ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CJグループ 電撃のCI交換

☆news.nate.com
e0109292_1893528.jpg

CI(コーポレート アイデンティティー)



CJグループの企業イメージ(CI)を急に変えた。

2002年以来9年ぶりに電撃的に交換したのだ。

CJグループは先月31日に『柔軟しかし、競争では必ず勝つ1などの精神』を表現するために、CIを電撃的に交換したことを明らかにした。

新しいCIは、既存の3ガジセクの花咲く形(Blossoming)はそのままにして、既存のより線が太い書体を書いた。 大きな枠組みは維持しながら、『強い力』を強調したとのこと。

関連会社英文ロゴの書体は、本格的なグローバル経営に備えて、大文字に変更し、表記も果敢に上揃えで表記した。 1等で成長しようとする上昇の意志と絶え間ない挑戦精神を表現したという説明だ。

CJグループの関係者は"今回のCIは、グループのイメージのように強いながらも柔軟な「強誘電体(刚柔)文化」を強調した"と述べ、"CJは昨年の第2の跳躍を宣言以来、「2013年のグローバル(Global)CJ、2020年のグレート( Great)CJ」を達成するという目標を立てた後、これを実践していくという強い意志が込められている"と説明した。

業界では、CJグループのCI電撃の交換について、業界の環境が急変しているだけに、しなやかさと一緒に強い推進力を装着するように経営陣の意中が反映されたものと解釈している。

CJグループは『必ず勝つ1などの精神』を表現するために、という手がかりを付けた。 「実績」で「生活」もないという企業精神を強調するための交替との分析である。

sdpark@fnnews.comバク・スンドク記者
フィナンシャルニュース 原文 記事転送 2011-05-31 11:48
by kazem2 | 2011-05-31 18:19 | News