んでおり、父と息子の話を取り上げることと知られた。素速いマネージメント社がすでに制作会社との接触を試みている。 イ・チャンドン監督は、昨年の『詩』にカンヌ映画祭脚本賞を受賞しただけに、今回の映画でも、映画関係者たちの関心が集まっている。

「不当取引」で興行の甘さを味わったのリュ・スンワン監督は、今年 下半期 の映画制作を準備中だ。 既にトップスターSが出演するという意思を明らかにするだけに企画段階から関心を集めている。 リュ・スンワン監督の作品には骨太のアクション映画に親交のうわさ が回っている。 終盤のシナリオ作業に盛んでいる。

イ・ミョンセ監督は、ユン・ジェギュン監督と手を取り合って新作『ミスターK』詰めの準備をしている。

『ミスターK』は、映像の美学を追求してきたイ・ミョンセ監督の『M』以来4年ぶりにお目見えする長編映画。 結婚 を控えた秘密工作員が婚約者に自分の正体を隠したまま、国の命運がかかった大規模な事件解決に乗り出すという内容である。 ソル・ギョングが出演を確定した。 イ・ミョンセ監督は、最終的なシナリオを完成させた後、他のキ ​​ャストも近いうちに確定する計画だ。

ウォン・シニョン監督が4年目の準備中の実写版『 ロボット テコンV 』も近い将来の投資を確定し、発進する見通しだ。 メジャーの投資配給会社Aと詰めの投資の議論の真っ最中である。 投資が確定した場合、今年の下半期から撮影に入る。 製作に突入すると、キム・ユンソクが 主役 に参加する計画だ。

入力 :2011.06.13 11:40
Commented at 2011-09-15 21:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2011-09-16 07:09
☆21:52の非公開ちゃん

おはようさ~ん

今朝のお目覚め いかがですか~^^

ありがとう^^

そうだね

監督の絡みのニュースはNaverの監督サイトにアップされていたんだけど なんだか取り上げる気がしなくて^^

韓国では有名らしいんだけど 私はあまり知らないのよ~

ピーター・スマ―レという俳優さんだね

多分アレックスがテーザーから予告編をアップしてくれると思うし

韓国は勿論 日本のバイヤーもハリウッド映画として買いつけて

日本公開もあると思うよ

なんたってシュワちゃん復帰作だからね

アメリカまで行かなくてもいいと思うよ~^^
by kazem2 | 2011-06-14 20:23 | kim jee woon | Comments(2)