ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イ・ソンギュン 「少しずつ役割を広げて行きたい」

☆cine21.com
e0109292_20443475.jpg




(ソウル=連合ニュース)ギム・ユング記者
"180度ぱっと変えるだけの演技変身ではなくて、今入って来るのシナリオの中でも前の作品よりも5度、10度変えると、それがサトイゲトジョ。そのように少しずつ広げて行きたい。"

俳優イ・ソンギュンは、映画『チェポワン』(4日公開)で、警察出身の強力なチーム長ジョン・ウイチャン役を引き受けた。 明晰なものではなく、お粗末なコーナーもあって結構観客を笑わせるキャラクターだ。

最近、連合ニュースと会ったイ・ソンギュンは「チェポワン」が、どの程度のアクションやコメディがある"としながら、自分が"観客にたくさん見せてくれなかったの姿を見せてくれた"と意味を付与した。

彼は"私が演じる役は少し誇張されたキャラクターなのに完全に納得するのが大変だった"と話した。

映画ではジョン・ウイチャンとライバルファン・ジェソン(パク・チュンフン)が一緒に犯人を追う場面が実感できるように繰り広げられる。 阿硯洞白昼追撃シーンを撮影するときは、冬だから午後4時を超えると、暗くて撮影を行うことができないにして浮かべる前から準備して8日間の撮影したと彼は伝えた。

イ・ソンギュンは、"撮影が終われば解決する感じで大変したが、楽しかった"と述べ、"私が活躍したゴエソ半分の半島で出てきたようだ"と笑った。

大先輩であるパク・チュンフンと一緒に作業するのはどうだろう。 "チュンフンこの方は投手として計算すれば球速は速くてもどのように合わせてジャプウルジ知っているベテランですよね。俳優自体もそうな役割もそうだったんです。私は、今回の若さ溢れる役割だと見ると直球で勝負するゴロと思うんです。"

彼は昨年、TVドラマ『パスタ』と映画『チェチェハンロマンス』「オッキの映画」など3編で、視聴者と視聴者から愛された。 "私は、ドラマや映画をよく並行するように見える作品の選択は、前作を基準にしている。「チェポワン」をすると、次の作品では、他のキャラクターをしてでしょ。ドラマは、主人公たちの恋愛のラインがあり、人物が包装されている場合は、映画では、リアルな配役をしたいと思うゴゴヨ。"

イ・ソンギュンは1年に、ドラマや映画2.5本をするのが自分の目標とした。 "在庫問い詰めすると、空白期間が長くなる。1年に2本程度なら、他の会社員よりも余裕を持って言えます。2007年以来、そんな風に作業したようですね。"

イ・ソンギュンは「チェポワン」次の作品も早目に決めた。 宮部みゆきの小説を原作にしたビョンヤングズ監督の『火車』(仮題)を来月から撮影する予定だ。

イ・ソンギュンは、すぐに第二子が出てくる予定だという。 お父さんになってからは、肩が重くなったとする。

"俳優の仕事を長く上手になりたいという目標を抱えている。稼ぎも重要だが、子供たちに父親としての仕事を一生懸命する姿を見せたい。恥ずかしくない俳優になるようによくしたい欲が出てきました。"

イ・ソンギュンは"まだ試したが多いようだ"とし、コメディーの演技も上手だと思い、過度なアクションがある映画も撮ってみたいと言った。

"恐れずに挑戦してみたいです。ように、私は40代になっても、長い間学習をすることがあるでしょう。まだメロをたくさんした人の俳優だという認識が多いが、さまざまな挑戦をして牌たくさん欲しい。"

イ・ソンギュンは、しかし、"どのような役割を果たしていきたいとそんなことが来るわけではない。「コーヒープリンス1号店」以後ではシナリオの着信がみなそのようなことなのにやたらに嫌だと堪えることはできない"とし、次第に演技の幅を広げていきたいと語った。

kimyg@yna.co.kr 2011.05.02
by kazem2 | 2011-05-08 20:44