ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[この人]人権問題の現実の中で考えてみた場合は...

☆cine21.com
<視線の向こう>企画担当した国家人権委員会の広報協力チーム長キムミン女王
e0109292_20311048.jpg




国家人権委員会の人権映画プロジェクト『視線』シリーズが今年で発足8周年を迎えた。
パク・チャヌク監督からユン・ソンヒョン監督まで、このプロジェクトを経て監督だけ四十一人で長編·オムニバスアニメをあわせて計8本の映画が完成した。 <シネ21>も、『視線』シリーズが公開されるたびに、監督と俳優たちを先を争ってインタビューしてきたが、本来、このシリーズを企画した国家人権委員会の関係者は、お会いする機会がごく少ないようだ。 4月28日封切りするオムニバス長編映画<視線の向こう>(演出ガン・イグァン、ブ・ジヨウン、キム・デスン、ユン・ソンヒョン、神童)を企画した国家人権委員会の広報協力チームキム・ミナ氏は、去る2009年からこのプロジェクトに参加した青っぽい新来者である。 彼女の専任だったナム・ギュソンチーム長が『視線』シリーズの基盤をダクアトゴ、<視線の向こう>の企画から、キム・ミナ氏が引き継いだ。

『視線』のプロジェクトのための国家人権委員会の営業秘密を聞いてみよう。 最初の質問。 プロジェクトに参加している監督は、人権委が直接選ぶのか? "ではない。 制作会社、配給会社、現職の映画監督などで構成されて監督の選考委員会という組織この監督様を推薦してくれる。 その方たちが監督の名簿を多めにゴルラジュば私たちは、男女の比率や、商業、独立系映画監督の比率を考慮して監督の最近作も検討してみた後、最終的に決定する"2つ目の質問。 人権委は、映画制作にどれだけ関与するか? "テーマを与え、シナリオに人権侵害のセリフが入ってはいないことをモニターしているほどだ。"さすがに人権委員会出身の企画者には公平性を幾何学的とする態度だ。 2年の間に念を入れた<視線の向こう>がようやく封切りが、キム・ミナ氏は、すでに次の『視線』シリーズの映画の企画をご用意している。 監督の選定委員会の構成が終了しており、演出を引き受ける監督リストを悩んでいる。 "<視線の向こう>をご覧になったキム・ドゥシク教授がTwitterにこんな言葉をよろしいですよ。 論述塾に子供たちの送信ではなく<視線の向こう>を見て一緒に話しあうのがどうだろうかと。 『視線』シリーズが提起する人権問題を単純に映画だけ見ていない現実の中で考えてみたて欲しい。"

文: ジャン・ヨウンヨプ 2011.04.25

この映画はツィッターでも監督たちのつぶやきがありました
どんな映画か見てみたいですね
by kazem2 | 2011-04-25 20:27 | Comments(0)