ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イ・ヒョンスン監督の映画の話ミーティングとキャスティング

☆cafe.naver.com.sunshinent.cafe
イ・ヒョンスン監督の映画の話ミーティングとキャスティング
e0109292_10251861.jpg













ミーティングや合コンに出て行って自らの気に入るパートナーに会うことは真に大変だ。 だからある(どんな)人は粘り強く‘ティン’を継続してある(どんな)人は最初からあきらめたりもする。


映画で最も重要なのがキャスティング(Casting)とハンティング(Hunting)だ。 特にキャスティングは監督が最も難関を体験するコースだ。 シナリオやその他の条件は演出者の感覚や努力で克服できるが映画に合う俳優を選ぶことは本当に容易でない。 特に私たちの映画界で本当に映画俳優だと言える演技者はアン・ソンギ・ムン・ソングン・パク・チュンフン・イ・ギョンヨン・カン・スヨン・シム・ヘジン程度だ。 新人を選ぶと演技者を公募(共謀)するけれども大学の時ミーティングのように気に入る人を抜き取ることは難しい。 それで監督はなかなか良い女たちがたくさん集まるという狎鴎亭洞(アックジョンドン)や弘大(ホンデ)の前をはいかいしたりもする。

しかし大部分は既存の俳優と継続的に作業を共にする場合が多い。 それはあたかも新しいパートナーを探すよりは友人であった異性と結婚するのと似ている。 お互いの長短所をよく知ってまた、演技に対する信頼があるためだ。 短所ならば新鮮さが落ちるという点があるが。


また、一つ彼らが映画俳優としてそのウィ・チエ書記まではそれ相応の努力と姿勢があるためだ。 アン・ソンギ氏は私が助監督で日韓「撤収と万寿」という映画で初めて会ったが彼から小さい感動を受けたことがある。 映画一本に主人公が着た服は数十着もなる。 普通俳優は映画開始前服をからだに当ててみてでない服は抜いてしまうが、アン・ソンギ氏は数時間にかけて服を着て脱いでした。 監督や衣装スタッフが申し訳ないと思うほど。 彼は服は確かに着てみなければならない場合もあるために脱いで着る苦労程度は何でもないといった。


今とっている「ネオンの中に夕焼けになる(陽が昇る)」でCF監督役を担っているムン・ソングン氏はその役を担った後私の友人のCF監督を付いて回って広告代理店会議、プロダクション事務室などで生きたようなものだ。 なごやなことで噂になったカン・スヨンもひとまずどんな作品にキャスティングされれば監督家に面倒なほど電話をしまくり始める。 監督の作品に対する柿とその時その時の変化を確かに自分のものに作るという態度だ。 このような彼らの努力が今日の彼らを作り出したのだ。


外国の場合にもロバート・デニーロが「怒った牡牛」の引退したボクシング選手役をするために体重を百kg近く増やしたとか、日本のある女優は「楢山節考」という映画でおばあさん役をするために本当に自身の生歯を抜いてしまった有名なエピソードがある。

新しいパートナーを探し回ったりずっとパートナーを変えるよりはかえって既存の友人とともにお互いが願う方向でお互いを変化させる努力から来る楽しみがはるかに大きい時が多い。 愛の感動はあるのを住居も受けるところでくるのではなくないことを周慮は努力から来る感動だ。 一つのシーン(Scene)のためのキャスティングでない映画全編のためであるように。 瞬間でない人生全体のためのキャスティングが必要なことでないか?

(月刊セシ1995.1)が作成者の掲示文購読すること|さらに見る飛べ、軟弱なひよこチークフィクションwww.chickf.com Ent..

2011/05/21 14:47共感..イヨム...
1995年の監督の話のようです
by kazem2 | 2011-05-21 23:13 | Movie