ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ダヒェリの最近何読む?]ある都市での出来事

☆cine21.com
e0109292_2221821.jpg

             <長崎>エリックパイ著/ 21世紀ブックス社発行




家に誰かいるようだ。 いつからか冷蔵庫の中の食べ物を少しずつ減っている。 残りのジュースの量を計る。 8cmが残っている。 朝に出かけるときは15cmだったが...。 誰かが飲んだ。 ところで、私は一人で住んでいる。 いつかは魚がまんまと消えたこともあった。 「いつもあなたと一緒にいる」という名前の冷蔵庫の会社の宣伝文句は不吉な前兆に感じられる。 <長崎>は、このような不安を感じる一人の男の視線から出発する。 結局、人は、ウェブカメラを設置し、会社から家を守るために、しばらくして、台所を撮影するウェブカメラの少女が撮られる。 彼は警察署に電話をかけて家に行ってくれと言う。 56歳彼と同様の年齢であるような女性を見て、彼はオオカミが自分をジョムチクオトダヌンこと知らないまま立っている森の空き地の鹿を思い浮かべる。 以内に少し後悔な気がする。 逃げようと女性に知らせてくれと思う。 彼女は彼に害もおびただしいの盗難をされることもないから。 しかし、警察が到着し、女性は障子の戸棚の中に隠れていて発見される。
58歳の攻撃者は長い間、失業者として過ごして偶然彼がドアをロックされていない光景を見て家に入って来て住んでいた。 たまに他の家に隠れて入ることもあったが、主にとどまった空間は彼の家だった。 一年がそのように過ぎた。

<長崎>は、実話を基にしている。 チェクモリエヌンこの小説が2008年5月<朝日新聞>をはじめ、日本の複数の新聞に載った社会面の記事をもとに、としたと記されている。 一年の間他人の家にスムオサン人の物語。 しかし、私たちは、こんな話を既に知っている。 『怖い話』が好きな人なら、何度も話をして、また聞いたことがある日本産(产)都市怪談。 一人の女性先輩の家にお酒を飲んだ人の後輩が訪ねて行った。 床にでもいいから寝かせて月といっていた後輩は席に横になるかと思ったら、むっくり起きてコンビニにラーメンを食べにガジャミョ女性先輩を引き出しているように、家の外に連れて出てきた。 そして、知り合いになった事実。 ベッドの下の一人の男がうずくまって隠れていた。 野宿をしていた男が隠れ潜んで、女性は知らない同居生活をしていた。

興味深い点は、<長崎>を書いた人は、エリックパイというフランスの作家ということだ。 彼にこの話は都市伝説よりは都市の疎外という問題に迫ってきた。 "危機"が人々をもう少し一人で作った。 会話もなく登場する『私たち』という言葉が、まだどのような意味を持っているか? その『私たち』は、死んで行っている。 それぞれの'私'は、火の周りに集まるのではなく、かけ離れてお互いをスパイする。 それぞれ近隣のよりよくかきわけて出ているとミトヌンデ、多分また、人間の終末なのかもしれない"<長崎>の後半は、侵入者の女性の話を聞かせてくれる。 この点に達すると、今度は『マクドナルドのおばあちゃん』の物語は、あなたの頭の中に浮上するかもしれない。 今私たちが住んでいる都市では、恐ろしさも寂しさも、貧しさだけに衝撃的ではない。

文: イ・ダヘ  2011.04.21
by kazem2 | 2011-04-22 22:03 | Comments(0)