ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[カンヌ映画祭] ナチ発言波紋、ラース・フォンツリーに

☆cine21.com
e0109292_20212034.jpg




ラース・フォンツリーに監督がカンヌ映画祭の公式行事の立場を全面的に禁止された。 カンヌ映画祭事務局側が「ナチ発言」で波紋を呼んだラース・フォンツリーの監督について、極度の措置をとって出た。 決定が撤回されない場合は、彼は受賞をした場合でも、閉幕会場に入場することができなくなる。

事件の発端は、18日(現地時間)、カンヌ映画祭の公式競争部門上映作フォンツリーに監督の<メランコールオーストラリア>上映後の記者会見場で起こった。 ドイツ系の血統のある記者の質問に対し、フォンツリーに監督は"私は本当にユダヤ人だったらと考えたのにそうするうちに、私は本当のナチという事実を知ることになった。 私の家族はドイツ人だったが、これが私の喜びを与えたりした"と口を開いた。 引き続き彼は"ヒトラーを理解する。彼はいい人だと呼ぶにふさわしい人ではないが、私は彼をよく理解している。少しは彼に共感もする"とも述べた。 なお、彼は"それでも二次世界大戦に賛成しているわけではない。ユダヤ人を嫌っているわけでもない"と事態を収拾するようだった。 ただしすぐに"ユダヤ人を少しは嫌っている。イスラエルは苦手だからだ"という危険な発言を続けさせた。

また、ヒトラーのために働くの建築家アルベルトスピアが好きだとしながら"いい。 私はナチダ。 芸術の面でなら私は槍を支持する。 彼は神がよい最高の人間だ"と伝えた。 ナチの彼の見解は、これで終わらなかった。 超大作を作る気が少ないのかという質問に対しても、彼は"ある。 我々ナチスは大きいスケールの映画を作るのが好きだ"とし、話題を引き続き行った。

記者会見に同席した<メランコールリア>の主演俳優キオスチンダンストは、携帯電話、ツリーの監督の発言に、あわてて後ろに身を引いて"なんてことだ、ひどい"と話した。 場内がざわめきと同時に、彼は"この話をして、私はここでどのように抜けていかないか"という冗談まで付け加えた。
e0109292_20235832.jpg


この日の記者会見後、フォンツリーの監督は、主要日刊紙の一面に記事化された。 事態が一波万波広がると、カンヌ映画祭事務局側は、携帯電話のツリーの監督に公式の釈明を要求している。 フォンツリーの監督は、スポークスマンを通じて、"自分の言葉が誰かに傷を与えた場合は、心からお詫びする。私は、反ユダヤ主義者でもナチでもない"という内容の公式謝罪声明を出した。 映画祭のあちこちで携帯電話のツリーへの監督の発言が話題になった。 注目に値するの視線に招請された一監督は舞台挨拶中、"ややもするとマルシルスかと思って話するのが大変ですね。"と言うと、ティエリプレモ菅執行委員長"大丈夫だ。 後に謝罪すると、クトインゴル"と言われて、フォンツリーに監督の行動に責任を伝えた。

一方、フォンツリーの発言を拡大解釈することへの批判も少なくない。 フランスの文化誌<インロク>の崎ゴールドバーグ氏は、"フォンツリーのユダヤ人の発言はもちろん、スキャンダルになるほどの日"である"としながらも"ところでマイウェン(今年の競争作上映作品<ポリス>の監督)が記者会見で「イスラム教徒は邪悪なイスラム教徒もあって良いのイスラム教徒でもある」と言ったときは、拍手を受けた"としており、フランスの文化誌<テレラマ>かのオーレルリヤンペレンジそれにもかかわらず、"過去には、ユーゴ内戦のエミールクストリッツァ監督がセルビアの内戦を擁護をしたや、チェチェンの事態に対して、ロシアの監督ニキータミハイルニコフがチンプチン性向を現わした時には寛大だったカンヌが、フォンツリーへの『ジョーク』には、特に興奮する"と指摘する。

フォンツリーの監督は、2000年の<ダンサー・イン・ザ・ダーク>でカンヌ映画祭黄金奨励賞を受けており、2009年の<アンチクライストチャーチ>以来2年ぶりに公式競争部門に招請された。

文: イ・ファジョン 2011.05.20
by kazem2 | 2011-05-21 20:21 | Comments(0)