ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

韓国5.18 光州事件

ソース:twitter nanaappa
☆5.18光州抗争知識チャンネルe映像
今日は光州事件31周年の記念の日です
ウキぺディアでは「光州事件(こうしゅうじけん/クァンジュ事件)は、1980年5月18日から27日にかけて大韓民国(韓国)の全羅南道の道庁所在地であった光州市で発生した、民主化を求める活動家とそれを支持する学生や市民が韓国軍と衝突し、多数の死傷者を出した事件。」とあります
映画「光州5.18」や「懐かしの庭」古くは「ペパーミント・キャンディ」などがこの事件を扱っています
私は31年前に韓国でこのような事件があったことを全く覚えていません
☆media.daum/netスクリーン...'開いた傷'5ㆍ18を語る

e0109292_22395711.jpg






悲劇は美しく輝いていたまぶしい空の下でやってきた。 最も明るく輝く春の日のことだ。

いつの間にか31年を経てきた。 時間はすべての色を衰退するように作成しますが、その日は、無数の記憶の中でまだ「開いた傷」として残っている。 歴史は、傷に再び傷を塗ることで『今は話すことができる「真実だけが唯一」の規定がされている。

ひどい政治的であった「5月の光州(クァンジュ)」には、母親の手を逃してしまった子供の身をすくみあがらせる泣き声が、恋人と向かい合って​​座って分けて食べていたジャージャー麺一杯の上に暗い影が、手で作るを叩いて高い声でふざけあった女子高生たちにとって、墓のような沈黙が垂れていた。 私たちが見てきた映画だ。

スクリーンから5.18にはこのように明らかになった。 映画『花びら』のように深い傷を肉眼で凝視する必要があり『 華麗なる休暇 』のように政治的事件の下に置かれた平凡な小市民の日常を淡々と見守らなけれした。 記憶の中の人々には現実に劣らないひどい艦であり、活字の剥製の歴史だけで、残りの人々には現実より芽鱗の記録だった。

▶『政治的事件]の下に置かれた平凡な人々の日常『華麗なる休暇』=

映画のタイトルは、5.18当時の軍部の作戦名『華麗なる休暇(監督キム・ジウン)』をそっくりそのまま持って来た。 狂気じみた『花びら』のような記述は排除し、『華麗なる休暇』が見せてくれたのは、教科書の中に眠っていた過去を定期的に戻したのだった。 5月18日から十日間、光州の一家族の日常を扱った映画だった。 人気の議論は、付着したままの人間的な描写で綴った華麗なる休暇に当時の観客たちの同情を送った。

映画の公開時期は、ちょうど、政界では異色的な解釈を持って来た。 2007年7月25日、大統領選挙を4ヶ月後に控えた時点の劇場街に掲げられた『華麗なる休暇』を置き、汝矣島では、言葉が増えてきた。 汎与党圏は、自分たちが民主化運動の嫡統であることを前に出して掲げ、野党を攻撃した。 野党にも言うべきことは言うていた。 '5 .18を素材にした場合は5月に公開しなくてはならないか7月に公開するのか'としながらこれは『メディア操作』と警戒した。 同(动)一観客の感情にかみ合って、当時『華麗なる休暇』が500万人を突破すれば無条件で汎与党圏候補が勝つという話まで出回った。 映画は500万を軽く超えて730万人だけをとっていたが、当時の大統領選では、ソル(说)とは異なる結果に終わった。

▶『花びら』と『 ペパーミントキャンディー 』...肉眼で向き合った傷=

映画『花びら(監督ジャン・ソンオ)』と『ペパーミントキャンディー(監督 イ・チャンドン )』は、5月の光州(クァンジュ)が抱えている傷を赤裸々に見せてくれる。

1996年に金泳三政権時代に公開された映画『花びら』は、歌手兼俳優の イ・ジョンヒョン のデビュー作だった。 このグァンギオリン少女は、光州(クァンジュ)そのものであり、'光州(クァンジュ)の5月'であり、「5月のあの日』だった。

イ・ジョンヒョンが演じる痩せ細るの少女には少女のようではないひどくさが滲んでいる。 少女の胸に死んでいく母親を無視したまま力いっぱい走った5月、その不快感の深さも彫ってある。 映画は、5.18を題材にしたが、少女を中心に打ち出した性のメタファーが劇続いていく輪になっている。 傷つくのは、無気力な少女を虐待する人夫の章(ムン・ソングン)真菌の少女が抱いた傷跡を見つけることができない。 カメラが突きつけた広州は女の子による痛みを伴う傷が残った映画だった。 『花びらが散って、また質のときは、その日が再び思い出されて耐えられないだろうね'という歌詞の歌'花びら'のようにね。

1999年の金大中政権時代に公開された映画『ペパーミントキャンディー(監督イ・チャンドン)』の中で最も印象的なフレーズは『 再起動すると思う 』だった。 それは死で始まる。 映画は、過去への回帰を使用して、この男(零、ソルギョング)が鉄道の上に立つしかなかった理由をたどるせる。

一見平凡で、時には鼻汁し、世俗的な人生を生きる男だった。 その男の20年には、一つの事件から始まった脱け出すことができない傷がある。 5年前には家具店の社長、12年前には、刑事、1980年に光州では、前方部隊に配置された新入社員だった。 光州(クァンジュ)で、一人の少女に向かって銃を向けた男を描いて、暴力的な方法で事件を解決する新人刑事の姿を描いた軍時期初恋の人との切ないということを盛り込み浮気した妻を暴行して誰かを見つけて情事を繰り広げる擦れて擦れた人の人生が入れられた。 これらのすべてがきらびやかな5月、光州での悲劇のために仕込んで敗れている。 一人の人生を通じ時代の痛みを盛り込んだ映画だ。

▶5.18を告げる声...開始は1980年代から=

5.18を題材にした映画は、既知の商業映画のほかにあちこちに隠れている。 多くの国民にあまり知られていないが覚えているほどの作品が多い。 特に、その始まりは、光州(クァンジュ)の傷を容易に露出されることがなかった1980年代から、という点で人目を引くに値する。

映画『復活の歌(監督イ・ジョングク)』は、5.18を題材にした初の劇映画に光州抗争を前後して夜学に導いた実在の人物たちの生活を描いて出かけている。 光州(クァンジュ)の話を盛り込んでいるが、今期された光州の物語は、未完に残った。 それ以降の映画は、民主化に身を投げるの青年たちの物語として完成され、第30回百想芸術大賞映画部門新人監督賞を受けることになった。

1987年に公開された キム・テヨン 監督の『カント氏の発表会』は、光州(クァンジュ)抗争時の行方不明者のカント氏と彼に偶然出会った写真家の話が中心となって35分を詰めていく。 キムテヨン監督のもう一つの短編『荒野』も、同じ素材で、軌を一にしている。

1989年に公開された『 オー!夢の国 (監督続くジャン・ドンホン、チャン・ユニョン)』は、 5.18民主化運動 を武力で鎮圧された後の話を扱った。 光州の仕事のため、相変わらず生きる人々は、光州の記憶がかさぶたになったまま続く生活は、それによって現実に乖離まま生きていく話だ。

バク・グァンマン監督は、5.18民主化運動を憂い光州市民の視点で扱った低予算独立映画' シュンジ 'を撮った。 2009年だった。 特記すべき点は、この映画は、当時までに制作上映された5.18関連の映画とは違って、ひたすら光州(クァンジュ)の資本と技術で作られた'光州(クァンジュ)の映画'という点と、ドキュメンタリーとドラマが混在した形式である。 映画は、光州を訪れた主人公シュンジが旧全南道庁前で5.18前夜祭に参加する過程を前夜祭に参加した実際の光州市民たちと、当時を再現する現場の中で主人公たちが入って話を書き出すに行く。

▶生き残って生きる人々の物語=

'五月爱'(監督キム・テイル)は、ドキュメンタリー映画だ。 その日の光州(クァンジュ)に存在していた人々、そして30年後の日常を描いていく。 生き残って暮らしている人たちの話だ。 花びらのようにすぎられていた女の子と一緒にいた別の少女、軍靴に踏みにじられたある青年を見つめて武力で抵抗する市民たちのためにおにぎりでも作って与えるべきていた女性、民兵組織を載せて錦南路を走っていたバスの運転手、当時の光州(クァンジュ)の写真に残した記者など、その日その場の人々の現在を振り返ったのだ。

製作陣は60人余りの光州市民らに会って、彼らの話をきちんとつづった。 彼らの記憶はまだ生々していた。 この場所に存在していない人々にも痛い記憶があるので、5.18民主化運動はまだ剥製されることができない、よくない傷であった。 その日以来、生き残って生きていることに持つようになる自分を責めると残酷な時代を経て輝く日を迎え、今では有功者の名前を抱いている彼らの理由と彼らの記憶の話だ。 ぶり返してしまった傷を淡々と眺める、この映画は、最近の公開作である。 5.18の六日に控えた5月12日公開された。

<ゴ・スンフイ記者@ seungheez>
ヘラルド経済 |入力 2011.05.18 10:32| 編集 2011.05.18 11:16

shee@heraldm.com
by kazem2 | 2011-05-18 19:09 | News