ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[図書] 無限の想像の中に

☆cine21.com
フィリップ・キンドレド・ ディック傑作選
e0109292_18482712.jpg

<火星のタイムスリップ(1964年)> <死の迷路(1970)>
<ドクターブラッドマネー(1965)>
フィリップ・K.・ディック著/ポーラブックス社発行





SF文学ファンにここ数年は、喪失の時代であった。 施工会社の『グリフォンブックス』シリーズは、中断された。 むらのSFクラシックをネノトドン出版社も静かになった。 <星の継承者>のようにくらくらの新刊を出版してくれたオメルラス(ウンジン)と、<深淵上記の花火1>の幸せ﨑懍ア攷ーSF叢書が無かったら悲しさは大きくなったのだ。 それさえも幸いなことに、新しい出版社が勇猛なSFのジャンルに飛び込むの兆しが見られるという事実である。 ポーラブックスが出した
「フィリップ・K.・ディック傑作選」が代表的だ。

最初に発刊された三冊(<火星のタイムスリップ><死の迷路><ドクターブラッドマネー>)は、国内で一度も紹介されたことのない新刊である。 一応一番最初に読むべき本は、<火星のタイムスリップ>である。 はじめにお読みの理由? 私たちに最もなじみのフィリップ・K.・ディックスタイルの本だからだ。 1994年の植民地火星を背景にしたこの本は、統合失調症の過去を忘れるための修理人として生きてきた主人公が苦しむ宇宙の冒険であり、内的(内的)危険である。 主人公たちはグォンテロウン火星からの狂気に捕らわれて行き、最終的に狂気は現実を侵食し始める。 だからこれは私たちに慣れているフィリップ・K.・ディックの『実存主義』世界だ。 何が私の存在を証明するのか。 現実と妄想の境界は何か。 もしあなたが<アンドロイドは電気羊の夢を見るか?>や<インポスタ>のようなフィリップ・K.・ディックの代表作や<トータルリコール>のようなハリウッド映画に慣れている初心者のファンの方は<火星のタイムスリップ>には慣れが、無限のインスピレーションを伝えることだ。

残りの二編も、フィリップ・K.・ディックファンなら必読の収集を同時にお勧めします。 <ドクターブラッドマネー>は、核爆発後のディストピアに生きる人間たちの物語で、「福島以後」の時代に読めばより気味悪い。 <死の迷路>は、人里離れた惑星に隔離されたまま殺される人々を主人公にした冒険物なのに神学的な後期の作品で移行する一種のかけ橋だ。 ポーラブックスは、2011年に10冊を出して2013年までの2冊を加えて、全12巻湾岸を目指している。 どうぞページをまとめることを祈る。 この際、他の出版社(文学の手引)から出てきたが、まだ絶版されていないフィリップ・K.・ディックの代表作<ユービック>も同時にお勧めします。

文: キム・ドフン 2011.05.26

短編「調整班」(1954年)はマッド・ディモン主演の「アジャストメント」の原作です
by kazem2 | 2011-05-28 19:06