ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シネ21 カンヌレポート

☆cine21.com
e0109292_20452038.jpg

  写真: チェ・ソンヨル記者

シネ21の記者もカンヌ入りしています
ツイッターでフォローしている記者もカンヌ入りしていますので
レポートが楽しみです
ホン・ジュノ監督は新人の部の審査委員長です
ホン・サンス監督の「北村方向」、キム・ギドク監督の「アリラン」も出品されています
ヒョンビン主演の「愛してる、愛してない」を日本のキャノンが買い付けたそうです



☆cine21.com
多様性をモットーにした、世界の映画祭、第64回カンヌ映画祭
e0109292_21302913.jpg

エイドリアン・ブロディ、レア・セイドゥ、オーウェン・ウィルソン、ウディ・アレン、レイチェルメクアダムス、マイケル・シーン

開幕作のウッディ・アレンの<ミッドナイトインパリ>を皮切りに、64回カンヌ映画祭が幕を上げた。 あらすじは徹底的に非公開を固守していた<ミッドナイトインパリ>は、75歳の監督の相変わらずの愛礼賛だ。 初めから映画はセーヌ川、エッフェル塔、ポンネプ、ルーヴルなど想像できるすべてのパリの名所を観光絵葉書セットのように並べる。 文がなかなかうまく書かれている小説家は、婚約者とその親に沿ってパリに来たが、自分の偶像であるヘミングウェイやFWフィッツジェラルド、そして名前だけ聞くと、分別のあるすべての芸術家たちに会う時間旅行をすることになる。
<エブリワンセジュアイラブユー>後、再び訪れたパリ。 ウディ・アレンは、単に現在のパリの礼賛ではなく、時間を遡って、また遡りパリに持つことができるいろいろな種類のファンタジーの集大成を敢行する。 前作のパラノイア的な、植栽不快な話は、すっかり引いてしまったのロマンチックコメディだ。 現実を忘却したようなウディ・アレンの視線への批判もあるが、概ね評価は良好である。 特に、幻想的なノスタルジーを構築し、映画祭をブームアップさせる一助としたというのが一般的な評価だ。 フランスのフィガロ紙は"映画を見れば、みんなウッディ・エルロンシク童話とジャズの旋律に笑みを浮かべて劇場を出ることができるようになる"と伝えた。

アイスランドの火山爆発で映画祭の序盤に食い込ん当たりしたうえ、景気不況の余波でろくなの期待作もなかった去年のことを考えると誤算だ。 今年のカンヌでは、昨年の不振を一気に挽回しようとするように、当初しっかりビョルン態勢だ。 昨年の19本の競争の小さな映画祭の開始直前に20編増えた。 ダルデン兄弟やナンニモレッティ、アキカウリ真希、デビッドクローネンバーグ、享受願うセイルランなど、カンヌに年次的に次の監督の新作が一応披露する。 今年のモットーは、やはり『変化』で捜さなければならない。 いつもならば競争作入りが不可能な作品もすべて包み込む格好だ。 ニコラスウィンディンレイプンウイ<ドライブ>や三池崇の<一命>のようなジャンルの映画が競争に参入しており、非競争部門にいた無声映画のミセル浅井蝶市臼井の<より多くのアーティスト>も、競争作に進入した。

国別に見ると、昨年に引き続き今年も断然フランス映画が目立つ。 コンペティション部門に移行ウェンウイ<ポリス>アランカバルリエ<パテル>ベルトゥランドゥボネルロウイ<whorehouseの記憶>ミセル浅井蝶市臼井の<より多くのアーティスト>で、合計4作品がフランスの映画だ。 今年最高の話題作はテレンスメルリクウイ<ツリーオブライフ>だ。 特に、主演を務めたショーンペンは、パオロソレンチノ監督の<ディスマストピザプレイス>までの二本の競争作に出席するため、強力な主演男優賞候補に占われている。 加えて、今年は女性監督の躍進が目立つ年でもある。 競争作応募作品には、河瀬直美の<ハネジュノチュキ>ジュリアリー<スリーピングビューティ>、リンラムジーの<上のニードトークアバウトケビン>、マイウェンウイ<ポリス>の4人の女性監督として歴代の映画祭のうち、女性監督の作品数が最も多い年でもある。

今年ギョンジェンジャクエン韓国映画がただ一方でもない。 ホン・サンス監督の新作<北村方向>とキム・ギドク監督のジャジョンジャクセミドキュメンタリーとして話題を集めている<アリラン>、また、ナ・ホンジン監督の<黄海>がカンヌのバージョンに新たに編集されてある視点で上映される。 上映作品のほかに評論家週間の審査員にイ・チャンドン監督が黄金のカメラの上の審査委員にポン・ジュノ監督がウィチョクドゥェ話題を集めている。




ロバート・デ・ニーロインタビュー

- 今回の映画祭の作品で何を探そうとする。

=私は何を捜すかどうか知らないここきており、映画を見る。 すぐに見るのが目標だ。 このように短い期間に20本の映画を見るのは僕に不慣れなことだ。 多分それは休暇のようなものだ。 邪魔しないで映画ばかり見てんだから、僕には一種のトゥクヒェダ。

- 他の審査委員に提示したいと思うの審査ガイドラインは何か。

=質ジャコプグァティエリープレゼンテーションモードにむしろガイドラインをもらった。 今は感覚を捕まえて行く過程である。 過去のカンヌ映画祭の体験基づいて拘束される点は、持っている。

- 公式の競争作の受賞者として参加した経験がある。 競争作たちの像をどう思うか。

=賞は諸刃の剣である。 賞を受けるほどの人が受けられなくなる場合もある。 特定の映画を注目するように作ってくれて公式的な方法として注目受けるのに役立つ。 受賞者がどんな話をしても、それが何かの意味を持つようになる。 さんというのが最終的にそのようなことではないか。

- 個人的な親交関係のような理由で、完全に客観的でないリスクが生じる可能性がある。

=我々は自己の映画についてのディスカッションをすることだ。 誰か特定の映画が好きなのに、他の人々がそうでない場合は、私たちが説得することができるかはよく分からない。 することができるのは、ただ私たちが感じることを表現するものである。 多分それは政治的なものになるかもしれないけど、どうなるか見てろ。

文: イファジョン 写真: チェソンヨル | 2011.05.12
by kazem2 | 2011-05-12 20:50