ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最大の繁忙期の夏 千万観客映画出てくるか

e0109292_1344557.jpg




(ソウル=連合ニュース)ソングァンホ記者

夏休みと休暇がかみ合う7-8月の劇場街に観客1000万人を動員する大規模な映画が出てくることができるか関心を引く。

これまで1000万人の観客を越した映画は韓国映画と洋画を含めて、『アバター』(1千335万人)、『グエムル』(1千301万人)、『王の男』(1千230万人)、「ブラザーフッド」(1千174万人)、「海雲台」(1千139万人)、『実尾島』(1千108万人)など6編だけだ。

国内を代表する投資配給会社ショーボックスとCJエンターテイメントの作品が来月21日、「千万映画」のタイトルを置いての初対決を繰り広げる。

チャン・フン監督の「ゴジジョン​​」とジョ・ボムグ監督がメガホンを取った『クイック』だ。

「ゴジジョン​​」は「映画は映画だ」で作品性を認められ、2番目の作品『義兄弟』で546万人の観客を動員した映画界の期待の主チャン・フン監督がメガホンを取った三番目の長編映画だ。

休戦交渉が進行される中にも注意を奪還しようと、命をかけた戦いをしなければならなかった、南北の兵士たちの事情を描いた。

純製作費100億ウォンを超える大作だ。 マーケティング費まで含めると、総製作費が130-140億元に達する見込みだ。 ショーボックスの配給映画の中で2006年純製作費110億ウォンを投入したポン・ジュノ監督の『グエムル』(2006)以後、最も規模が大きい映画だ。

CJエンターテインメントが配給する『クイック』の勢いも侮れない。 すでに『1千万人のクラブ』に登録『海雲台(ヘウンデ)』の興行の牽引車の役割をするイ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォンが伴う出撃する。

バイククイックサービスマンが爆発物を渡すことになって起る事件を扱ったアクション映画だ。 純製作費80億ウォンが入った。 マーケティング費まで含めると、総製作費は100億を遥かに上回ると見られる。

「7鉱区」は「ゴジジョン​​」『クイック』と2週間の間隔をあけ8月4日に封切られる。 『華麗な休暇』で800万を超える観客を引き込んだキム・ジフン監督の作品である。 広い海の真ん中に浮かんでいる石油ボーリング船「イクルリプスホ」で繰り広げられる深海怪獣と人間の死闘を描いた。 純製作費100億ウォンを超える。

やっぱりCJエンターテインメントが配給するこの映画には、ハ・ジウォンとアン・ソンギ、オ・ジホが出演する。

300億ウォン以上の実弾を注ぎ込むショーボックスとCJエンターテイメントは、『海雲台(ヘウンデ)』と『国家代表』(844万人)が両輪に興行をしていた2009年のように1000万に肉追する映画が出ることを期待している。

ショーボックス広報チームのチェ・グンハ課長は9日、"7月末と8月初めには1年で最も多くの観客が入る時期"と言いながら"互いに違うコンセプトを持っているが「ゴジジョン​​」と『クイック』など、他の韓国映画が両輪になって興行をすれば良さそうだ"と話した。

外貨では1編2編も700万人を突破した『トランスフォーマー2』は、今までに2千400万人を動員したハリーポッターシリーズの最終回『ハリーポッター:死の秘宝2』が1千万映画に挑戦する。

特に、『トランスフォーマー2』と『ハリーポッター』の最終回は、通常の2D映画よりも5千ウォンほど高い3D映画なので、売上高利益は前編を上回ると見込まれる。

buff27@yna.co.kr 2011.06.09


(終了)
by kazem2 | 2011-06-12 13:59 | Comments(0)