ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「クィック」真夏の映画館『サバイバルゲーム』に突入

[1125号] 2011年05月11日(水) ラジェギ│韓国日報文化部記者
☆sisapress.com(時事ジャーナル)
<クイック> <第7鉱区> <ゴジジョン​​>など、1週間の間隔で封切り...
ハリウッドの攻勢も相まって
e0109292_20134114.jpg

▲上記は<クイック>、下は<ゴジジョン​​>。
記事によると「クィック」が7月21日、「第7鉱区」が「8月4日」公開予定とは
私の予想と逆です
イ・ミンギ主演映画「クィック」がNo.2だと思っていましたので8月渡韓の予約をしました^^
この記事はラジェギ記者が書いています
信用できる記者です^^



大乱が別にない。 置くだけでも、窮屈に見える三人が一度に殺到する。 共生という言葉は、考える暇もない。 ただ生き残らなければならないという目的ばかりが目に入ってくるだけだ。

忠武路の大規模な作品3編が出師表を投げた今夏映画館。 観客たちはセレクトしたりする楽しさを存分に感じるだろうが、出血競争が危うくなって見えたりもする。 ブロックバスターのシーズンが開幕した5月には、すでに夏の市場に注目が集まる理由である。

7〜8月の夏の市場をターゲットにした主な韓国 映画 は、<7鉱区>( 監督 キム・ジフン)と、<クイック>(監督ジョ・ボムグ)、<ゴジジョン>(監督チャン・フン)である。 これらの映画は、 製作費 100億ウォン台の韓国型ブロックバスターである。 <クイック>は7月21日、<ゴジジョン>は7月28日、<7鉱区>は8月4日、それぞれ1週間の間隔で封切りする予定だ。

夏は1年の中で最も大きな市場が立つ映画館の大きな課題だ。 2006年 と2009年には観客1万を動員した映画<怪物>と<海雲台(ヘウンデ) >をそれぞれ排出した。 2007年には<華麗なる休暇>と<D - WAR>が両輪が興行に成功し、昨年には、<おじさん>が夏に公開され、2010年の最高興行映画の席に上がった。 2009年<代表>は、
<海雲台(ヘウンデ)>の1千万人の興行の中でも8百50万人の観客を集めた。 韓国型ブロックバスター映画が夏に殺到する理由である。

「出血競争」当然...『サバイバルゲーム』のカウントダウン開始

映画界 の看板 映画会社がいくらの乗車出すの市場であっても100億ウォン台の映画三方が続々と公開することは類例がない。 さらに<クイック>と<7鉱区>の投資配給会社は、CJ E&Mの映画 事業 部門であり、出版社は、JKのフィルムである。 2週間という緩衝期間を置いたと言うが、一 屋根の 両方のブロックバスターが、家の中の戦いを広げることになる状況だ。 CJ E&Mの映画事業部門の関係者は"二つの作品が互いの市場を奪うことができるとの見方もありますが、一緒にうまくいく可能性も十分ある"と主張した。

しかし、出血の競争が避けられないという分析が多い。 一映画人は、"夏の映画館の観客数にも限界がはっきりしている。 このような映画会社の作品同士でもどうしようもなく、内部の競争をすることになるだろう"との見通しを示した。

2週間ほど一人で映画館を号令しても、城で一杯になる大型の映画3ピョンエゲ1週間ずつの緩衝期間はあまりにも短い。 両輪に、これを超えてサムクルイ(?)の興行が行われる三篇も生き残ることができる構造である。 三編の両方に少なくとも3百50万人の観客は集めなければ本殿を取りまとめることができる。 <トランスフォーマー2>(6月30日)と、< ハリーポッター と死の 秘宝 2部>(7月14日)など、ハリウッドのブロックバスターの攻勢をどう乗り越えるかが、これらの宿題である。

ダークホース <場を出てきた編>(監督オ・ソンユン)も、夏の市場の主要な変数である。 7月封切りを はかり 得意では、この映画は、久しぶりにお目見えする国産長編 アニメーション である。 100万 部や売れたファンソンミ作家の 同名 童話 を原作にしたし、忠武路の 品質保証 マークで通じるミョンピルルムが製作した。 制作費は40億ウォン台規模は比較的小さいが、チェ・ミンシク、ムン・ソリ、パク・チョルミン、ユ・スンホが 声の 演技 をした。

優れた技術力にも壊れやすい ストーリーテリング のために、観客たちの外面を受けた国産アニメがミョンピルルムの制作能力と会ってどのような成果を出すかが興行のカギだ。 適切な完成度を持つならば 、家族映画 という武器を活用し、夏の市場に食い込む可能性は十分だ。 <庭に出てきた編>の宣伝かどうかは、ブロックバスター三編の生存競争にも少なからぬ影響を与えるものと見られる。 あれこれと今夏は死の戦場になる見込みだ。
by kazem2 | 2011-05-12 20:28