ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[Architecture +]人間と場所の歴史が貫通する世界

☆cine21.com
ジャンリュック・ゴダールの<軽蔑>とカプリ島の絶景の上に建てられたマルラパルテ住宅
e0109292_21405782.jpg

<軽蔑>に登場するクールチオ マルラパルテの住宅.

ARCHITECTURE: Villa Malaparte in Le Mépris (映画「軽蔑」)










イタリアで働くアメリカ人の映画製作者プロコスィ。 カプリ島にある彼の'別荘'への言及は、映画の最初の頃からすでに行われます。 そして徐々に言及の頻度が高くなる。 まるで別の主人公が、まだ登場していないかのような緊張感と一緒に。

結局、その'別荘'が表示されるのは、1時間43分35秒の映画で、なんと1時間22分40秒が経過する時である。 それもプロの鼻のほんの少しの依頼で映画<オ​​デッセイ>を撮っている監督のフリッツランス(自分自身を演じる)とランウイ作業を『改善』するために、プロの鼻のほんの少しを呼び込んだの脚本家ポールが徐々にビタルジン道を歩いていくシーンが多少退屈にデプロイされた次のからだ。 そして、映画は最後までナポリ沖のカプリ島の絶景の上に建てられたこの小さな家はほとんど外の仕事で展開される。 この家は<軽蔑>の終着駅であるわけだ。

マルラパルテ住宅の建築家はイタリア合理主義の系列のアダルベルトリベラ。 しかし、彼はこの家の最初のスケッチを提供しており、家主はいけないパルにとっては、結局、この地域の職人と一緒に自分の思いのままの家を完成させた。 ギリシャ神話を連想させる青い海と奇岩絶壁、海を行き交う船の帆と、この地域の建物の階段などが、この小さな家のモチーフになった。 つまり、彼はどこに別の場所でアイデアを借りてこないでそんなにすぐに、その場所が持っているの手がかりだけを集めて、世の中にかけがえのない家を作り上げた。 外交官でありながら、作家クールチオ マルラパルテが建築史に登場するようになった背景だ。

<軽蔑>は、ヨーロッパ的な映画だ。 長い年月をかけて、人間と場所の歴史が蓄積されてお互いに貫通し、まるでタマネギのように話が入れ子にされている世界がこの映画の中にある。 たとえば、フリッツランは忙しいのドイツ人たちがトロイの木馬を発見したという理由で、映画の中の映画を監督することで出てくるが、同時に、父がドイツ人で、本名はクルトエーリッヒジュケルトゥヨトドンてはいけないファルテの胎生的背景の暗示でもある。 じゃが芋を旧大陸ヨーロッパ特有の連なりに組んだ自分たちだけの知的遊戯の世界が特に鮮やかな地中海の海賊原色の饗宴の中で繰り広げられる。

文:ファン・ヅジン( 建築家 ) 2011.05.12
by kazem2 | 2011-05-12 21:45