ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画「世界で最も美しい別れ」 ミン・ギュドング監督

☆cine21.com
散々泣いて許してと思った
e0109292_223166.jpg




<世界で最も美しい別れ>のマスコミ試写会直前ミン・ギュドング監督に会った。 彼は大げさにトルゴナ声を上げるのでした。 これで、ちょうど映画が公開される直前の興奮状態に置かれる監督にふさわしくなく、終始一貫して鮮明で快適でした。 彼はこの映画を始めるようになった、特別な個人的な理由から、今後、残りの長期的な興味まで言った。

- この映画をするようになった、特に個人的なきっかけがいくつかあると聞いた。

=いつかシン・ギョンスク作家の<お母さんに頼んで>を読んだ。 お母さんは、生まれたときから母親と思っていた。 お母さんにもお母さんが必要だということを後で知った。 そのような文章が私を大幅に触れることがあった。 グジュウムエ友人が膵臓癌の宣告を受けたりもしたし、結局この世を去った。 他人の話に聞くときは、陳腐化したが密接に私の話を受けてたちだから、現実的に信じていない。 その友人の心情を理解することができるかという思いをすることになった。 そんなことがずっと昔に逃した人々に思い浮かぶようにした。 最初の映画を撮るときに母方の祖母が亡くなった。 祖母と私は、まるで映画の<家に...>のように二人きりで住んでいたこともある。 しかし、祖母が亡くなったときに私は映画が人生のより重要な時のため出棺をする時になっ遅れて行ったのですが、親戚は、曲と思うんだけど私は涙が負えないなかった。 実は友達にも感情が似ていた。 ありがとう、ごめんね、うまく行けこんな挨拶をする機会をノトチョトゴ後には、悲しむ暇もなかった。 私の映画の中で死が形式や鉢や媒介に扱われたことはあるが、今回初めて真正面から覗いて見てみたい気がしたのだ。 そうやって、散々泣いて許しを受けたいという気がした。 私は借金をして住んでいる印象を再受験させる純はないかとする。 だからいつの日か聞いては、悲しい話として記憶していたこの作品を連想されたのだ。 私は、最初の試みは、憲政の映画というか。

- ドラマをボアトナ。

=ドラマが放映された時に私は家にテレビがなかった。 携帯電話を家にちょうど置いて好きだったテヨトウニカ。 そして、後に見つかった場合、再表示するサービスがなかった。 私が見たドラマの場面はナムンフイシガどんな放送に出演した時のデータ三亜見せたクリップほどだ。 そして、実はこの映画をすると心に決めた後にはドラマが気になりませんでした。 不思議なのはドラマを見た人々がみんな、このドラマを知っていて見たと考えていることにある。 ところが、台本を見ると、実は私も知らない話だったのだ。 どのような一般的な既視感のようなものの話のようだ。

- 原作者のノ・ヒギョンさんの反応は。

=映画は、おそらく、今日来てご覧だ。 シナリオは、ごらんになった。 シナリオを必ず示さなければならないとして示して上げた。 おそらく私以外にも、これをしようとする人々がいたようだ。 あまりにも原作者の個人的な話が反映されていると見ると下を掘るか心配で心配されるように見えた。 "私は、指紋の大使一つまですべて覚えているよ"とマルハシンこともある。 脚色は、恐ろしい試験を受ける感じが常にあって自分のシナリオを見て嫌だと、どうしようかと心配したが良かったとしたし、特に変わった部分が良かったとし、さらに変更してもなるポンヘトゲトダゴよろしいですよ。 その次には、はるかに気楽に考えることができる。
e0109292_2263365.jpg

- ドラマの主人公役を引き受けたナムンフイワ映画の主人公役を演じたペ・ジョンオクは、優しい女性の上では同じカテゴリーにあって見えますが、実際はかなり違う。 ペ・ジョンオクをキャストすると、どのような点を念頭にドォトナ。

=他の俳優のが正しい。 ナムンフイガより伝統的というか。 より香ばしくてチョンスロプゴナはるかに迫害をたくさん受けたり、ジョンジェントンを通過したかのような伝統的なイメージ。 それが私たちの心を痛める可能性もある。 この映画を起動したときに再びそのような古典的なイメージを、見るだけでも悲しいママという俳優をとるかどうか、そのような人が存在するか諮問した。 答えは簡単ではなかった。 ナムニ先生も、多分その時、そのドラマを通してそのようなイメージを持つようになったのではないかという考えまでするようになった。 だから今の時代にもっと似合いかつてはよく暮らすみたが、今はちょっと元気現代的で都会的なお母さん、伝統的な印象の反射的な人物の場合はどうかなと思った。 いかない場合は、どうしようと心配したが周辺でみんなよく似合うと言っていたよ。 それは多分ペ・ジョンオクさんのどのようなイメージのためだと思う。 トバクまた、薄い話し方や声、それでいてハイトーンのベトソリ。 そのような姿が、一方では、古典美を連想させるようだ。 ジュリアン・ムーアとジョディ・フォスターの組み合わせに私は感じた。 演技もそのようなトーンでお願いした。 何かの草庵で暮らしてきた『骨の母』の感じとは違ってちゃいけないと思っていた。 ペ・ジョンオクさんが決定される時、この映画の残りの部分がかなりの部分を決定した。

- インフィが風呂場で血を吐いて夫を抱きしめて泣くシーンが大変に撮ったと聞いた。 映画の最初の頂点でもある。

=すべての人が人生で一度は苦しむしかない瞬間、私は死ぬことを認めるしかない残酷な瞬間、その瞬間が来れば狂おしく悲しいと思った。 従ってそのような表現を要求したが。 ところが真冬、狭いトイレ、その寒い地面に座って演技をするだろうと思うほどで出てくるのだ。 最初から大変だろうと期待されたシーンなどがあったが、そのうちの一つだった。 時間が経つにつれて涙が乾いていった。 今回の映画は、感情のために、テイクを数多く持つのに、その日はたくさん行った。 最後には、多くのぢから俳優の目との声が、実際にくたびれて、本当に自然になっていたよ。 それでも私は私が望むことまで、より多くの行きたいと思った。 後で機会があれば、もう一度撮り直すんだな気もした。 あとで聞くとペ・ジョンオク先輩は、他の日に再度撮影がいいんじゃないか、監督が余計な意地を張る高さにしたよ。 (笑)実際には最初の放棄をした時である。 ところが、再び撮らないことはなかった。 意外にも物理的なのは表現がよかった。 イメージよりも文脈の中のシーンを置くことができるねという思いもあるし。 そのように見ると、どの程度の表現になったのだ。 今では物足りなさがない。

- 家族を大事にしている。 この映画を見ながら、実は監督の長期的な不安が気になった。

=私は、家族の話をしたのは<世界で最も美しい別れ>からだ。 <私の生涯で最も美しい一週間>は、家族のイギボダ生活の中で発生する可能性の七段階の紛争に関するものとする必要がより近い。 家族の話では、これまで私に一種のタブーのようなものだった。 この映画で、家族の大切さを雄弁にしたいと思ったことはなくて、これからもそんな気持ちがない。 お母さんの価値、命の価値を覗いて見ているのはあるが、その中にどのように立っていることを振り返り、気持ちの方が大きい。 それがどのような場合には、罰でもあるし、救いでもあるのだ。 次の映画は全く別の映画に切り替えることだ。 ジャンルへの欲もあり、私の中のどのようなミクロ的な感情に関わることもあり。 この映画は私に村上春樹が言った『ターニングポイント』のようなのだ。


文: ジョン・ハンソク 写真: チェ・ソンヨル | 2011.04.28
by kazem2 | 2011-05-01 22:03