ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガン・ビョンジン記者[他人の趣向] ピッタリ1杯の余裕

☆cine21.com
e0109292_2102411.jpg








ウォッカを家に置いて飲んだのは去年の冬からだった。
ソウルは寒かったし、お酒を追求する日は増えており、だから一本くらいあれば強い味方だというような気持ちだった。 米原マリの本で読んだ一節が素晴らしかった。 "国家のウォッカ独占はいつもパワフルで堅くてで安定した力で、安定した社会の証拠だった。 政治的安定が揺れウォッカは制御を脱した"(<グルメ見聞録>)社会に対する不満を表したり抵抗しようとするときに一緒に酒というイメージというか。 価格が安いということもあった。 免税店で見つけたアブソルートウォッカ1Lは、私たちのお金で約1万5千ウォン。 750mm紙幣3万ウォンで販売する国内の大型スーパーに比べればかなり安くしている。 スコッチグラス2個とトニックウォーター5本、ライムジュプ2本を買って、カクテルで飲んで、いつもの自分の部屋に隠しておいたボトルに興味を持ったお母さんも一杯ずつ飲んで、たびたびストレートでも飲んでいると冬が行った。

実は普段の飲酒趣向に見ると、ウォッカが特においしいか、どのようなインスピレーションを伝える酒ではない。 多くの人がカクテルを作って飲むことを楽しみにウォッカを飲んだというのに、私にはウォッカの魅力は、あくまで『定量』だ。 ストレートで1杯を飲むか、または、カクテル1杯を飲むか、またはより多く飲むみたい気がしないということだ。 酒の当てを探さなくてもいいのも利点の一つです。 焼酎1びんは飲まなければならないことを、ウォッカ一杯で終わる私の話で初めて、"どこでチャドナムコスプレニャ?"と面と向かって責めたガールフレンドもネミロプランウォッカのブランドのミニ5種セットをプレゼントしてくれた。 かつてタイソンのスポンサーであったネミロプヌンウクライナが原産地のボードカーだ。 オリジナルの1本を除く残りの4病気にそれぞれ白樺、蜂蜜と唐辛子、クランベリー、ライ麦と蜂蜜が混ざっている。 この中で最も素晴らしい味のお酒は蜂蜜と唐辛子が盛られた3回の病気である。 ただでさえ激しいウォッカにカプサイシンが混じってより激しい香りを残すが、空腹時に一口飲むと心​​と体がすぐに余裕を探す。 唐辛子も受け入れるウォッカの豊かさにガムファドゥェン最近では、家の中にある様々な液体をウォッカに混ぜて飲んでいる。 第二の小さいアボジが去る秋夕の時に持ってきてくださったメシルチョン(梅果汁)、お母さんが友達と一緒にスリョプハンサンタルギロダムグシンボクブンジャジュ、お母さんが甥に与えちゃいけないとしたサグァジャム等。 もし残るウォッカに真似るとするなら、それはまだ応じてなかれ。 今年中には、必ず適正な配合割合を見つけて公開する。 まだ人が飲めるような味ではない。

文: ガン・ビョンジン2011.04.29
by kazem2 | 2011-04-29 21:01