ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

韓国映画界:映画スタッフ4大保険加入を義務化

☆media.daum.net
映画産業協力委員会は、標準的な労働契約を発表
e0109292_19571457.jpg




(ソウル=連合ニュース)ソングァンホ記者
4大保険 加入を義務付け、超過勤務手当の支給など、映画のスタッフたちの処遇を改善するための標準的な勤労契約書が導入される。

映画産業協力委員会は、こうした内容を骨子とした映画スタッフ『標準的な労働契約書』を作成して施行すると24日明らかにした。

映画産業協力委員会は、 映画振興委員会 は、全国の映画産業の労働組合は、韓国映画祭作家協会が参加し、映画関係者の福祉と実務教育などの懸案を議論している団体だ。

標準的な労働契約は、映画のスタッフの 国民年金 、健康保険、 雇用保険 、労災保険など4大保険加入を義務化する一方で、勤労基準法上の労働時間(1週40時間制)を原則にして毎月の約定回目を超えるときは、超過勤務手当を支給するように明記した。

制作会社とスタッフの間の明白な契約期間を明確にするようにする内容も含まれている。 製作期間が増えたにもかかわらず手付金はそのままだった慢性弊害を改善することである。

手付金や残金の代わりに、毎月受け取ることができる賃金を与えるようにする内容も含め、スタッフたちは、毎月の基本給与と超過勤務手当を受けることができるようになった。

映画振興委員会は、こうした内容を盛り込んだ標準的な労働契約を「2011年の映画制作支援事業」から、義務的に適用していく方針だ。

映振委 関係者は"今回の標準的な勤労契約書が法的強制力がないの勧告だが、映振委制作支援事業に申請するには、標準的な労働契約書を適用して事業案を提出しなければならない"と説明した。

映画振興委員会は、今年の国内で製作される映画の30%に相当する44本の映画を製作支援する。

buff27@yna.co.kr
連合ニュース |入力 2011.05.24 11:15| 編集 2011.05.24 11:15

(終了)

<ニュースの新しい時代、連合ニュースLive>

<追記>
「標準的な労働契約書」は、制作、演出、撮影、照明などの映画製作のために製作会社が雇用するすべての分野のスタッフを対象とし、監督、作家、監督級スタッフ、プロデューサーなどは除​​外する。
by kazem2 | 2011-05-24 18:47 | News