ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「クィック」ユン・ジェギュン監督インタビュー(ネタばれあり)

☆tvreport.co.kr
"クイック撮影するための中古車50台廃車にした"
e0109292_1311232.jpg

面白いインタビューです!



[TVレポートギム・ボムソク記者]
興行師ユン・ジェギュン監督が、今年7月に封切られる『クイック』(ジョ・ボムグ監督)のために50余台の車を廃車処理したと述べた。 中古ではあるが、この中にはベンツなどの外車も、複数台あったという。

ユン・ジェギュン監督は13日、ソウル江南区論硯洞JKフィルムオフィスでTVのレポートと会って、"『海雲台』以来、二本の大ヒット公開が7〜8月に決まったため、最近はほとんど寝ないで夜を過ごす"とし、"今日も『7鉱区』の色補正所作業車一山(イルサン)に行って来る道であり、30分単位でスケジュールが動いている"と述べた。

コンピュータの前に座るやいなや、彼はハリウッドの合作映画『テンプルステイ』の準備のためのアメリカのスタジオにお急ぎのメールを送って記者の質問に答えた。 "英語の電子メール送信するのが映画の撮影日よりも難しい"と自分を宥めた。 次は一問一答。

- 『クイック』の現在の工程は、。

"本予告編の操作がすべて終わり、マスコミの配分の試写会の前日までずっと触れなければならない。 音響と色補正は触るほど、画質が良くなるのでキリがない。"

- 映画の情報番組で、無人の車の転倒シーンを見た。

"『クイック』はドラマと一緒に迫力、スリルがキーポイントの映画だ。 従って、国内で初めて、スタントマンなしで、リモコンで車の速度を高めて転倒シーンを撮ってみた。 臨場感を高めるためだったが、結果は期待以上だったよ。"

- イ・ミンギ カン・イェウォン イングォンをキャスティングして、100億映画を撮った。 リスクを懸念する人もいるようだ。

"高価な俳優が出てきたといって、観客たちが無条件に財布を開くとは思わない。 観客たちは何か新しいものを起こさせられる話に興味を持って興奮する準備をする。 最も重要なのはドラマ、叙事構造だ。 面白くて感動的なコンテンツのみがあれば俳優の演技に没頭することになる。"

- 俳優のキャスティングの基準は何か。

"人間性と演技力を見る方だ。 どんなに優れた俳優でも思いやりがないとか、基本的にダメな俳優たちとは作業しない。 人を失ったり、または自分自身の平常心に害を与えるからだ。 しかし、認知度が低くても品性に優れ、演技がうまければ、とても愛らしくて美しい。 そのような俳優たちと作業すると、撮影が労働ではない。"

- 『クイック』を撮って車は何台廃車になりましたか。

"映画では、100台が凄惨に壊れれるが、実際には50余台程度の廃車処理しており、残りはコンピューターグラフィックの助けを受けた。 ドイツの輸入車を押しつぶす時は中古ですが、ちょっともったいない気がしたよ(笑)"

- 『海雲台(ヘウンデ)』では、直接本人の車を浸水させたと聞いた。

"車の交渉が上手くいかず黒中古SM7を小道具として使用した。 海雲台(ヘウンデ)の津波が丁度襲って避暑客たちが​​月見峠の上で逃げるシーンで出てきた。"

- 『クイック』は、バイクの速度が落ちたり、ヘルメットを装着するには時限爆弾が炸裂するというが話だが俳優たちの顔は見ることがあるのか​​。

"ヘルメットを脱いではいけないので、顔全体は出てこないけれど、目耳鼻口は鮮明に見えるように撮影した。 イ・ミンギの顔、見てみたい女性の観客たちが多いでしょうがヘルメットでは困難があるだろう。(笑)"

- 「頭詞父母の祭日体」『セックスイズゼロ』に公開されるたびに、同時上映に出会った『ハリーポッター』と、今年の夏、また対戦になった。

"本当に強い縁です(笑)運がよかったのか『浪漫刺客』だけ抜いていつも私達の映画が勝ったが今回も韓国映画の辛い味を示したいと思う。 ところが、真の運命のいたずらのような事実があったよ。"

- それは何か。

"私は、ハリウッドと協力して映画が『テンプルステイ』ですが、その映画の製作会社が偶然『ハリーポッター』のスタジオ1492ピクチャーカードであることだ。 そちらで言葉では言わなかったけど、私はどのように憎くて薄情だったか。 実は『ハリーポッター』という言葉を聞いてもノイローゼがかかるだけに、まだ怖いのは事実だ。 しかし、楽しさと感動、笑いに忠実な映画は絶対に観客にそっぽを向かれないということを学んだ。 その単純な法則を今回も証明して見てもらいたい"。

- 最後に『クイック』も笑える場面が出るか?

"メインの予告編を公開すれば分かるはずなのに『クイック』は、私が今までに製作した映画の中で一番面白い映画になるだろう。"

ギム・ボムソク記者 kbs@tvreport.co.kr

記事の日付:2011 - 06 - 14 12:43:43
by kazem2 | 2011-06-14 13:37