ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

キム・ジェファン監督 「トゥルマッショ」

☆cine21.com
無数のユーモアと冷笑、恐ろしい程直接的で正確な攻撃<トゥルマッショ>
e0109292_20343423.jpg





大韓民国のすべてのレストランがTVに飛び込んだ。
2010年に発表された国税庁の統計によると、韓国には一日515軒のレストランが創業し、474個が廃業する。 大韓民国は、飲食業の戦場そのものだ。 ここにもう一つの数字がある。
2010年3月セッチェッチュ地上波TVに出てきたレストランは177件、1年に換算するとなんと9229個だ。 それでは、この1万以上のレストランは、戦場で正々堂々の勝利を収めたの存在なのか? その点を確認するために、<トゥルマッショ>製作陣は、一山(イルサン)に食堂「テイスト」を整えた。 『テイスト』のインテリアコンセプトはただ一つ、隠しカメラに配慮したインテリアだ。 これで、このレストランに出入りする広報代理店や専門ブローカーとの取引は、一つ一つ隠しカメラに記録され、1千万ウォンの裏金を渡したの端に、地上波放送の『テイスト』が出演する日は遠くないした。

<VJ特攻隊>のPDは、偽のお客様にディテールするように指示を出す。 このフレームでは、手の動きをこのように、表情はあのように。 お客様ごとにセリフも決まっている。 もちろんセリフだってところで、毎回千編一律的に登場するの感嘆詞だ。 "うわー、二人で食べるかが死んでも分からないよ!""力だけで、湧きあがるようです!"や、世界で初めて『キャビア三枚肉'料理を開発したというレストランは、(本物のキャビアではない)商標だけキャビアの卵の魚の卵を出す。 結局、ブランド名がキャビアなので、表面上は堂々とできますが...製作スタッフがアドバイスを求めたフランス人シェフは、この難題の前で頭を悩ませニヤニヤと困惑している。 "まあ、これもキャビアと呼ぶこともあるだろうが...キャビアではないが...。"観客席では間違いなく爆笑が炸裂する。 この大胆な企画の前に"放送がそうだということは私も大まかには知っていた"と偉そうに言ッても効果がない。 無数のユーモアと皮肉、怖いほど直接的で正確な攻撃に終始する<トゥルマッショ>は、観客に明確な立場を要求するのである。 放送が視聴者をこのように騙してもいい思いますか? もし同意しない場合は、今からでも私たちは、放送に何を要求する必要が適当か? 放送に一度出ることを熱望している飲食業界の涙ぐましい戦争のように、
<トゥルマトショ>を観覧する行為自体が既に退くことのない争いに一歩を踏み出す行為になる。 その戦いの正体は、倫理と信頼の戦いである。

監督の企画ノートにはこう書かれている。 "TV料理番組のジャンルは、リアリティを嘲笑するブラックコメディだ。 ここで、教養や情報を期待しないでください。 TVに出てくるお客さんも、偽の、スターの行きつけの店も、偽のメニューも、偽の味もニセモノで満ちているコメディのような仮想現実が繰り返されますが、<9時のニュース>は、放送の公共性および受信料の価値を力説する。"<トゥルマッショ>で終えることができなかった話、他の人がこの主題で一方さらに作ることができないかとそそのかすほど膨大なリサーチをしてきたキム・ジェファン監督の‘語り切れなかった話ら’が気になればブログhttp://blog.naver.com/truetasteを訪問するように。

文: ギム・ヨンオン 2011.06.01

<追記>
☆media.daum.net
--------------------------------------------------------------------------------

ニュース「トゥルマトショ」、MBCの上映禁止仮処分申請を棄却... 2日封切り

イーデイリー |入力 2011.06.01 15:37| 編集 2011.06.01 07:04
[イーデイリースターinザン・グソユン記者]
映画「トゥルマッショ」(監督ギム・ジェファン)の上映禁止仮処分申請が棄却された。

1日の`トゥルマッショ`の製作会社B2Eは、"今日(1日)、ソウル南部地裁から映画の上映禁止仮処分申請が全面棄却という判決を受けた"とし"2日に予定された映画の封切りをそのまま進行すること"と明らかにした。

`トゥルマッショ`はTVグルメ情報番組の実体を暴露し、放送社と外注制作会社、レストランとの間の黒い癒着関係を告発する ブラックコメディー ドキュメンタリー映画だ。

'味'という名前のフレームを使って、メディアの本質についての 不都合な真実 をリアルに入れて出して成功の欲求に駆られた味の産業と大韓民国のメディアの現状を不思議そうに照らされて 全州国際映画祭 上映当時、大きな話題になった。

これにMBCは先月25日、映画の内容の中でおいしいお店の紹介と引き換えにお金が行き来しているという内容が事実と違うと、映画「トゥルマッショ」の上映禁止仮処分申請を出した。

「トゥルマッショ」のギム・ジェファン監督は、"MBCは今回の仮処分申請で悪い先例を残した"とし"今後、MBC報道や時事番組は、大企業などの攻撃があるたびに、今回の仮処分申請がブーメランとなって足を引っ張るだろう"と伝えた。
by kazem2 | 2011-06-02 20:34 | Comments(0)