ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「ジェーンエア」

☆cine21.com
成功的に脚色された'キャリー福永'のしっかりしている少女<ジェーンエア>
e0109292_13182325.jpg




古典を映画化する試みは、毒を飲むか、または他ならない。 むしろ、シェークスピアなら大丈夫です。 ディカプリオが出演するMTVスタイルの<ロミオとジュリエット>やイーサンホーク主演の<ハムレット>も、私たちは、十分に受け入れることができる。 シェークスピアは、作家の名前というよりは、それ自体で一つのテキストであるからだ。 ところが、それが他の作家の古典を脚色するためにも同じように適用されるか?

立派な例外は、ジェーンオースティンのである。 オースティンの現代化ブームは、ジョーライトの<プライドと偏見>で頂点に立った。 ブロンテ姉妹のファンの方は嫉妬に燃えて上がったのだ。
<嵐が丘>と<ジェーンエア>やはり何度も映画化されたが、オースティンのように見事に現代的に蘇ったの場合はまれだ。 どうにもない。 ジェーンオースティンの小説が結婚費用まで綿密に計算するだけに、現代的な男女相悦之詞を大事にするには、ブロンテ姉妹の小説は、より多くのギョクジョンジョクで破壊的な男女の破裂支社を大事にする。 これをどのように現代的に脚色するのか? キャリー福永の<ジェーンエア>は、立派な模範解答だ。

物語は原作からほとんど脱していない。 孤児のジェーンエアは、叔母のリード夫人(サリーホーキンス)にいろいろな虐待をされながら生きる結局ローウッドの慈善学校に放棄される。 キリスト教の学校では厳しいの敗北を耐えながら生き残ったジェーンエア(ミアワシコスカ)は、卒業するとすぐソンピルドゥの邸宅の家庭教師に入る。 執事フェアファックス(ジュディデンチ)との友情を築いていった彼女は、険悪な城主ロチェスター(マイケルパスビンド)にだんだん惹か始める。 もちろん、数々の障壁がある。 一つは、婚約者の存在であり、もう一つは身分の違い。 そして、何よりもソンピルドゥ屋敷のどこかに存在するロチェスターの狂人の妻だ。

<ジェーンエア>は、1847年の出版以来、21回もTVシリーズや映画で作られた。 最も広く知られている<ジェーンエア>は、ロバートスティーブンソンの1944年作、フランコジェピラリーが監督し、アンナパキン、シャーロットゲンスブルがタイトルロールを演じた2006年作である。 両方とも悪くはない。 ただし、ジェピラリーの映画はほとんどゴシックホラーに近い原作の険悪な雰囲気を過度にヌグロトゥリンせいで原作の持つエネルギーをちょっとかじるほうだ。

それでは、いったいどんな道を選ぶだろうか。 新しい<ジェーンエア>の中で最も独創的で興味深いのは脚色である。 スティーブンフリーEarthの<タマラドリュー>(2010年)で脚本を務めた新鋭モイラBuffiniは、『聖ヨハネのリバース』が出てくる部分を最初から映画の前と、最終的に移してしまった。 事実、このセントジョンリバースという人物は、クライマックスがされなければならない部分で物語のリズムを垂らすは一種のギェルクである。 スティーブンソンの44年作がセントジョンリバースのキャラクターをなくしてしまったことには正当な理由があるのだ。 キャリー福永の<ジェーンエア>は、初めからジェーンエアがソンピルドゥ屋敷から脱出する場面で始まる。 牧師セントジョンリバース(ジェイミーベル)に救出された彼女は、新しい人生を生きるか、過去の仕事を回想する。 <ジェーンエア>は、フラッシュバックという映画的なツールを使って答えを探した。

多くの観客はこの映画をジョーライトの<プライドと偏見>と積極的に比較する。 <プライドと偏見>がキラナイトレイという俳優を使って古い主人公を現代的な女性に再創造したように、<ジェーンエア>やっぱり迷子ワシコスカウイジェーンエアをもっと積極的な女の子に蘇らせて出した。 新しいジェーンエアは、ロチェスターに向けても言いたいことをすべて吐き出すしっかりしている少女だ。 女主人公のキャラクターを現代的に再設立したおかげで、男性キャラクターたちの性格もかなり変わった。 特に、ロチェスターは、主体的なヒロインの願望と情熱によって変わっていくのは、どのような愛の象徴として、素敵な香りを漂わせる。

キャリー福永の<ジェーンエア>は、ブロンテの原作を見事に現代的に脚色するのに成功した貴重な事例の一つだ。 もちろん、久しく直立したブロンテファンならジョーライトのスタイルでカメラにまき散らす逆光の桜を少し亀製で、もう一つの<ジェーンエア>が作成されるのを期待するのかもしれない。 もっと強くして陰気に、ハンマーのホラー映画のスタイルでマクナガは、<ジェーンエア>だ。 監督はポールボホベンを推薦する。

文: キム・ドフン 2011.04.20
by kazem2 | 2011-04-28 13:18 | Comments(0)