ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[キム・ヘリ] 映画の現場は私には幸せだが切実な場所でもある(2)

☆cine21.com
俳優コ・ヒョンジョン、俳優イ・ミヨンに聞く
e0109292_2127667.jpg




演技する時不自然なお化粧はとても嫌だ

コ・ヒョンジョン_ ガマン。 あなたのメルロヨウン化を見たいという話をしてここまで来た。

イ・ミヨン_ メロしたい。 ところが今、私はメロドラマをするには、脱ぐ演技をしたり大衆が見ることにいくつかの新しい面貌を持たなければならないのではないか心配になる時もある。 ところで、私は、露出演技自体がピョンハジンよ。 事実、過去の作品を再び見ると、私は少し後悔になるほどにメイクや衣装の設定がない。 演技する時にまつげ付けたり、不自然に濃い唇の化粧をするのがとても嫌にすれば。 最初は、今回は違って行って寝て設定ヘトダガド、良い演技があり、その後に、ヘア、衣装、メイクがあるという考えで、結局はまた、快適なスタイルでお店になる。 このように着ると非常にきれいであるということを知っても、画像の撮影でもないのに動作が不便で演技に余ることを厭わないんだ。 そんな私は、さすがに露出演技が楽なことだろうか? 俳優として不足ミョンイルこともできない。 まぁ、最近に触れた場合は、メロドラマよりも、主に子供が絡んでいる、子供を紛失したり死んだり、暴力の犠牲になり、そこに対応する話が多かった。 よく触れないがなかった。 ブランクが長くなることに対する不安ももちろんある。 年令と言う物の表面でもドィテドゥンモクソリドゥン何的にも表現されるように設けであり、年輪にボテジということもありますが、これができなければ永遠な役割を持っているのだから。 特に映画は、私はこの作品を拒絶し、より良い作品が来ることができるかという不安がある。

コ・ヒョンジョン_ 質問が常に否定的なので残念ですがどのような俳優が情けないと思う? エネルギーを釘与えるのっぺり俳優?

イ・ミヨン_ ヒョンジョンア、私は素直にしようとした一言が、他人に傷を与えることができるという部分について、考えをたくさんすると思う。

コ・ヒョンジョン_ それではさムルウルゲ。 君を嫌いだという人々は何が嫌いだと言ったら?

イ・ミヨン_ 遠慮なく言う人はいないんでしょう。 その点、私は、モニタリングの緩慢な俳優のかも知れない。 皆を満足させることはできないことを知っているから10人のうち、10人が私のすべてを支持するよりも、10人のうち3人が強く応援してくれるのが私には重要だ。 ノドロ嫌いだという人々の理由は何ですか?

コ・ヒョンジョン_ 老けたけどジュチェク分のくちばしとか、離 ​​婚した後、静かにスムオサルれるべきか何を付属さかとしていない。 <アルカギ>のようなプログラムを一度に出れると...。 (一座爆笑)

イ・ミヨン_ ところが、非難の焦点が硬貨がぴったり覆るコクジトジョムなんだから、素直でいい人がいる一方、同じミョンインデ今度ばかりはくじけては、"ギガ歳に見える"となるでしょ。 反論しろと? そういえ興味はない。 明らかにはうセヤジ演技をするのだと思う。 あえて君がさっきした質問に答えるなら集中していない俳優が苦手なようだ。 私たちの時代が演じるほか、多くのことで評価を受けるしかない時代だということを認めるが、それでも基本を無視して、ファッションやトレンド追うにグプグプハダたり、他の外的な目的のために、この映画やドラマを選択したというのが目に見えるときに、残念さ。

コ・ヒョンジョン_ そのような面で私は何点ですか?

イ・ミヨン_ いやそのいくつかの作品ではしないんですか? (一座爆笑)<善徳女王>を全部見るはできなかったが、私はお前(ミシル)が死んだときに文字を送ったんだ。 デフォルトでは、あなたは心を込めて出すベオヤ。 一方、<大物>は、初回なのか面白く見たし、最終回を見ましたが、国民向けの演説の場面で100%の心を釘盛るんだという気がした。 君は演技をなぜするのガトニ?

コ・ヒョンジョン_ ご飯だけ食べて遊ぶことはないんじゃないの。

イ・ミヨン_ この子話は必ずそうですよ!

コ・ヒョンジョン_ ホントミヨンア。 今まで何をしちゃう、私は? 会う遊んで? 私は、日中は、遊ぶ人もいない。

イ・ミヨン_ 一つの分野でこのように名前を飛ばすことができる君が他の仕事をしようとするならなぜできないのかい? 私は、本当の違いが話せることはない。 ヘスお姉さんは絵を描いておられるし、誰かの写真よく撮る私は、他の才能が何もないんだ。 上手なのは家の掃除くらい?

コ・ヒョンジョン_ ところで、私たちが幼い頃はお酒を飲むのは、私たちと関係のない文化であると思って住んでいたんじゃないの? 君はお酒を飲むか知らず'女'がなっていたよ。 誰もが傾いてもはたいて置かなければならないように包んでくれて。

イ・ミヨン_ 人がいれば、私はもうないです。 守ることになる。 映画の女性の同僚、先輩ドゥルハンテヌン愛嬌をふりまく人の監督に会えば、(太い声で)"ああ、嬉しいです"とは全然女性性を発散せずに応対するんだ。 早くから働いてみると男の仲間たちが私を女性として認識されるのが嫌だったみたい。 ところが、私の場合は女性監督ならば、同じ条件の男性俳優二人がいるときに男としての魅力を発揮すると、そっちの方がより良いこともガトゴドゥン? 実際に演技者は、スコアにぴったりつけることがないんじゃないの。 男女が異性としての魅力に惹かれるのは当然のことなのに、それを無理にたくさん拒否したんだ。

コ・ヒョンジョン_ 私は人がいいな。 ここで君と私は、大きな違いがある。 君は少しだけ女性っぽくもそのように見ると防御をする必要があるんで私は"アアアン"と愛嬌をブリョヤやっと楽に見ると必ず帰ってこのになるだけで。 (一座爆笑)

休むときは、感性を容易に刺激される状態にして置きと思う
e0109292_2129115.jpg


コ・ヒョンジョン_ 離婚してから、演技の幅が広くなる女優が多いと述べている記者もいるが、私は結婚生活や、離婚をしたと、その感情が演技に直接役立つことはないと思う。 お母さんがドェブワトダゴ赤ん坊を抱く時、特に違う自信はなかった。 以上のように演技する時は二十歳その気持ちがようになるんだ。 ただし、結婚もしたし哀悼ナトアボン境遇だから、昔は少しできなくてもされてオソルポド大丈夫だったの演技を人々に受け入れてくれないようなんだね。 だから、実際に私は大きくならない変わったも訳もなく上手なふりをしながら演技すると、"もうちょっとね"という反応が来る時もあった。 態度の変化も演技力で見てくれるんだ。

イ・ミヨン_ そうなの? 私はとても違うようだが? 経験したことを表現するのとしないことを表現するのは差がないんじゃないか? 例えば、人との性交渉を持ったことのない俳優がベッドシーンを演じることとそうでない場合は、違うかい?

コ・ヒョンジョン_ でもこんなんだ。 私達が実際に今のところは、劇中で人をたくさん出会うキャラクターに扮(ふん)の場合は珍しいんじゃないの。 いわば処女のような、誰が、常にオトゴルムを解き与える役割というか。 だから未熟だった時代の心に帰るんだ。 ベッドシーンはならないしてみたけど、もし、現在の私は、そのような場面を撮るの現場でチュピョトゴリンダミョンすべてあっけなくでしょ? そんな事を考慮して、わざと淡々とした態度をとるつもりだよ。 経験をしてみてからではなく。

イ・ミヨン_ 私は結婚したんだから、離婚したんだから人々の視線が適用されるという考えにはならないしてみた。 二十三歳で結婚を発表し、二十五歳で結婚したんじゃないの。 青春の水が必要な時期に青春の水おらず結婚後は、<ナンバー3>や<ジュノミョンベーカリー>私はほとんどの人妻役をした。 結婚すると、女優の劇中の年齢がジャンプする時代だった。 そうするうちに、むしろ一人になってから<インディアンサマー> <中毒(純愛中毒)>からのシングル女性に出てきたんだ。 順序が変わったんだ。 どのように見れば君が復帰したとき、働く環境が良かったともできるよ。

コ・ヒョンジョン_ 君は本当によく泣く。 自分の仕事ではなく、他人の話を聞いてくれてからたくさんウルジャンア。

イ・ミヨン_ 私は演技をしていない時間の間、これからもいい作品に出会うことに備えて、感性を容易に刺激される状態にしておいている面がある。 本当に疲れるとは何を見ても涙が出て感動もないし、誰かが悲しい話をしても、"まあ、私はより良い仕事あったが、"考えれば? (笑)そんな状態を脱しようと努力して。 さもないと、ある瞬間の良い作品が来てもできないだろうか見て。

コ・ヒョンジョン_ どうしてそのように、常に役者として生きて?

イ・ミヨン_ まだピリオドを打つ段階ではないと思うから。 私は本当に良い俳優に残りたいと思い、自分の心に自信を持って残すいい映画をしたくてずっと待って待っている。 こういうことで最終的にお会い停止することもあるだろう。 しかし、その日までは、自分で運ぶ傷つきやすい隘路を作っているようだ。 作品が不満に終わればとても怖い。 空だけParlayも感謝していた心が影も形もなく、音楽もすべてシクロプギマンて。 独力で解決にならないような状況では、それでも私は最善を尽くしたの部分について、よかったと撫でて与え、それでもこれを得ないかと気づかせるための周辺の人々のために立ち上がる。 (浮かべて)

コ・ヒョンジョン_ そのような人々が無知の多くのこと分かる?

イ・ミヨン_ マンジンだろ。 とにかく誰かに愛され続けてすぐに愛することができる状態を維持することが俳優として重要だと思うよ。 君は涙がないの、何ですか? 同じ負いません。

コ・ヒョンジョン_ 私はお金を与えなければ泣く。 (一座爆笑)

イ・ミヨン_ 君の心にはより泣いているだろう、ヒョンジョンア。 (ドリジル打つコヒョンジョン)私はあなたの演技が大変にもきっと幸せな部分があって、この仕事だと思う。 それを君が認めて、そこについての話をして欲しい。 違ってやることが何があるかと従って演技すると大まかに話すが、よく知らない人たちに責任感のない俳優として誤解されてしまいましたなあ。

コ・ヒョンジョン_ (甘える咲かせる口調で)俳優が必ず責任を持たなければなり。 公務員でもないんじゃないの。 撮影時に適切に出かけ、演技が上手なことではなく、他の責任を負わなければならないの?

イ・ミヨン_ 説明すると、私は俳優という名前を持つために本当に努力したことガトゴドゥン。 結婚後週末連続ドラマ主婦の役割もたくさん入ってきたすべての仕様して、映 ​​画の脇役をしながら待っていた。 私は助演賞も三回取った。 だから俳優というタイトルを得て僕のためにした映画が作成され、スクリーンに自分の名前が一番最初に出て行くが一番の責任感はないと思うんだ。 マトタルイン君が、私の知るヒョンジョンがいかにあなたの映画への責任を内部ジゲトニ?

赤ちゃんを産んで育てては経験はしてみたい
e0109292_21293191.jpg


コ・ヒョンジョン_ 泣く演技する時、何を思う? 君の瞳はそのままでいきなりツヅクハジャンア。

イ・ミヨン_ 「ツヅク」のシーンが多くの作品をしてもそう。 実は『ツヅク』で、停止する、我慢する演技をしたいのですが、常に女優たちからは、鑑定の結果をはっきりと見るの望む監督がいる。 実は私は本当の悲しい目が赤くなって首に青筋がソヌンデ、とにかくバストゥショト入るとツヅクハギルご希望の時が多い。 涙が流したのテイクが私には本物なのにどうせ私には権限がないから。

コ・ヒョンジョン_ 面白い質問ですが私から奪いたいと思うことはないの?

イ・ミヨン_ そんなことはなくて赤ちゃんを産んで育てては経験はしてみたい。 "お母さん"という音を聞きたい。 私と同じタルイミョンなあ。 少しウクハルはありますが、ご両親にややよく焼けたタルイゴドゥン。

コ・ヒョンジョン_ どのようなときウクヘ?

イ・ミヨン_ 演技をしない人々は決して理解できないことがあるんじゃないの。 寒い、暑い、それだけで表現するのではなく、そのために感情を引き出した伸ばした削減する過程があるが、それがとても大変だとしたときに、"それでも、こなしてはならない"ように答えると、心を痛める。

コ・ヒョンジョン_ そんな時、家族や恋人を除いて、誰が一番あなたを理解してくれるといいな?

イ・ミヨン_ 当然マニー阻止。 監督は現場で私をよく導いてくれることを願うサンデゴ、大変な部分を理解してもらいたいと思うのはマネージャーなの。 働きながら一緒に行く人が自分の状態を正確に理解していない場合は、どうなる?

コ・ヒョンジョン_ マネージャーをとても食事に招待と聞いた。

イ・ミヨン_ 素敵に大きいことをヘジュジンことができずにそのまま少しずつ着実に。 私より若い人たちなのに、私のめんどうを見て理解するのがどれだけボゴプゲトオ? それでもとても努力してくれ。 私は元々誰用意するのが好きな方な。 昔のマネージャーが爪を食む癖があったが、撮影現場では、GNOME爪整理してくれたりした。 私は、それだけ成熟した人間なのかは知らなくても、誰かの世話をして何かを作ってくれるものが好き。

コ・ヒョンジョン_ 話見ると思い出した! 大学時代に君が湖巌アートホールで芝居をしても私たちが見に行ったことがあった。

イ・ミヨン_ <ファウスト>のグレッチェンヨクイオトジ。

コ・ヒョンジョン_ のような道に付いて行っている立場だったが、その日の君の芝居を見て演技しないでばならないと考えたんだ。 私も俳優をすると、あんなすばらしい舞台に立たなければならないのには到底耐えられるように無視無視して見えたよ。 だからエンターテイナーの上の方向をとっちゃいけないと思った。

イ・ミヨン_ 君がなぜ出来ないか? 芝居も上手だ。

コ・ヒョンジョン_ 私の卒業公演を釘見てもそうだ。 <カモメ>のマーシャをしたところ、最初のマーシャが登場してホロンブルをつけなければよ。 幕は上がったが、スタッフがホロンマン置き火で持ってきておいたんだ。 だからためらって最前列に座った観客ハンテ"マッチちょっとしてください"してホロンブルをつけた。 (一座爆笑)だから、私は俳優のアドリブではなく、エンターテイナーのアドリブで頭が回るんだ。 俳優ならば火が明らかであっても入っていることを想像して演技で表現しなくてはならない、どのように厳然とした舞台と観客の間の境界をトボリニ? 以来、芝居はできないよ。

イ・ミヨン_ 私は瞬発力がなく、逆にトークショーなんかできないよ。 オファーを受けるとは知らずに発表されている読んでヨンフに、"これは私がまだ準備がダメだよ"と折り畳み式のよ。 (笑)

コ・ヒョンジョン_ 一方、私のアドリブはとても危険で。 感性に比べ勉強が不足して事故を打つんだ。

イ・ミヨン_ お前には感性と集中力を含めて多くの利点がありますが、一番羨ましいのは、良い意味での俳優が備えるべきポコペイスヤ。 私はそれがない。 マネージャーが何を誤って作成怒った場合は、演技中に埋めて吸うので少し間を置いたが撮影して。 ところが、ヒョンジョンが君にはそのような転換になる。 とても頭が良いベオヤ。

コ・ヒョンジョン_ 今私たちが初めて出会ったあの時よりも明るいようではないですか?

イ・ミヨン_ (笑)私の人々をイメージ化する習慣がイトナブワ。 だから、時にはあなたがお酒を飲むのが嫌いで強打の話をするのも嫌だ。 そもそも君は素直な人だったが、一人になった後にこの世を強く見せて、"私に大丈夫かと頼んでね。 私は大丈夫だから"というふうにゾロではないかと思ったりして。 その中にもいくつかの弱さが入ってるんだろ。 私の知っているあなたの元の美しさがあまりにも大きくみると、その賞を邪魔されたくないの心なのかも知れない。 世界を買った人のようにクールに必ずそうでなくてもドゥェジャンニ。

コ・ヒョンジョン_ 本気で触れるよ。 すばらしい瞬間である。 私たちの約束して会ってもただの思い出話その破壊離れることがダヨトヌン ​​デ。 本当の幸せである。 ミヨンア。


文: キム・ヘリ 文: シン・ヅヨウン 写真: オ・ギェオク | 2011.04.27
by kazem2 | 2011-04-27 21:27