ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

シネ21カンヌレポートⅡ ムン・ビョンゴン監督

☆cine21.com
"時間が与えられる侮蔑描いて"
e0109292_20124538.jpg




(カンヌ<フランス> =連合ニュース)ソン・グァンホ記者

"映画を作ってみると生活苦がくるでしょう。一定の時間は、シナリオを書いて、一定の時間は仕事をするつもりです。監督になるというのは長く見てロングランをするのでしょう。"

『不滅の男』でカンヌ映画祭批評家週間に進出したムン・ビョンゴン(28)監督の言葉だ。
『不滅の男』は、イ・テホ監督(KAI.韓国芸術院)の「家の前で」と一緒に全部で10編が招請された批評家週間短編部門に進出した。

約7分分量のこの​​映画は、ホルロサは、80代の高齢者のゴジョクハン生活を大事にする。 ある事件をきっかけにホルロサは、高齢者(ジョン・ヨウンウン)が生の意志を確認するプロセスを密に扱った。

映画は、人生と命のイメージが交差する。 しばらくすれば、女性観客の方は眉をひそめるような露出した場面もある。

12日(以下現地時間)、カンヌ映画祭が開かれるカンヌビーチの映画振興委員会のブースで会ったムン監督は"絶望的な状況だが、笑いを抜き出して人生の皮肉を描いてみたいと思った"と話した。

"年を取れば、家族全員が一人二人去って行きます。映画の中でちょっと若く見えるが、一人で住んでいる老人の設定は、80歳、彼がすべての行動が死に帰結するんだ。ムービーを使って寂しさと時間が与えられる侮蔑感を表現したかった"。

ドアの監督は、いわゆる『シネマキッド』だ。 幼少の頃から兄と一緒に名作があるのあちこちを覗きたてた。 映画という夢を追いかけて、大学でも映画科に進学し、演出を専攻した。 実兄も、中央大学映画科2年先輩だ。

"兄と二人で映画を作る夢を見ました。兄は、今一般の会社に就職しているが、兄のためにここまで来ることができたようです。"

在学時代の3年生に作った『ノーモアコーヒーブレイク』は、独立系の映画配給会社のインディーストーリーを介して配分された。 短編映画の数編を作成しましたが、カンヌに召されるかとは思ってもいなかった。

"どうして私の映画が選ばれたのか気になります。力量もならないのにマンシンマンされるのではないか心配しても良いです。長編のシナリオを書こうとするのに、謙虚な姿勢で頑張れることができる機会になったようです。後輩たちと映画の勉強もっとしてスタディを行う予定です。"

彼は自分とドンガプイン ユン・ソンヒョン監督の『番人』を面白く見たと"刺激になる友人で、学ぶ点が多い。批評と興行にも成功したが、うらやましい"とした。

彼は卒業後、今年2月までのCJエンターテイメント傘下のフィラメントピクチャーズでインターンとして働いた。 "映画業界で働いていた経験も大事だ"という彼は、"当分の間は、映画作りに専念するつもり"と話した。

"低予算コメディ捜査水を準備しています。今年10月までの草稿を書くのが目標。"

buff27@yna.co.kr 2011.05.12


(終了)
by kazem2 | 2011-05-13 20:20 | Comments(0)