ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画「ムビテック」ファン・ジョンミンインタビュー

☆newsen.com.news
ファン・ジョンミン、"俳優の目の嘘ができず、裸になったような気持ちだ"
e0109292_13332740.jpg




[ニュースエン 文:ジョヨンギョン記者/写真:イジェハ記者]

俳優という修飾語が惜しくない俳優ファン・ジョンミンがスクープを追う記者イ・バンオで帰ってきた。

スクープのために生きてスクープのために、他の仕事は後回しの映画『モビディク』の記者イ・バンオ。 ファン・ジョンミンは、これらのキャラクターを演じるために約3カ月間だけでイ・バンオで生きた。 正しいが絶対チュ・グリ記者のように見えるようにしたいと思わなかったファン・ジョンミン。 キャラクターの細やかな部分の一つまで見逃さない緻密な俳優を 三清洞の 雰囲気の良い一 カフェー で ​​会った。

"しるこちょっと食べてもいいですか?"朝から続いたインタビューでの食事もまともにできなかったというファン・ジョンミンは、インタビューの開始前に慎重に聞いてきた。 次回作の影響で、いつの間にかスリムな 体 を持つ彼は、以前よりもなめらかな感じだったが、口調だけは『食卓の感想』を言う温かいおじさんのようだった。

ファン・ジョンミンは『モビディク』のシナリオが大好きでたっ​​た3時間で映画出演を決めた。
一体どんな部分が彼の心を引いたのだろうか?

"話自体が私にはとても面白かったですよ。 加えることも捨てることもなく、よく組まれている小説を見る感じだったんですよ。 ところで問題は、試写会を通って映画に椄した方々がとても真剣に受け入れられましたよ。 私は全然深刻ではなかったし大変な商業映画だと思ったが.. ちょっと心配になりますね"

映画の中ではイ・バンオはスクープ記事だけを狙う記者だ。 大ヒットそれとも小さなスクープのために会社から嫌われるのはもちろんのこと、 同僚 や後輩たちにも多少の距離を置く。 しかし、記事よりも人が先ということを悟るようになり、彼は誰よりも 真実 で、孤独な記者となる。

ファンジョンミンは、社会部記者國宇を表現する衣装からセリフまで几帳面に手を加えた。 刑事 とあまりにも似ているという考えに記者ならではの魅力を徹底的に浮き彫りにさせようと努力しており、そのため、物理的に大変ではなかったが精神的に大変だったという。

"演技をしながら考えていた記者は、本当にきつい 仕事 のようですね(笑)いつもの選択の 岐路 に置かれていて自分で判断しなければならないから.. イ・バンオですか? おべっか言うのも嫌いだったし、衣装も無条件ポロが必要でした。 記者はハイ クラスの 職業なのにチュグリ記者は本物ではないんですよ(笑)"

自他共に認める演技派俳優ファン・ジョンミンではないかとそれとなく言うと、ファン・ジョンミンは、ソンサレルを叩きながら、"演技はすればするほど難しい。 本当にたくさん 勉強 しなければなり、作品を通して、常に学んでいる"と伝えた。 ファン・ジョンミンは、 フィードバック がすぐに来る ドラマ が本当に、異常な体験だったと、観客の心を事前に見通すことができない映画は楽しいですが、演技の決定が大変だとした。 彼は自分の演技をいつも 分析 していた。

"俳優が人物についてきちんと知っているのかいないかはは目を見れば分かるよ。 俳優の目は絶対に嘘をついていないから.. 観客は、いつもの人物の中を覗いてみようとし、その分、私が演技で表現できなければ、本当に自分の中を裂くこともできず、もどかしいですね。 観客が スクリーン の中の自分の目を見ていると思うと、本当に裸にされたような気がします。 目つきや眉の動きまで、微妙な違いでも、彼らが受ける感じは全く違うんですよ。率直に映画がうまくいってなれないではすでに私の手を離れたから関係ないが映画を撮る時感じた私の感情と映画を見る観客の感じが違うならばそれはちょっと残念です”

ファン・ジョンミンにもう一つの新しいフィルモグラフィーを 作成してくれた 'モビディク'は来る
6月9日の観客を追求する。

ジョヨンギョンj_rose1123@newsen.com /イジェハrush@newsen.com

情報提供および報道資料newsen@newsen.com
2011-06-06 12:33:25

ファン・ジョンミンssiとは キム・ジウン監督の「甘い人生」からのお付き合いですね
一年に4本以上の映画の主人公として活躍しています
気になる俳優さんです
by kazem2 | 2011-06-06 13:33 | kim jee woon