ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キム・ヘリの映画の日記]そもそもなぜ、どんな使命感で?

☆cine21.com
e0109292_21441193.jpg

<アンチクライストチャーチ>の『彼女』(She)は、草原の緑にしみる。
トラックの荷台に載って木の箱の茶色の中にロックされてドゥルオガドン<ドグビル>のグレースのように消えがっている。






※<不合理なエイリアン:ポール>のネタバレがあります。

4月1日
エイプリルフールにとても似合う映画を口笛吹いて見に行った。 <不合理なエイリアン:ポール>(以下<ポール>)のポールは、地球転入いつのまにか60年目での遺民の生活にも貫禄がついて半ズボンにリュックサック担いでヒッチハイクをする外国人である。 彼が保有する超能力は、ETのそれと斜めに似ている(映画は、ポールが1981年の頃、スピルバーグ監督のシナリオの諮問に働いたと主張している)。 イギリスグラハム(ニックフロスト)とクライブ(サイモンペグ)は、コミクコン(サンディエゴで開かれるSF会兼オタク復興会議)に来たついでに、アメリカ中西部の宇宙人遺跡巡礼に出たがポールとの接近遭遇する。 興味深いことに、なんとプロのSF作家の二人が外国人に会ったのに、あまりの喝采シャクヤクしないのだ。 彼らは一応困惑し、さらにいくつかのトルトルムヘ見えるまでにする。 SFオカルトのジャンルのファンダムに三十行以上にわたって軍が出るように留まったこの人たちは多分、"私達は私達で飾られた世界でよく遊んできたが..."という투로、いきなり実際の宇宙人の出現を厄介な性的虐待と感じたかもしれないことだ。 そういえば、宇宙から来た友達に会って、実際の生活の地軸が揺れるの経験をした<ET>のエリオットが現実の少年の方は育っても、外国人の扮装をしてコミクコン行事に参加することはなかったようだ。

ジャンルマニアたちに向かって"私は君たちの、お前達のためのヨウンファヤ!"と終始叫んでいるが、<ポール>は、21世紀のSFファンタジーのファンを曲げてとるほどのパロディが奇抜されることもコメディーが斬新でもない。 とにかく今は、プラモデル組立するのに、地球征服をドゥンハンシハヌンケロロ軍曹まで知っている。 加えるには不満。 どたん場のカメオ出演するシガニーウィーバーは、<エイリアン>の記念碑的なオーラがあまりにも頻繁なパロディで激安処分している印象だ。

4月2日
春服を買いに出かけたヤンマルマン買って帰ってきた。 <ポール>で、敬虔なキリスト教徒ルース(コスチンウィッグ)は、イエスキリストが、進化論ダーウィンを一発で吹き飛ばす映像が胸元に刻まれたTシャツを着て登場する。 <世界のすべての季節>のアルコール中毒者健着た'考えることはあまり、お酒はより多くの'(Less Thinking More Drinking)のスローガンがプリントされたTシャツ、そして(たぶん)<クローバーフィールド>のパーティーシーンにちらりと通り過ぎる'アメ食べろヨガ'(Fuck Yoga)上と見た映画の中の3大Tシャツの絵柄に挙げるに値する。

一つ二つ飛んでくる夏の映画の予告編についてのメモ。 1)<がきスマーフ>:そもそもなぜ、どのような使命感で、私たちは、居心地の良い2D村で和気あいあいと暮らしているこの小さな隣人たちを黙って放っておくことができずに面倒な3次元のマンハッタンに引き出して頻繁に肌の色を言及される『グエムル』を作りたいするのか? 映画を見るまでは、その旨を計り知れないほどの思いも出ない。 2)<パイレーツオブカリビアン:見知らぬ鳥>:黙って、この映画はいつからこんなにジャックスパロウ(ジョニーデップ)の船長の1人芝居になったの? 発足当時には確かにアンサンブルドラマだったようだ。 復習、復習が必要です! 3)<怒りの疾走:アンリミテッド>:ビキニの女のショットと、自動車の衝突ショトウイ交差の編集だけで構成される純粋の結晶体。

4月3日
ケーブルチャンネルで<X - MEN:ウルヴァリン>より。 ヒーローは悪人のために存在して、悪人は英雄の言い訳のみ存在すれば、それは壊れやすい映画の兆候であると考えてもいい。 親は子のために死ぬこともできず生きると言って、子は親の期待を満足させるために、住んでいる現象だけに、現実の世界に害を及ぼすことはありませんが、退屈するのは同じだ。 もう一つ。 シリーズ物の中で、興味深い人物かをジプオネ裏話を繰り広げるスピンオフ企画は、安全そうに見えますが、大きなリスクを抱えている。 不始末に作成され、人物に奥行きを与えるどころか、"せいぜいそれだったの? いっそマルハジルどうか"という反応を呼ぶ場合には、あいまいなように、魅力的だったキャラクターの謎をマルサルヘ本編フランチャイズの保有資産までかじを食べることができるからだ。

4月4日
M. ナイトシャマルラン監督がウィルスミスの金持ちと映画を撮るというニュースを読んでフンツンハンツン網を歩き回っ<タイム>の評論家のリチャードコリアー氏がシャマルランの<ラストエアベンダー>に出演するチャンスを逃した俳優たちを指して(パラフレーズしようとすると)埠頭に認識着いてタイタニック号に乗船していない幸運な乗客に見立てたきつい文章を読んでいる。 そうなのかと、あるネチズンは、問題の次回作のニュースに"私ならシャマルランにトイレのディレクションもご案内を受けていないのに"と呼ばれる干渉を飛ばした。 映画監督が他のジャンルの芸術家に比べて長く住んでいるのにはすべて理由がある。

朝のニュース番組のPDが主人公の<グッドモーニングエブリワン>は、ロマンチックコメディだ。 ただし、主人公の恋愛相手が人ではなく、ジクオプイルだけだ。 ですが、このロマンスは、中身が空いていて特異である。 ベッキー(レイチェルメクエドムス)は、成功することを熱望して、それなりの資格があるほど、誠実だが、何を - どのような放送を - 追求し、どのような方式の成功を望むのかの問題は、括弧で残っている。 彼女はただの成功を願う。 この点が似ている素材を扱った80年代の映画<ブロードキャストニュース>との決定的な違いだ。 もちろん<ブロードキャストニュース>は、京城のニュースと延性のニュースが競争を繰り広げた時代の産物であった<グッドモーニングエブリワン>は後者が既に勝利した時代の話なので、自然な結果だ。 順応を描くという悪い映画というのは理屈に合わないことである。 ちょうどそこには微量の皮肉が含まれている必要が面白い。

<疑い>と<逃亡者>のハリソンフォードの演技を好む。 さらに、彼はインディジョーンズで一のソロで、<ブレードランナー>のデコドゥダ。 つまり、一人が映画史に残すことができるの分け前の貢献をジンジュク終えたという意味だ。 しかし、最近10年間の私は、フォードが、本当に素晴らしい役者なのか不遜な疑問をこっそりとプムゴンする。 <グッドモーニングエブリワン>からベテランアンカー上部に扮した彼は一つの表現に一貫するために、その単調さがスティーブンセガールに劣らない。

4月5日
ラースフォンツリーに監督の<アンチクライストチャーチ>を見てひとしきりプダクゴリを行ったような気分だ。 権力を持つ校正者と依存している患者は、加害者と犠牲者の座を徐々に切り替えて漸増法で痛みのカーニバルを繰り広げる主人公夫婦(シャーロットゲンスブールとウィルレムデフォー)は、自傷行為の監督の両方の分身のように見える。 この映画について話すためには、私自身も二つに分けてしなければならないようだ。 そう考えている私も、映画が初公開された2009年のカンヌ映画祭で殺人犯に質問するかのように参入できるの記者たちも、みんな善良な観客である。 正確に監督の意図したとおりに反応しているのだから。 彼は騒音を出さない映画、誰も不愉快に作成されていない映画を軽蔑する作家だ。 いつか彼は他のまともな監督に一喝した。 "自分の作品と結婚でもするつもりなのか?"<アンチクライストチャーチ>の試写会に行ってきたというのだから、一Twitterワンウォーはこの映画を見て恋人との口論である胃痙攣で底をグルロトドン記憶を伝えてきて、釜山の腕にウォーは、<キングダム>深夜上映後グィガトギルエソヤクルトおばさんを見て驚きのあまり座り込んで泣きを入れたの思い出を聞かせてくれた。 映画ファンなら誰でもラスフォンツリーの映画がらみの美談一つはあるんじゃないか? そうでしょう? (次へ続く)

文: キムヘリ 2011.04.22
by kazem2 | 2011-04-23 21:41