ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ユ・ジュンサン]無情さに隠された心

☆cine21.com
<世界で最も美しい別れ>ユジュンサン
e0109292_2023579.jpg




"無情な感じが良かった。"ユ・ジュンサンがこんなにきつく出てくるとは思わなかった。 <世界で最も美しい別れ>で彼が演じるキャラクターグンドクは医師の奥様'姉インフィ(ペ・ジョンオク)と屋台運営での暮らしを作るバジロンハン妻ソンエ(ソ・ヨンヒ)にペアクウルブリミョお金を強要させる。 この男は、女たちが泣いて吹いてノヨウォしても眉一つ로微動せず、ギャンブルや飲み代にそのお金を贅沢に充てている。 "<太陽がいっぱい>というドラマで、血も涙もない検査で悪役をしてみたことがあるが、それとはまた違った。 シナリオを初めて読んだときグンドクの割合が少ないにもかかわらず、私をぶって触れる感じがあった。 お姉さんには本当に何の感情で幕張り上げるような演技をしてみたいと思った。"

ところが、映画が半ばを超えて、観客のフヌキムイ初めてのあちこちから聞こえ始めたときに、それはまさに無情グンドクこのためだ。 ガムをすっかんでソンエに是非をかけたグンドクは、お姉さんがすぐに死ぬという事実を初めて知り、彼の口元にはしばらくの間、硬直しているが思い出したかのように再ガムシプヌラもぐもぐする。 ほんの少しの硬直した瞬間こそグンドクが感じる衝撃の強さと、それにもかかわらずずっと流れていく日常の退屈さを一度に結集して示す。 その何気ないジェスチャーが観客には加算することができない悲しみに近付く。 "そのまま口の中にガムがあるということをふと感じて、再咀嚼し始めた。 (笑)、意図されなかったが、またどのように見れば意図であることができる...日常は、そのようにガムを噛むように続行さ過ぎるということで、グンドクががしばらくモンヘているが再び日常に戻ってくるしかないということをそのように表現することができる。 実際に編集室ではグンドクががガムを噛むのをやめるときに、そのどのシーン切ったとしたが、ミンギュドン監督が『ガムを再び噛む場面まで見せなければならない』と変えたと聞いた。"偶然のように意図であるようにこっそりと挟まれて入って本能的な演技が、俳優と監督の両方にケチドゥェン素敵なディテールだった。

ユ・ジュンサンは、この映画が、2つの点で、『癒し』とも同じだったと説明する。 彼は<世界で最も美しい別れ>を撮る前までは、早く亡くなった父の話を公式の席上ではしなかった。 あえてその必要性を感じることができなかった。 しかし、この映画で、彼は自身の経験を他人と分かち合いたいなったとした。 "亡くなった方々が常に私のそばにいてくれて見守ってくれるというファンタジーを持って住んでいた。 私の心の中では、父への憧れと懐かしさが最も大きかった。 この映画を通じて自分の考えが正しかったという確信を聞いた。 それがとてもよかった"、2番目は"タンセンガクハジように、身勝手さを空にして演じることができるようにしてくれた映画"という点だった。 朝起きると頭だけを閉じて、素顔での撮影現場に出勤した。 そして、現場で渡す服粒子てすぐグンドクになってしまったとした。 言葉が容易で、他人の人生を鋭敏に生きてネヤマンする俳優たちにそのような状況が簡単に来るのではない。 "今回の作品が全体的にそうだった。 何を特別にしなくてはならない、得にはならないこのようなものではなく、本当に快適なドムドムハン心情的に自発的に取り組むことができる。 次の作品を撮影しながら、ある瞬間にその時の状況を振り返ってみると驚いていたよ。 ホン・サンス監督の映画の作業にも似ていますが、このように何の身勝手さが抜け、後に目的がある時よりトリョトヘジンダ。 彼は今回の映画は、『そうよ』と広々と取ってくれるような作品だったことを力説した。

現在、チョン・ジフン、お世話経過と共に出演する<レッドマフラー>の撮影が盛んであり、近いうちにホン・サンス監督と一緒に<北村方向>でカンヌ国際映画祭にも出席する予定だ。 そして、片手間に新作ドラマや映画のシナリオを検討している。 "韓国映画界で一番忙しい人だ"と冗談で振るとデボンエ"ではない。 年中休みの日が多い。 私はこのように放っておくのかと会うのマネージャーハンテ駄々を操る"と呼ばれて打った。 まだ道のりは遠いと自らを促すの俳優、時間が経つほど、より頻繁に、さらに別の姿で会うことになりそうだ。


文: ギム・ヨンオン 写真: オ・ギェオク | 2011.05.09
by kazem2 | 2011-05-11 20:30