ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[キム・ヘリ]映画の現場は私には幸せだが切実な場所でもある(1)

☆cine21/com
俳優コ・ヒョンジョン、俳優イ・ミヨンに聞く
e0109292_2030196.jpg




コ・ヒョンジョン_ 1990年に東国大学で一緒に入学した時、イ・ミヨンは、最高のスターだった傍に行くことができない存在だった。 まだ覚えてるのですが、新入生歓迎会で舞台に一人ずつ上がって先輩たちが投げる厳しい質問を耐えなければならないの順序があったんじゃないの? "<氷点>の女主人公イ・ミヨン!"し、呼名になって君が上がって行ったのですが先輩たちの中で、誰も気軽に攻撃することができずしばらく見守っていた。 苦手の表現は分かるけど、その時あなたは本当にとても美しかった。 私もミスコリアになったし、入学したが、自分の存在は、誰も知らない時で私は、大衆が俳優を見る気持ちで同期の君を見たの。 ミスロッテに当選され、<ティーン>雑誌に出てくるのを見て"チェスジ以降そうきれいな人が他にあるのか!"しているが、学校に来て、直接会ったんだ。 本人は知らなかったのか分からなくても、君が動けば、東国大全体が騒がしくなって...。

イ・ミヨン_ ねぇまた、オーバーにする。 その程度ではなかった。 (笑)高校生の時から活動するのに大変でデハクマン行けば、自由と思っていた先輩たちの目つきがきれいだけではなかった。 むしろ顔見知らぬ人々に囲まれて威圧あたりから、私はちょっと気が引ける入った状態だった。

コ・ヒョンジョン_ 7時までの掃除に出てくるといって、ひとつでも欠けてたら全体がホンナトジ。

イ・ミヨン_ 名が知られている私達T.模範的な三亜より厳しいんだ。 別々に呼んで腹ばいになって伸ばした値とも呼ばれて。

コ・ヒョンジョン_ 最近の人々が考えているイ・ミヨンの性格の場合、いくら先輩でも、たちが受けたようだがなぜ黙っていたのかね?

イ・ミヨン_ まあ。 私が入ったグループの原則だから、と思っていたようだ。 ご存知のように私は性格がセダゴはないと思う。 避けられない場合にのみ数えてんだね。

コ・ヒョンジョン_ 待って、さて、一体あなたはいつから強い人に見えるようになったのかね?

イ・ミヨン_ どうやら一人でされ、<明成皇后>をしてからイメージが取れたのではないか? 大学通う時には、私は県政が君をたくさん好きだった。 今も細マッチョその時は、背も高い子がさらにビチョク乾いてはフラフラお昼もヨーグルト一つしか食べて、ぜひ私は、提供しなければならないと思ってた。 日記にもそのような話を書いた。 お前は男同期二人と一緒四人で生まれて初めての狎鴎亭洞のカフェも行ってみたいそうだ。

コ・ヒョンジョン_ ところが、そのネットのうち三人が離婚したんじゃないの。 (笑)

イ・ミヨン_ あら! そんな話はなぜするの? 以下の話ばかりして下さい。 (笑)それまでも、学校での3年生までは、芸能活動を自粛してくれと言ったが仕事をせざるを得ない状況だから、学校生活が楽だけではなかった。

コ・ヒョンジョン_ 君は覚えられないはずなのにその時だけでも家に録音テープ付きの留守番電話があったが...。

イ・ミヨン_ あら! そんな話はなぜするの? 完全に昔の俳優同じじゃないか。 (笑)

コ・ヒョンジョン_ 君が先に私達の家に電話かけて留守番電話にメッセージを残してくれた。 不思議で有難くて実際お前一生せいぜいちゃいけないと思った。 (一座笑)スターのものもありますが、友人の間でも、まず、普通にしてくれたことがありがたかった。 学校に行くときは、"ミヨンが、今日は学校来るかな?"思ったりしたの。 カフェで一緒に遊んでいても、君は<愛が花咲く木>の撮影を見に行くべきだったの記憶が私。 俺たちよりいいと思って台本を握って覗いて見て、またのぞいて見て"ひょっとしてキャンセルされる場合もあり、"してから、最終的には仕事に行った。 アンスロウォトオ。

イ・ミヨン_ それでは君は<なつめの木に愛ゴルリョトネ>(コ・ヒョンジョンのデビュー作ドラマ)を2年生の時であるのか? 君が上のところ、私は多分しないようにね。 (笑)

コ・ヒョンジョン_ 劇中の名前がファンマルスク。 (笑)しばらくためらって作品が私のイ・ミジラン合わないんだからしないように本気でアドバイスしてくれた君は勉強や他のことも上手そうだから、他の仕事して欲しいともいわれてた。

イ・ミヨン_ 努力に比べて若い年齢で注目を浴びて仕事をしてきて女優の生活と演技という作業が大変だと考えてみたい。 その時に君はMCも見て進行もジャルヘトウだからそのように働いてから結婚することも(笑)悪くないと思っていたようだ。 その心だけでも女性が二十代の여 섯 살に結婚するのが正しいと生真面目な考えをヘトゴドゥン。 お前はいつ結婚したの? 私は、95年3月。

コ・ヒョンジョン_ 私は5月。 君はあの時はなぜ結婚したの?

イ・ミヨン_ それは実際にすぐに一人の男の女になりたいと思ったようだ。

コ・ヒョンジョン_ あなたの学校に通いながらそんなことあるよ。 男に生まれればよかったようだ。 今もそうなの?

イ・ミヨン_ 人俳優なら俳優としての生活が楽ではないかと思っているだろう。

コ・ヒョンジョン_ 芸術史の授業だったんだ。 あなたが提出するレポートを見てびっくりした。 どんな教授が書いたように、素敵な文章だったのに、それをフロップながら自問自答するように"これが...演技することに...参考になるのか?"つぶやいた。 なんと素敵とか。 あなたはいわば、私は間近で初めて見た俳優なので、君の姿は、何かが目に入れたみたい。 心配している姿を見ながら学習あんなのかよりも思った。

イ・チャンドン監督、チェ・ミンシク先輩と働いてみたい

イ・ミヨン_ 新作映画(<ミスとプロジェクト>(仮題))リーディングは言ったんだ? お前、最初の商業映画じゃないの? トルリゲトダ。

コ・ヒョンジョン_ うん。 私は、シナリオのある映画では初めての試み。 (一座爆笑)今まではホン・サンス監督の映画とイ・ジェヨン監督の<女優たち>をしたんだから。 トルリョヤオルウンデ製作者とスタッフの中に大学の同期が多いもののワークショップに行くみたい。 あなたの最初の映画は...。

イ・ミヨン_ <幸せは成績順じゃないでしょう>。

コ・ヒョンジョン_ そう、幸せは成績順ではない?

イ・ミヨン_ 明らかではないでしょう。 君と私と勉強ジャルヘトニ? ところが今、結構立派によく住んでいるんだ。 (笑)

コ・ヒョンジョン_ 既にソヨンさん、<シネ21>は、頻繁に参照するのですか?

イ・ミヨン_ 最近は映画の中からガクムマン読む。 映画が本当にしたいのにうまく収まる場合は、ただ無視するようになる気持ちもあるんじゃないの。

コ・ヒョンジョン_ どのような映画をしたいのですが?

イ・ミヨン_ 私の心を動かすことができる映画。 長い上映時間を全部取って起こったとき、幸せで暖かなオーラが来るの映画だったらいいな。 最近、インドの映画<私の名前は、カーン>を見たが衝撃だった。 ああ、映画というのがこんなことだね、再認識した。

コ・ヒョンジョン_ 君はどのような監督にクルリニ? 俳優である私達がどのような監督がいいな、まず話をするのがちょっと理にならない当たるが、それでも。

イ・ミヨン_ 基本的に私は、映画では余韻だと思う。 水木曜日に放映されると木曜日の夕方に大衆の反応が出てくるTVドラマから得ることも大きいですが、映画は見て私は1週間後にも、その人物がなぜそうしたのだろうか、違って人生が流されていく純なかったのだろうかずっと考えるようにすれば。 私は、その余韻を作り上げることができるようにしてくれる監督は誰か考えてみるとイ・チャンドン監督が最初に思い浮かぶ。 作品の中から<緑の魚>が一番好き。

コ・ヒョンジョン_ 君もどんな魚映画しないんですか?

イ・ミヨン_ それは<魚座>こと。 (一座爆笑)

コ・ヒョンジョン_ 自分の星座が魚座なのに。 申し訳ありません。 共演したいと思う人俳優は? 一応30代以上の中から。

イ・ミヨン_ 最近の俳優たちが何歳なのかもよくわからない。 (笑)人を集中させる演技をするのチェ・ミンシク先輩と一緒にもしてみたいと思い。

コ・ヒョンジョン_ もし、お前とチェ・ミンシク先輩が演技し、そこにイ・チャンドン監督から合流すれば...、オウ...余韻は、大ヒットイゲトダ。 (一座爆笑)

イ・ミヨン_ 見方をすれば、私はあまり商業的ではなかったような気もします。 一応興行がジャルドェヤ継続ヨウンファハルすることができる機会が与えられるという事実を幼いころから経験しておいても便乗することに興味はありませんでした。 私が撮った映画が多数に拍手受け取りたくなけれ望まないならば嘘だが、退屈なんじゃないの。 ミンシク先輩と私は会ってもうまく調整してくれる監督に会えば、十分に君が言ったの懸念を相殺するエネルギーがあると見ている。

コ・ヒョンジョン_ また、お前誰とみたけど몇 ? チェ・ミンス先輩、ハン・ソッキュ先輩、パク・シニャン先輩、そしてイ・ビョンホンさんもいるね。 その中で誰が一番真相だったの? (笑)冗談だよ。 一人だけ挙げろとは、誰ともう一度したいですか?

イ・ミヨン_ 皆あまりにも個性が強い方々だ。 (躊躇する)さあね。 イ・ビョンホンさんがあまり好まないのですが、イ・ビョンホンさん? (笑)

コ・ヒョンジョン_ 歳の人とのキスシーンも全部みたけど몇 ? どう ​​だった? (あまりにも昔だから覚えていないが出るとすると)え、そんなことは書いて置いてはならない。

イ・ミヨン_ 君は何のヘブワトニ? チョ・インソン君ともしたんじゃないの?

コ・ヒョンジョン_ 君がゴミョンハンの方々とはできなくて見たの。 三人の俳優がキスする前に、どのように準備して?

イ・ミヨン_ ねえ、そんなの記憶にもならないか。 自分の準備に忙しかったの精神ないのに相手の俳優が何かいつサルピニ? お前は本物の余裕あるようだ。 私はそのように現場で余裕のないがない、ヒョンジョンア。 君はどうか分からないが、私は現場で楽しむ方ではない。 それが私の最大のダンジョムイルも長所もあると思う。

コ・ヒョンジョン_ なぜ? で楽しいの?

イ・ミヨン_ 映画の現場にいるという事実は非常に幸せだよ。 ところが、常にこの作品が最後であることができるという考えを抱いて映画をしていたようだ。 私は幼い頃、すでにスランプが一度来たんじゃないの。 映画は、私がやりたいとすることができるのがないということをあまりにも若い年齢に削減したために、私には映画の現場があまりにも切実な場所でもある。

コ・ヒョンジョン_ たとえば、映画、ドラマといいんじゃない?

イ・ミヨン_ ああ、こいつ。 君が今回の商業映画をすると、他の気がするんだ。 ドラマを卑下するつもりもないし、それぞれ好きで上手なジャンルがあると見ている。 しかし、私は良い映画をする機会が続いていた場合、中間のドラマをすることはしないだろう。 もちろん、ドラマのおかげで多くのことを享受して。 子どもたちまでの名前をアルアジュゴ大衆に基盤を広げることにドラマほど立派なシートがどこにできるか? それにも映画の現場にいる場合は違う。 とても感謝している。 俳優をもっと心配してくれからじゃない。 現実的に放送は、最初は無限の約束をしながらも、結局は台本覚えることに汲々として演技することになる。 そのような作業と一緒シナリオを読んで監督と対話し、悩みながら一カットを3,4時間ずつ作業しているのは、責任の重さが違う。 図を作るためのコムジラクコムジラク三、四時間照明してガンプンギ回して、スクリーン上で、完成した結果を表示したときの喜びをドラマでは感じることができないんだ。

コ・ヒョンジョン_ 君ではなく、私が変なんだ。 私は、そんな状況がかえって負担になることガトゴドゥン。 さらに、その喜びを人々がモルラジュルも多いんじゃないの。 そんな時はどうするの?

イ・ミヨン_ 臨時のインタビューで、"今回の映画の中で最も熱心にしたシーンはどのシーンですか?"と尋ねるとても野暮な質問だと思う。 メイキングフィルムや放送番組を使って映画の撮影過程が公開されている時代だが、それでも私はこの作品では、このキャラクターを演じて、彼は何を一番愛していたかは話したくない。 それは観客が自分で見て探して渡すときに本当に嬉しいよ。 "ミヨンシ、<中毒(純愛中毒)>で、そのシーンも良かったです"、"本当ですか? 私も一番好きなシンインデ"とデクハルときに幸せなんだ。 "私はかくかくシーンを本当に熱心にしました。 見てください"と、人々は映画を見ながら、"お母さん死んで号泣するシーンを一番熱心にしたというが、いつ出るか?"と、それだけを待っているんじゃないの。 それは面白いだろ。

コ・ヒョンジョン_ 今までのワンカットにも大きな努力をつくすことがないのがないと言ってみろば良いじゃない。 (爆笑)

イ・ミヨン_ そんな純だろ。 緩急の調節は、明らかに必要だから。 もちろん、監督が流れを調節し、事後に編集プロセスもあるが、ドラマよりも映画で俳優が全体の起承転結に乗っていく作業はとても面白いよ。

男女関係でも友情が大切だと信じて

e0109292_20321967.jpg


コ・ヒョンジョン_ 今日ぜひ知って行かなくちゃ。 ヨウンファハルとき監督はどのような存在だ。 君の作品をたくさんしたから感覚が来るんじゃないの。 どのような姿を見せて後進の監督ですか?

イ・ミヨン_ 自己中心のない監督だ。 何といっても自己中心がなければ持続も理解され、揺れも意味がない。 たまに撮影監督や照明監督の力を数えるか、または俳優のキャリアが長かったり、年齢がウィゴナするときに動揺する監督たちがあり、これにより、実際どうすればいいのか分からない。 映画は俳優がいくら飛んでギアもダメ。 監督がスマートでなければなり。

コ・ヒョンジョン_ そうなの? 今までの映画を撮る前に、それをどのように認識することがあるの?

イ・ミヨン_ 従って私達が騙されたりして監督たちが私たちに騙されもするだろう。 上手だと思ってキャスティングした演技をできないことがあり。 一5回ほど撮影してみるとお互いを知るのにプレビューチクオボルもない仕事。

コ・ヒョンジョン_ シナリオを先に受けてなければ、監督が会って? 会えば何をどのように話してるの? 監督の言葉を聞くの味方、あなたの話をするの味方?

イ・ミヨン_ 質問をたくさんして。 今回の映画で何を見せてくれてと思うか、どのような状況で視覚化されている。 何よりも私にプロポジュハンの役割が私とどこが似ていると信じてどのような表現を期待するか。

コ・ョンジョン_ それから、"シナリオを書く時からひたすらミヨン氏のことだけを考えれ、未然さんしかないので必ずしてくれちゃいけない"とまで言われる監督が君を説得するので、それとも"実は他の俳優をしようと思ったがずれた。 だから未然さんにお願いする"と完全に打ち解けて話をする監督が君を説得するの?

イ・ミヨン_ 人以上の電子がゴマプギンしない。 主人公の名前まで、私と同様に建てとプロポジュハンもあった。 ところが、真実をあえて知りたいとも嘘はすぐに認識する味方。 他の俳優に行ってきた作品も、私はもっと上手に確信したときは、出演。 ガキの頃には、プライドの上下は、仕事とも呼ばヨギョトヌン ​​デ最終的には、実際の作品の持ち主がいるのだと思うようになった。 もちろん気には使われて。 たとえば、同じ役割をAに最初に交渉したが私と彼が何の共通分母がないように見える場合は、誰にでもすればよいというのか、監督が中心にないのではないか心配していない。 ところが、最近さすがに『はまり役』と言うのがあるか? ただ一人の俳優のために企画され、特定の俳優ができなければオプゲトダヌン映画はもうないだろう。 そのような映画を見もせず。

コ・ヒョンジョン_ 私はあなたのメロドラマをもう一度して欲しい。 <肩ごしの恋人>のように洗練されたスタイルではなく、90年代チョプンウイ善男善女が登場する完全なメロ。 ラブストーリーには興味ない?

イ・ヨン_ 私は、基本が愛であるようではあるし。 実際、すべての映画の基本は愛だろう。

コ・ヒョンジョン_ 映画はともかく、君の感情の状態の基本が愛なの?

イ・ミヨン_ 愛がなければどうして生きて?

コ・ヒョンジョン_ 名誉とか、他の価値もあるんじゃないの。 その時点で愛が満ちていると感じている?

イ・ミヨン_ 名誉や自尊心も重要だが、それは恋次だよ。 その人で危機に何かを譲ってジョジュルことができるとき、グエゲマン私を可能にするものがあることを感じたときに幸せなのではないか、ヒョンジョンア?

コ・ヒョンジョン_ ところで、私たちは、合コンをすることもないし、どのように人に会わなければならないのかよ? どう ​​すれば良いか? (叫びに、一座爆笑)体力も走って、物理的に疲れるときは必要性がないし、丈夫な誰かに傾き、という衝動が含まれて。 でも、どうしても女に予想はのとは違うじゃない? かなりの女性は私よりも小さくして。 (爆笑)ところで愛ヘトダガドうんざりすることもあるんじゃないの?

イ・ミヨン_ 私は人々の嫌気はあまりないようだ。 一緒に過ごした時間の価値を大切に、ここでは方だから...。 男女関係でも友情が大切だと信じるので、私は、まずそれを破る時が来るのは嫌なようで揺れる心自体が怖いと思う。

コ・ヒョンジョン_ なぜ目が潤ってジニ、バカ! もし愛する人がついたが、彼 ​​が俳優をしてはいけないとのことですか?

イ・ミヨン_ 分からない。 ただ生きてピリオド、カンマ、マルジ ​​ュルイムピョルルよく取らなければならないと思う。

コ・ヒョンジョン_ 君を初めて見ると、男たちが、通常はどのように行動するの? トリート? 笑いを与えようとしてるの?

イ・ミヨン_ さあね。 (と思う)イルジョクウロガではなく、偶然に席を一緒にするときは、何かが付いているふりをする場合が多いようだ。 大学の同期の友人との席に知らない方が来たことがあるのは非常に高価なシャンパンをさせるんだ。 後で友人にそのような過剰使用をして、そうかと聞くかの男たちが君に会った時に打ち出せることができることが少ないため、アピールしようとしてそうなものを手に理解してくださいよ。 ところで、私はお金でも権力でも付いているのは、多くの人々に対して警戒心な心を持っているようだ。

コ・ヒョンジョン_ 食べることだけをする人たちもどれだけ多いのに、買ってくれる人会ってみるのも良いだろう。 みんな私はあまりにもあると思うから買って考えることをしないよ。 (一座爆笑)

イ・ミヨン_ だから私は散財がない人、謙虚な人、心配する人、サービングする従業員への感謝の意をきちんと挨拶する人が好き。 以下の特権的な位置にある人たちにむやみに対すればぴったり嫌になるよ。

コ・ヒョンジョン_ さて、あなたは子供を欲しいとうそでしょ?

イ・ミヨン_ いつかは必ず。

コ・ヒョンジョン_ 今までの韓国のジョディフォスターがドェボリリョム。

イ・ミヨン_ それは私のわがままなので嫌いだ。 もちろんピョンモナ片親家庭が不安定だとセンガクジンよ。 しかし、自分自身が裕福でない家庭で両親が争って和解して生きる平凡な過程を見て育ったため、自分の子供にもそのような姿を見せてくれと思い、私は一人で親の役を負担しほど完璧ではないと思うよ。 ヒョンジョンがお前もそうだ。 私たち俳優たちの生はやや片側に偏っている。 演技のために読書し、映画を見て、その分野では、かなりのポイントに上がったのか知らなくても、世の中を客観的に見る能力が足りない。

コ・ヒョンジョン_ 私は空港のバカじゃないの。 空港行けば何もするかわからない。 (笑)

イ・ミヨン_ どこの空港だけがかい? (爆笑)小さい頃からこの仕事をした私は率直に言って一人でどこかを歩いたジョクジョチャなかった。 数年前、生まれて初めての外国への一ヶ月間一人で旅行に行った。 大したことではないのに、私には本当の勇気が必要だった。 そのような試みをした理由は...、私は基本的に良い人々 、素晴らしい人格体になりたい。 その後に、神が贈り物をいただければよいお母さんもなりたくて。 ご存知の通り、私はそれほど王女のように住んでいる芸能人ではないよ。 すべきことは全部やって。 しかし、どこまでも家の中でそのようなんだ、家の外での移動日には苦手なんだ。 それを破っての旅を行った。 住みながら一人でいる時が初めてだったが、行くとすぐ体も痛くて大変だったよ。

-2につながります -

文: キム・リ 文: シン・ヅヨウン 写真: オ・ギェオク | 2011.04.27


ミヨンssi ビョンホンを好きじゃないんだ^^
by kazem2 | 2011-04-27 20:30