ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[電影客桟]美しく 美しい不可能な愛の物語

☆cine21.com
<トゥルー・グリット>の中の老カウボーイと少女と充実の言葉が呼び起こすイメージ
e0109292_21465188.jpg

☆トゥルー・グリット公式サイト




結局、すべての西の映画は、『喪失だと信じるものの不在』のジャンルだ。 開拓精神の神話は、男性の英雄と共同体の価値、対立の構図で構成された世界を前面化する本格的なウエスタンは『神話』という言葉通り、それが幻想であることを自ら言及しています。 変形されたウエスタンの古典期の世界の英雄的な対決、定義、風景の没落を示すとき、それは最先端の幻想に対する自らの認識である。 だから、常にジャンル的変奏が起こっているといっても、そして、その変形が『帰ることができないし、取り戻すことができない』の正祖として維持されているといっても、実は帰るところ、取り戻す事の実体が存在していたことがあったのか。 かつて所有していたことへの喪失の哀調ではなく、喪失したと信じるが、そもそも空のものとの対決。 すべての西部劇は、そういう意味で、自分の不可能性に支えされているジャンルだ。 古典期ウエスタンで修正主義ウエスタンでの変化が映画会社にどのような反省的な争点を呼んでおこったかの問題はもちろん重要である。 しかし、個人的にはその区別よりも、ほぼすべての西部劇映画が共有する前提は、自分の空っぽの穴を眺めながら、世界を築いて上げなければならないジャンルの運命を、そのジャンルがどのように忍耐しているかの問題がより興味深い。

<トゥルー・グリット>が古典期ウエスタンと修正主義107ウエスタンのカテゴリーどこ​​かで映画的活力を捜しているかについては、すでにアヌシージファンが書いた(<シネ21> 795号)。 彼は"神話的な装飾が削除された修正主義ウエスタンの西部を背景に、古典的なウエスタンでもふさわしい英雄的人物を再発見しようとしている"と、この映画の意義を説明した。 納得な論旨だが、私にはこの映画のインスピレーションは、そのようなカテゴリー化の点で発生しているようではない。 <トゥルー・グリット>は、前述の西部劇の根源的な不可能性をジャンルをブスムウロソ証明するのではなく、その不可能性を書士の中で、物質的に形象化し​​て、ジャンルを堪えているという印象を与える。 不可能性の座を消滅の影や残像を手探りして、上記するのではなく、いくつかの生成の瞬間にその場を直接形象化するということだ。 抽象的に聞こえる危険性がありますので、今の映画の中でもっと具体的にドゥルオガボとする。 これらのすべての印象の中心には、映画の主人公열네살少女マティがある。

その少女は、官能的に西部劇に作​​用する
この映画と、既存の西部劇の間の最も顕著な違いが人の大人ではなく、少女の視点で書士が展開されるという事実は、映画を見た誰もが指摘する点である。 この少女は、西部劇の定型化された女性キャラクターのカテゴリを越えています。 既存の女性の人物たちは人のカウボーイたちの活動の源として作用する場合が多いが、自らの行為の場合は珍しかった。 やや図式的な説明だが、この女たちはたいていの場合、男たちの搾取に耐える過剰されるように性的な存在であるか、人の帰還を待って、相対的に受動的な存在のどちらかに時が多かった。 だから、直接復讐に乗り出す行為の主体であるマッティは、西部劇でも、特殊な女性の人物に該当する。 それなら、女性の行為がミミな過去の西部劇と比較して、この映画のインスピレーションをチンヨソンジョクイラヌンうえで見つけるのか。 そんなこともある。 しかし、私は<よりブレイブ>の中の女主人公を話題に上げるときに、彼女の明晰さと勇敢さではなく、他の何かを言われて負わねばならないと思う。 不思議なことに、この映画のピョンドゥルウンその何かを逃していたり​​、避けたり、実はとても明確にさらすことが重要であると考慮されていないようだ。 大人の女とも呼ばれ、子供もできない열네살少女の性的アイデンティティ。 コミュニティに属すると見るのも難しく、家族の保護の中に存在するようでもないが、あいまいな場所の少女。 その曖昧さは、むしろ彼女を保護を受けなければならない存在と搾取される存在し、そのどちらでもないところに立てておく。 私は映画を見る多くの場合、この少女のあいまいさが、正確に言うと、その曖昧さが、西の世界の中で、西部の大人の人たちの間でやり取りする方法が卑猥と感じられた。 露骨に大きな胸を誇示し、カウボーイたちとオウルリドン西部劇の娼婦よりもどこより成績という感じを受けた。 このように変えて表現してからも思う。 少女そのものの形状は、官能的でないが、彼女が映画の中で動作している時は、官能的である。

なぜ少年ではなく少女であるのか。 すでにチャールズFortisの原作小説で、物語の話者が女の子だったから、これはコーエン兄弟の独特な選択だと言うことはできないだろう。 それでも彼らが原作の設定をそのままに従ったには、おそらく열네살少女が極めて男性的な世界の中で投げられたときに、西部劇という定数で起こる波長、そこに始まるの映画的瞬間の顕現を想像しただろう。 もし、マッティの座を少年が代わりに選ばれた場合は、父と(似)の息子の叙事詩は、西部劇の象徴的な回復、あるいは亀裂を形象化したようだけれど、それ以上の話続を想像するのは容易ではない。 しかし、少年の代わりに、少女が入り、そのような男性書士は、いったん切断され、父 - 娘のように見える構図には、必然的に性差が始まるのもう一つの欲望のきめが暗黙的に流れるようになる。 それを一種のグンチンサンガンジョク欲求と呼ぶことがあるだろうか。 もちろん、それ自体陳腐なフレーズですが、その欲望が他のどのジャンルでもない西部劇に流れている場合は、新たに考える余地は十分に可能である。 すでに原作小説で、彼と同じような欲求は、露出されている。 小説の中の話し手マッティがラスターカグボングァラブウィプルル描写する場面々では、時々ただの世代間のギャップではなく、性差から始まるの好奇心と妙な感情がうかがえる。 この小説を初めて映画化したヘンリーハサウェイの<真の勇気>で、マッティの姿が繁茂的に見えるのは"二人の男と一人の少女の旅から不純なイメージを消そうとする意図"と呼ばれる金庸凍結の指摘(<シネ21> 792号)にも耳を傾けたをする必要がある。 物語の背景1880年代には未成年の少女に対する社会的認識がどうかは不明で、それが重要だと思うわけではない。 西部劇が、結局、それが作成された、現在の価値観、視点により関連があると信じるときに、<トゥルー・グリット>について、最も聞きたい質問はこれである。 なぜ映画は、未成年の少女を大人の男たちだけの禁止された範囲の中に入れて活動するようにするか。 そしてコーエン兄弟の西部劇はどんな映画の活気を獲得するのか?

ジャンル的な安全策としてドプヨソ意識されないだけであって、実はこの映画は、少女に対処する方法は、時々、暗黙的なタブーを横出しだが、その時の映画が、あるいはマッティがあまりにも自然に移ってしまって戸惑いがする。 いくつかの例がある。 まず、ラブウィプウイ場合。 父親の遺体を処理するために、見知らぬ場所に到達した少女が早朝にモーテルのベッドで目を覚ますと、その前に見知らぬ男が少女を見守っている。 少女がちょっとウムチルハンし、両者の間に行き来する話はここではビジネス上の目的以外の意図がないことが発覚だが、このベッドシーン(!)は、何か状況が妙だ。 ベッドの布団の中に身をぜひ隠したまま、唐突に言い返している華奢な少女と、いろいろな種類の装飾で武装した丈夫な町の視線が窮屈な部屋でお互いを参照するときに、ここには、子供と大人、世間知らずの少女と専門的に上手に鍛えられた人の間のアンバランスの違いを一瞬無理に引っ張る緊張感がある。 いわば差が与える安堵感が割れる時がある。 ラブウィプガマッティに"病気の魅力なく見えても、キスでも一度かしたが、今は殴ってみたい"と言って、マッティが"今までそっちはまあいいと思ってるの"とウンスハルときに映画が、あるいは人物たちが、上記のその奇妙な緊張感を意図的に相殺するように見える。 しばらくして、二人の男の命令を聞かずにとうとう彼らの旅程に応じて出るマッティをラブウィプガ頃に低下させ殴る場面が出てくる。 ところが、女の子のお尻をむやみに殴って、鞭でふくらはぎをフィガルギヌン場面は結局、暴力的ではあったのに、不思議なことに滑稽であったり、不適切絶海見えるように撮られた。 そのような式の処罰は、열네살女の子よりはるかに幼い子供ドゥルエゲナ似合うことか、少女が決意を逆転させるほど脅威ではない。 一言で言えば、ラブウィプウイ行為は、しつけよりも、他の何かを代替する、どこか下品な行動のように見えるということだ。

ところが、このような微妙な意味を抱いたの状況と同じくらい重要なのは、それを受けて打つの女の子の対応である。 ラブウィプワウイ場面だけではなく、それこそ暴力的な瞬間、要するにルーススターとラブウィプガ追う一味が少女に乱暴ジュモクジルをして、フイボンドクゴリヌン剣を少女の首に突きつけて、足で顔をムンゲヌン場面たちで、その瞬間だけは、これが未成年の少女に加えられる暴力という事実についてどのような映画的な配慮がない。 そのくらいに扇情的で、他の映画であれば十分に不快ジャンミョンイルはずだが、少なくともこの映画では少し違った感じられる。 そのような場面がただジャンル的な防御でいてではなく、少女が人のカウボーイたちとの関係で一方的に消費される代わりに、自分に与えられたそのような選択を浴びて打って絶え間なく平等に相対どのシーン生み出すだろう。 そして、それを可能にするのは、彼女がこれ以上のカウボーイの父に頼ることなく、自らを守ることができる象徴的な父、つまり法の存在を知っているという点だ。 もちろん、法の父と呼ばれる物理的な存在よりも効果を発揮したのかを問われれば、yesおよびnoでもあるが、映画の中で法(の名)は、大人の男たちの世界に対応する少女の合計です。 しかし、表面的な武器、それ以上の意味を持つようではない。 むしろ少女と町の世界の間の力の均衡が維持されるのは、少女が男たちのムボプハン世界の法律でウンスハルテイギボダヌン、彼らの隠蔽されてムボプハン欲求を読んで、そこに多分少女という地位にふさわしくないようにうごめく自分の欲求を感知するように見える時だ。 未成年の少女が持つウェソルソン、(この言葉が変な場合)'幼い'と'女'の間の危うさから出てくる映画的機運の正体が音(阴)ではなく、量(阳)で、グムギナ罪の違反ではないどのような生成のヒムチョロム感じられるならば、そうだったのだろう。

そのような脈絡で、ルーススターとマッティの関係はただの父 - 娘の関係で主張するのは難しい。 一目見ても自由なハンリャンインこの男は、せいぜい子供にフィヅルリンダヌンラブウィプウイけんつくもものともせずに、なぜ少女をネチジできないだろうか。 単にお金のためではない。 それでは、かつては勇猛なカウボーイとして、娘のような子供への思いやり、だから、父親としての本能が刺激されたのだろうか。 一場面がある。 ルースデータとマティが情報を得るために訪れたあるインディアンの家庭ではおそらく、その家の子孫たちである二人の子供たちが柱に縛られた馬を虐待する様子を見る。 国からは馬を放し、子供の足で蹴ることは、仕事を終えて出てまた理由もなく子供たちを思いっきり蹴る。 サリ良識が強いマッティが、この姿を何の感情もなく、見守るのも変だけど、ルースデータの冷静で堅いの行動との両方のインディアンの子供たちが放つ不思議なオーラのため、そのまま見過ごしが容易ではない。 この場面を置いて映画の人種的な発言について話すか、またはルースデータのどのような気性の言うこともあるだろうが、それよりも、続いて出てくるシーンとの点で考えてみる必要があるようだ。 その家を離れて森の道を横出しながら男はずいぶん前、自分を去った、親子の情がない息子の存在について、冗談のように吐き出す。 いわば続く二つの場面は、彼がどのような場合でも、子供は、保護されなければならないと信じて義カウボーイ、父性を秘めた父ではなく、ただ本能に応じて、住んでいる人だということを示しています。 彼のマッティは、娘ではない。

多分...西部劇の最後の行為
これらのすべての旅程を経て、敵に銃を撃ったマッティが洞窟の中に落ちて蛇ムルリジャ国からは毒を吸って吐き出すのに、その姿でもっと官能的なクライマックスへの移行を期待するならば無理なのか。 男が精神を失っていくマッティの少女の分身のような言葉、リトルブラッキーにのせて走ってまた走るドラマチックな瞬間のインスピレーションを、あなたは必ず死んでいく娘を生かすためには、父の犠牲から始まったものだと、その父の形状が西部劇というジャンルの顕在的地位を示すためだとするのだろうか。 私は少し異なっている感じる。 奇妙に聞こえるかは分からないが、私はこの美しいシーケンスを見ながら、<より多くのブレイブ>は、結局、女の子とスェラクハンカウボーイの(不可能な)の愛の物語という信念に取りつかれている。 ブラッキーとラスター、そしてマッティが三位一体となってしたリズムで、ひたすら三つの呼吸だけに頼って弾ませクライマックスを動かすとき、映画が成したこの時の大変危険な深く、優雅にセンシュオルハン境地をセックスシーンではなく、他のその何で説明することができるだろうか。 映画全体では、このシーケンスが最もサドルを置き、人工的に形象化されたのは映画の美学的欲というよりは、これらのセックスが夢であり、幻想にしかないからだ。 この映画は、女の子の荒い荒野にスライドし、前後にわいせつ性のゲームを行った後に、何よりも、そのゲームの主体の席の女の子も着席した後、すぐにここで映画の基底に流れていた欲望を爆発させたのではないか。 二人の不可能な愛、いや、不可能なセックスは、前述の、このジャンルの生まれ的な不可能性の深淵を映画的な生成の力で形象化して向き合う、映画に残された最善の方法ではないだろうか。 それは、この映画は、ガンマンたちの虚しいスペクタクルを諦め的に見ないでも、西部劇として、自らの運命を意識しているのか知らない。 なんか悔恨よりギョルギラヌン言葉が似合う。 ルース跡が疲れて倒れた馬を殺し、マッティを抱いて、その夜を抜けるときに、絢爛に満開していた一瞬レバーはどこかに逃げる。 大人になったマッティの切られた片方の腕は、その不可能性ジンフイルものであり、そのところの体にドジョハン威厳が込められている。 その奇妙な夜、少女と男はどんな夢を見たのだろう。 結婚もせずに、もう性の機運が衰退した中年のマッティは、ルースデータの遺体をペンに改葬し、乾燥した口調で世間の水軍音を伝える。 しかし、その夜を過ぎた私たちは知っている、うわさは、時々言いようのない真実を触れる。 星が輝いていたその夜の幻覚のメロ、昔のカウボーイと幼い少女と充実の言葉がお互いを力いっぱいキョアンドン唯一無二の映画的なリズム、もしかしたら西部劇の最後の行為は、それは確かに英雄的だった。

文:ナムダは( 映画評論家 ) 2011.04.21
by kazem2 | 2011-04-24 21:47