ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[チウンの"最近の臨時の頭の中に入る考えだね"]

☆cine21.com
すべては無理解から来るのかも<最終回>
e0109292_2272178.jpg




世の中はまだ共感行かないことだらけ

開始は冷蔵庫だった。 私の冷蔵庫は、以前住んでいた人が使っていたものを安く譲り受けた中古品で、ゴトイこぎれいで長く使うと思っていたところ、ある日突然動作をしなくなった。 修理の運転手さんを呼​​んで聞いてみると人が寝たきりのようだとしても、完全に元気になる器は大変だとした。 私の手に入ってきたばかりの脾臓若者であると思っていた知ってみるととても長くイルヘオてくださったこと。 今回しても、いつ再び停止するか分からないから、修理費をかけずに新しいものを買うのがいいではないかと運転手さんが慎重にグォンハショトジマン私は頑なに拒否した。 '直せば使うことができるのに新しいものをなぜ買うか! する直立した気持ちが私を明るく言っていたからだ。 当時は言葉だ。

運転手さんの予言は正しいし、数ヶ月後、冷蔵庫は、最終的に再度停止した。 このような度にモーターを交換することもできないと私は仕方なく、冷蔵庫の購入のためのインターネットウィンドウを開いた。 私は一人で住んでいる住民だから適当な大きさの庶民の冷蔵庫を探そうと思って検索を開始するとすぐなんと、全世界は(少なくとも韓国は)両開き冷蔵庫の天地であった。 私が思うウィカン冷凍庫、アレカン冷蔵室、そのステートメントハンチャクシク付いた[ノーマルタイプ]冷却装置は市場での希少種だった。 衝撃だった。 私一人でヘモクゴ住む800リットルの冷蔵庫が何が必要だろうか。 贅沢にもこのような贅沢ではない。 しかも、その特有のクリスタル刺さったデザイン、ピンクの花柄、ハイグロシ工法がますます私の心の壁を高めた。 このような過剰消費と大量消費を助長するような社会だから、私は怒りのマウスの質をした。

しかし、現代社会のほとんどの製品がその価格に合ったそれなりの価値を持っているという事実は、少しだけその世界を掘り下げてみると分かることができる。 その価値を打ってくれるかしまうかに個人差があるだけだ。 車が動けばいいと言う人は、スーパーカーの価値を知らないし、袋に物が入りさえすればよいという人は、ワニのバックの価値を知らずに、冷蔵庫が冷たいとされる人は、両開き冷蔵庫の価値を知らずに...。

冷蔵庫の検索順序分かるようになったの消費のファングムルル
私はどちらかというと、完全に知らない人だった。 上記の二つの価値は今もよく分からないが(ファヴォリータばわかるかな)最後のものの価値を私は30分の検索の後によく分かるようになった。 韓国の両開き冷蔵庫は、一般型に比べてはるかに優れかつ合理的な、実にすばらしいものだった(既に洗脳が終わった状態なので信憑性に問題があることをあらかじめ警告)。 世界最高容量の大きい収蔵可能量、リニアモーターカーに書かれている技術を適用した10年保証のモーター、膨大な電力を削減し、最終的にこのような技術を持つ両開きが一般型との価格差がどの位かということ。 ああ、買わマンハニように作成し、それぞれだったしそういう風に作っておいたので、また買われていたよという消費のファングムルル(またはチェトバクウィ)で、『理由のない消費』とは、結局ないのだ。 それで、両開き冷蔵庫を買っている人々の心理』を理解するようになり、私はまた、狭くて裂けた自分の心と共感の幅を少し広げた。 私は、密かに告発していた多数の新居よ、この席で、反省しています。

しかし、スーパーカーやワニバックへの欲求のような世界はまだ共感で行くゴトツソンイ。 ある日、友人に衝撃的な話を聞いた。 卒業生の結婚式に行った友人は、忙しいと釘来、彼のガールフレンドが来て、学友とハハホホしていったという話。 友人は、思わず一話でしたが、私は、異国の慣習の話を聞いたように飛び上がるほど驚いた。 いや私は私の知っている人の結婚式に行くのも大変だが、恋人の友人の結婚式にどのように最愛の人で行くことができない。(関係が少し複雑になりますがご了承お願いします)全く共感できない私を見て友人がむしろもっとパニックに陥った。 そうだ。 私は『恋人の友人の恋人と親しくなるには心理』を知らずに住んでいる人である。 このようなことをたくさん知れば知るほど、世界がより一層多彩れ、幸せを感じることができるのジャンルにも(?)増えているはずなのに、私の頭と心にリミットがかかっていることは決して簡単ではない。

恋人の友人の恋人と親しくなる心理
自分の恋愛を振り返っていた。 私にはこのような出会いや縁がなかったのか。 そういえば男友達の友達はどこまでも彼の友人をかけず私とはあまり関係ないということを考えて住んでいた。 もちろん、僕の友達も彼に同じ。 そこで友人たちに会いに行くとすると、「オイクよく遊んで来てください」と私なりに楽しく遊んで、「友達がお前見てんだって」といえば、やっと『私の男の友人が彼の友達の間でどのような感じなのか気になるから『スパイしに飲み会に出席した。 そして、そのような席では残念ながら楽しさがあまりなかった。 『自分』ではなく『誰かの女友達』という名札をつけているような感じだったからだ。 そこではあまりにも「パハハ!」 して、笑っても駄目みたいだし、あまりにも話に深く割り込んでもならないようで、話の流れがネチョクウロてきても駄目みたいだし、ただ適当に笑って、受けて打って、ジュオクゴリギマンする必要があるようだ(もちろん、私一人でオボハンかけることもていますが)。 このように最愛の人の友人たちと親しくなることがなかった私がどうして一橋の向こうに彼らのガールフレンドまで親しくなることができるだろうか。 クトパン王は、時々、会議の準備ができていた『ガールフレンドのコーナー』(女友達同士で集まっているテーブル)だったが、再度振り返ってみても唇が密接に乾くの思い出である。 私はこのような方も合わず、と思ってしまえば便利なのですが、多分私は何かを逃しているのかもしれないのでカモそんなことはできない。 『私は違う』という考えは、もしかしたらただの無理解から来るのかもしれないので。

その数ヶ月が経って、知っている弟との約束をつかむが、ふとわかった。 黙って見てみよう、イェドあえて出身成分を計算しようとする場合は、知人の女友達に始めた子供なのに、今は二人に会うのがずっと楽なの間にされていないのか。 ソグルソグルハゴ'パハハ! 笑って自分の仕事を熱心にして率直で気さくなA嬢と親しくされない理由がなかった。 『女友達』で出会ったその時点でぎこちなかったの開始点は忘れたて久しい。 考えてみれば単独での結婚式に出席していた方も、そのテーブルの人々がどうして始めたのかは重要ではない、かなり良好な友人関係が既にされているかもしれない。 水の上にふわりとトダニドゥトこの人はその人のすれ違いながら作られる流れがいつの間にかと切断された昔の友達よりも仲がいいご縁を生むこともあり、私は海岸線に停泊して、『女友達』という重いおもりを下って狙って見るだけだったようだ。 そして、相手をそのようにまとめてしまったのも私だった。 いつもそうだったように。

両開き冷蔵庫と女友達のミッションは解決したのかもしれないけど、やはりスーパーカーやワニ百科家の一軒の価格の時計と英語の幼稚園には、後になっても理解できないようだ。 そうきっぱり言えば必ずあとで逆転することになるのが人生だと逆に怖いけどね(その場合はワニのバッグは、事前に理解しておこうか?)。 10年後、私はこの言葉を裏返し、そのいずれかを実践している場合は、責任...はしないで、懸命に住んでいて富を蓄積したんだし、拍手をしてください。 もちろん、冗談です。

文:チウン( ミュージシャン ) 2011.04.22


イラスト:ガンボナ

ほんとに面白くて楽しい人です^^
by kazem2 | 2011-04-23 22:07