ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

第10回ミジャンセン短編映画祭(6月24日~30日まで)

☆news.nate.com
e0109292_20121137.jpg




[マックスムービー=ベク・ジョンヒョン記者]
韓国映画の未来を測る際に最も良い方法です。 ミジャンセン短編映画祭「ジャンルの想像力展」が今年で10回目を迎える。 映画祭は、いつものように厳粛主義の強要を捨てて、不埒な想像力を力強く応援する。

●韓国映画の未来をお願いし

2001年、映画俳優のチョン・ウソンが演出したミュージックビデオ短編の開幕作に掲げた映画祭は、関心の中に第一歩を踏み出した。 ミジャンセン短編映画祭だ。 映画祭は、映画ファンに劣らず、多くの映画人たちにも期待を集めた。 [スタート]からがそうだった。 韓国の大衆映画の前方に立ったの映画監督たちが短編映画祭を作成すると意気投合しながら、ミジャンセン短編映画祭がスタートしたからだ。

イ・ヒョンスン監督が中心になって、各ジャンルを代表するキム・ソンス、パク・チャヌク、ホ・ジノ、キム・ジウン、キム・デスン、ポン・ジュノ、リュ・スンワン監督などの執行委員会を構成し、審査委員の役割までした。 これらの名監督たちを団結するようにした理由は単純だった。 韓国映画の基本的な土台となる短編映画を大衆に広く知らせ、後輩を育成しようというもの。 監督は、映画の未来が短編映画にあると信じていた。

そう信じるのは、ただ彼らだけではない。 「短編映画は、嘘をならべるにはとても短すぎて、いつも映画とは真実を言わなければならないという教訓を与える」ヴィムヴェンダースの言葉だ。 多数の映画の書籍を残した世界的な映画評論家のアンドレ・バジェンは、短編映画は、『いつでも、将来の映画』と定義したことがある。 「自由な想像力と奔放な精神が合わさって作り上げた錬金術の神秘がそこにあるから」というのが彼の説明だ。 ジャンリュックゴダールは、短編映画で『私たちが前進した』と言った。

短編映画の価値は、明らかにしたが、大衆との親密度がそれほど高くないのがいつも問題にされたために監督らが両腕を蹴りつけたもの。 映画祭は、短編映画がつまらなくて難解という偏見をなくすジャンルの映画の特殊性を持って来ることから始めた。 国内の競争部門の五つのセクション「非情城市」(社会的観点を扱った映画)、『愛に関する短いフィルム』(芝居)、「喜劇紙王(フイグクジワン)」(コメディー)、「絶対悪夢」(恐怖、ファンタジー)、「4万回の音」(アクション、スリラー)は、そのように誕生した。

2002年の作品500編の規模でスタートを発表した映画祭は、今年の816便が殺到するほどの関心が高まったの状態だ。 10回に続いて来る間、映画祭で40人の監督が映画界にデヴューするほどの登竜門の役割も果たしこなしている。 <追撃者>ナ・ホングジン、<便パリ>ヤン・イクジュン、<極楽も殺人事件>キム・ハンミン、<ミスにんじん>イ・ギョンミ監督は、<シューティング>グォン・ヒョクジェ<モビディク>バク・インジェなどミジャンセン短編映画祭で発掘された。

●実質的なUP規模UP

第10回ミジャンセン短編映画祭は、来る6月24日から30日までの7日間開かれる。 場所は、4回から8回までの思い出が漂った竜山CGVを選んだ。 代表執行委員は、<不当な取引>のリュ・スンワン監督が委嘱された。 リュ監督は、2002年ミジャンセン短編映画祭のスタートを一緒にした執行委員として2008年に次いで2番目に代表執行委員職を務めることになった。

国内の競争の五部門には合計62編の短編がスクリーンに上がることになった。 今年の『非情城市」部門では、南北関係をはじめとして、疎外された近所の人、労働、雇用、家族、女性など、様々な素材の映画18編が角逐を繰り広げる。 「絶対悪夢」の部門でも、宇宙人、地球の終末、ゾンビ、超能力、バンパイアなどをテーマにした13本の映画が殺到した。 他に『愛に関する短いフィルム'部門に12編、『喜劇紙王(フイグクジワン)部門9編、『4万回の音』部門に計10便がラインナップを満たした。

●色ある10周年特別イベント

映画祭は10周年を記念して、これまでの歩みを振り返るつもりだ。 「MSFF Choice 2002-2010」セクションでは、過去の上映作品の中でもう一度見たいと思う映画を再上映する。 総20編が、このセクションで紹介される予定。 歴代のコンペティション部門の監督たちの投票を経て選ばれた10編メン・スジン、ビョン・ソンチャン、シン・ウンシル、アン・シファンなどの映画のプログラマー/評論家集団が選定会議を介して均等に10ほうが観客と出会うことになる。 上映作の情報が気になる場合は、ホームページを参照していただきたい。

「最優秀作品賞バー」も、観客たちの大きい呼応が期待される。 このセクションでは、歴代の映画祭で最優秀作品賞を受賞した45本の映画が網羅されている。 第44国際映画祭最優秀絶対悪夢のような賞を受賞したナ・ホンジン監督の<完璧な鯛の料理>をはじめ、バク・インジェ監督の<ここが終わりだ>、グォン・ヒョクジェ監督の<短編孫子兵法>などがスクリーンに上がる。 特に、このセクションでは、過去10年間の短編映画の流れを見積って見ることができる場でありミジャンセン短編映画祭の傾向を読み取ることができる機会としての意味を加える予定だ。

ミジャンセン短編映画祭に計4本の映画をかけて、最多上映監督になったキム・ジョングァン、ユンヒェリョム、イ・サングン監督は、特別展の栄誉を得た。 数々の独立した映画で印象的な演技をしてきたソン・ボヨオンの予定の祈り、自分の名前をかけた特別展で観客と会う。

「Hair in CUT 2nd」の特別公募を通じて採用された一般の方の作品も映画祭と一緒にする。 このセクションでは、一般に映画を作ると、上映の機会を提供することで、短編映画の観客たちの関心を拡大させようと新設された特別なセクションである。 『ヘア』をテーマに奇抜なアイディアを広げた様々な100秒未満の短編々に会うことができる。

<国内最大の映画ニュースチャンネル! マックスのニュース>

マックスムービー 原文 記事転送 2011-06-10 14:54
by kazem2 | 2011-06-10 20:33 | kim jee woon