ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[ガン・ビョンジンのパンパンパン]健全な映画の現場に向けた最初の足

☆cine21.com
映画振興委員会の標準的な労働契約の推薦...映振委支援作が最初に適用対象に
e0109292_1222309.jpg




失業者の頃、先生がアドバイスされた。 "年俸はいくらにゃも重要だが、もっと重要なのが4大保険だよ。"運良く4大保険の加入者ですが、今でもその言葉を理解することはできないだろう。 率直に言って、毎月の給与明細書から消えたの様々な保険料を見ると、胸が焼ける。 しかし、サラリーマンでもなく、残金はいつ受けるかもしれないし、ともすると仕事がなくなるうえに、事故に遭うこともよくある映画のスタッフたちに4大保険加入は切実な条件だったのだろう。 去る5月24日、映画振興委員会が発表した標準的な勤労契約書を置いて、映画産業の労働組合は、製作者協会、映画振興委員会が強調するのも4大保険の適用範囲である。 まだ勧告に過ぎないが、この契約が適用されたら映画のスタッフも、労働基準法上の労働者という事実を認められるようになる。

もちろん、労働者の地位を認められているほど4大保険料を差し引いた残りの賃金、場合によって「税引き後の賃金」がどの位かがより重要な問題だ。 すべてのスタッフたちの賃金はガプインメーカーとウルインスタッフが相互協議の下に決めるが、標準的な労働契約は、4大保険加入の条件を確保するため、既存の『契約金』という表記の代わりに'王'という言葉を適用し、月の基本給与、超過勤務手当の額、支給基準、支給を一時、お支払い口座等を明記するようにした。 既存の『契約金』や「残金」式負担型保守構造では、雇用労働省としても映画のスタッフの労働者性を認めることができなかったからだ。 超過勤務の場合には、勤労基準法上の労働時間(1週間40時間)を原則とするが、当事者間の合意の下に1週間の延長労働制限の12時間を超えることができるようにした。 映振の上部には、"王の直接の上昇を連動させることにより、標準的な労働契約の優先定着を考慮した"と説明した。 ただし、毎月の約定周目(または勤労)超過時には超過勤務手当の支給要件を設けることで、当事者間の利害関係を移動することにしたという説明だ。 労働契約の研究に参加した映画産業労働組合のホンテファ組織局長は、"勤務時間の延長に伴う手当の支給など、いくつかの課題があったが、定期的な賃金と4大保険​​を適用するのがもっと差し迫った問題だと判断した"と話した。 映画祭作家協会のイスンテ事務次長は"現在は、発行元の投資配給会社に比べれば、弱者の状況だが、メーカーの立場から最大限にすることができる安全策を考慮した"と説明した。

今後は、標準的な労働契約がどのように広い範囲で拡大適用になるかに関心が集中する見込みだ。 映画振興委員会は、まず、映画振興委員会がサポートしている映画たちを対象に計算をすることにした。 2011年の映画振興事業計画によると、映画振興委員会は、純製作費4億〜20億ウォンの低予算映画のうち、今年の撮影に入った作品を対象に43億ウォンを投入し、監督、プロデューサー、撮影監督など監督級スタッフを除いた残りのスタッフの人件費について、一編あたり最高6750万ウォンを支援することにした。 年間製作本数で計算するときに、かなり大きな比重を占めるように見える。 また、現在、公正取引委員会からの規約審査されている標準的な投資契約書の審査が完了すると、標準の労働契約書の審査も請求する予定だ。 何よりも必要なのは、大企業の投資配給会社の意志だ。 CJ E&Mの映画事業本部の関係者は"現在、関連部門で議論中"とし、"スタッフたちの基本的な処遇について深く議論するだろう"と述べた。 標準的な労働契約のバラ色の未来は、映画のスタッフにも、毎月消えて保険料を惜しむ状態である。 それぐらいの安定した雇用システムや賃金体系が定着しなければならないということだ。

文: ガン・ビョンジン
写真: チェ・ソンヨル 2011.05.30
by kazem2 | 2011-05-30 12:37