ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カンヌ キム・ギトク監督 悲しくて泣いた!

☆media.daum.net
e0109292_1849927.jpg




2008年の『悲夢』以来3年ぶりに帰ってきたキム・ギドク監督が悲しくて泣いた。 後輩の監督の裏切りと、映画界で受けた傷など、すべての感情が一点に混ざった泣きである。

15日、インターネットコミュニティや掲示板などにはフランスの主要放送局『 カナルプラス 』が最近のインタビュー金監督の映像が広がっている。

第64回フランスの「 カンヌ映画祭 」に「注目に値する視線」部門に映画『アリラン』に招待されたキム監督は、現地でカナルプラスとのインタビューでウンヘトウナ、最終的に感情をコントロールできずに爆発した。

金監督は、現在の感情の状態を歌に代わってくれという要請に映画に挿入された『アリラン』を歌った。 の一節を歌った彼は、これまでの過去のことが思い出したように頭を下げて両手で顔を隠してしばらく悲しくて泣いた。 続いて、次の節をかろうじてフヌキミョ続いている。

13日(現地時間)、『アリラン』が上映されたカンヌドゥブウィ館の現場から"寝ているのに間が私を目覚めさせた"と述べ、"私の自画像のような映画だ。この映画は、映画とは何なのかについて、私の質問"と淡々とし、堂々と言っていた姿とは異なっていた。

金監督はインタビューで、"13年間、15本の映画をあまりにも急いで撮ってきたが、自分自身について尋ねることができる時間だった"と話した。 "1年前、2年前、3年前よりは平和"は、彼は今、自分には治療をする過程にあると打ち明けた。

しかし、"完全によくはない"とし、"映画をするということが、患者の病気の問題だから"という自分の気持ちと感情の状態も伝えた。

一方、金監督の『アリラン』がフランスで公開されると、国内では波紋があるように見える。 韓国映画界や知人、政府への露骨な批判が込められたからだ。

現地で公開された『アリラン』は、金監督の過去の話が憂いを込められたと伝えられた。 'プンサンゲ'を準備していたチャン・フン監督と金監督の右腕だったA PDの裏切り、『悲夢』の撮影中の主演俳優が命を失うところだった記憶、韓国映画界の現実と、観客への空しいなどが満載だ。

特に、チャン監督の実名を言及し、"チャン監督が、思わずメジャーと契約して去った"と主張したのが目立つ。"有名俳優たちがキャスティングされたので逃したくないていない"とし"彼らは何の相談もなしに去った。去る方法が間違っていた"とした。 "友達にメールで訴えて、非吹かれて懇願しても受け入れてくれるから5年後には資本主義の誘惑に陥った"との発言もある。

金監督は、昨年の"側近に裏切られ、廃人のように生きる"は、マスコミ報道について釈明文を使ってチャン監督を理解しているとしたが、映画の内容を見れば、その傷の治療が容易ではないことを把握することができる。

"海外の映画祭で賞を受けて、政府が勲章をジュドラ"には言及が注目する部分である。 "国威を宣揚したと言うのに、実際の映画を見ると、韓国に対して良くないように言われる部分がある"とし、"映画を報告や与えるのか分からない"は嘲笑もある。

'アリラン'は'注目するに値​​する視線'部門招待上映作品としては異例の拍手喝采が出た。 国内封切りは未定である。

[毎日経済スタートゥデイジンヒョンチョル記者jeigun@mk.co.kr写真=カナルプラスのキャプチャ]
毎日経済 |入力 2011.05.15 03:25| 編集 2011.05.15 03:25
by kazem2 | 2011-05-15 18:31 | Movie