ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画音楽の神様 エンニオ・モリコーネに会う

☆media.daum.net
e0109292_2138812.jpg




[アジア経済テサンジュン記者]

世界最大、最多の情報を保有する情報サイト、インターネットムービーデータベース(www.imdb.com)検索]ウィンドウで、 エンニオ・モリコーネ (Ennio Morricone)の名前を打てば終わりもなく下にスクロールされている膨大な情報量に戸惑いすることになる。 国内では昨年のTVのバラエティ番組で使われ、大きな人気を呼んだ声楽曲『 ネルダファンタジア Nella Fantasia』の元作曲家ほど知られているだけだが、実状エンニオ・モリコーネ一家は今も旺盛な作曲活動を続けている、現存する映画音楽家のチェゴチャムイン'レジェンド'だ。 彼が直接作曲に参加した作品の数だけでも500のほうが上回り、彼の音楽を直接間接的に使った作品まで合わせれば、ムルギョン1000便に肉薄する巨大な映画がエンニオ・モリコーネに依存しているわけだ。 今年で映画音楽家のデビュー50周年を記念して開催されるワールドツアーの最初の出発地として、ソウルを選択したエンニオ・モリコーネ君が4年ぶりに再び韓国の観客たちと会う。
e0109292_2140942.jpg
e0109292_21405481.jpg

エンニオ・モリコーネタネは1928年にイタリアのローマでのジャズトランペット奏者の息子として生まれた。 父親の後を引き継いでトランペットと作曲を専攻していた音楽もモリコーネ一家は第二次世界大戦直後パクパクハン経済不況に苦しんできたイタリアでただ『暮らすために』のラジオドラマの背景音楽を作曲するようになると映画音楽との長い縁を開始した。 彼が全世界に自分の名を知らしめたきっかけとなったのは1960年代の セルジオ・レオーネ が演出した『 荒野の無法者 A Fistful Of Dollars』と『 夕陽のガンマン For A Few Dollars More』『 夕陽の無法者 The Good、The Bad And The Ugly』などのヒットマカロニウエスタンの映画を通じてだ。 以来、彼はイタリアとアメリカのハリウッドを行き来しながら、映画音楽の作曲活動に邁進することになる。 演奏曲デボラのテーマDeborah 's Theme』で有名なセルジオ・レオーネの『ワンスアポンアタイムインアメリカOnce Upon A Time in America』をはじめ、 ローランドジョフィ 監督の『ミッションMission』、ブライアンデパルマ監督の「アンタッチャブルThe Untouchables」そして、ジュゼッペトルナトーレ監督の『ニューシネマパラダイスCinema Paradise』と『 マレーナMalena』など、彼が創り出した傑作の旋律は、片方の手も挙げることができないほど膨大である。

ワールドツアーの出発点として韓国を選んだ理由を問う質問に、彼はよどみなく韓国人たちの『情熱的な公演の態度'を一番に挙げている。 2007年の彼の来韓公演は、観客動員1位を記録し、観客たちだけでなく、エンニオ・モリコーネ、やはり韓国に深い感銘を受けたのだ。 今日から18日までの3日間世宗文化会館大劇場で行われる今回の公演で、エンニオ・モリコーネタネは、国内100人編成のオーケストラと100人組合唱団と共演して、『マレーナ』のテーマと『ネルダファンタジア』などの宝石のような彼の名曲を聞かせてくれる。 このうち『ネルダファンタジア』は『ミッション』のテーマ曲『 ガブリエルのオーボエ Gabriel 's Oboe』の世界的なイギリス出身のポップオペラ歌手サラブライトが歌詞を付けて誕生した曲で、今回の来韓公演では合唱曲『ネルダファンタジア』の演奏曲『ガブリエルのオーボエ』の両方が公演される予定だ。

エンニオ・モリコーネタネは、自分が作曲した映画音楽たちの子なのでどちらかも大事な作品がないと言う。 もう引退して、快適に余生を楽しむ八十の年齢を遥かに越えた老人だが、エンニオ・モリコーネ一家は、世界を一周する数多くのコンサートや、映画音楽の作曲で2012年までにすべてのスケジュールが完了した状態だ。 "私の年齢が多い?ヨーロッパの女性たちの年齢が多く重厚な紳士たちが好きなので、わざわざ年齢をしばらくあった。実際には40代半ばです(笑)。" エンニオ・モリコーネ。 彼はまだ情熱的な若い青年である。

テサンジュン記者birdcage @アジア経済
入力 2011.05.16 09:22| 編集 2011.05.16 09:23


ⓒ世界を見る窓の経済を見る目、アジア経済(www.asiae.co.kr)

                「デボラのテーマ」
by kazem2 | 2011-05-16 21:38 | Music