ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[展示]生の率直な美しさとは

☆cine21.com
<ユルゲンテラー個展:Touch me>
e0109292_2230162.jpg

ユルゲンテラー <Victoria Beckhamgt> Marc Jacobs Campaign SS08




7月31日まで/大林美術館/ 02-720-0667
ファッション写真家ユルゲンテラーに一緒に会場に入場するセレブを選んでというのなら、選択は自明だ。 彼はきらびやかで大変美しい若者のファッションモデルではなく、シャーロットレムプルリン、ローラダンのような円熟して理性的な俳優と入場するのだ。

ユルゲンテラーは、そのような写真作家だ。 物事の焦点を吹き飛ばすほど荒く、フラッシュを噴き出して、女性の外部の胸を写真に収める。 被写体を美しく修正してくれる『Photoshopレタッチ』のテクニックなんかは口にもしない。 ただ、「元の美しさ」を写真に収めて囲い込みたいだけだ。 "ほとんどのファッション写真は、ゲイの人が思っている女性のセクシーさを盛る。 ところが、このような写真は、さらにストレートの人にも全然セクシーではない。 彼女たちはあまり修正され、過度に華やかだ。 そこにはどのような人間的な姿も残っていない。 さて、あなたも、人形と寝てはしたくないのではないか。"ユルゲンテラーの写真を見ると、彼の大言壮語が非常に間違っている言葉はないということを悟るようになる。 いろいろな種類の盾消えたテラーの写真で、人々の生の率直な美しさを強力に発散する。 テラーと長く作業したファッション雑誌<W>のクリエイティブディレクターのデニスフリードマン氏は、"ユルゲンテラーの作品には、サミュエルベケットが納まっている"と述べたが、余白とのねじれの美しさがベケットの美学という点を考慮すれば、それは非常に適切な比喩だ。

<Touch me>は、フランスのディジョンの美術館コンソシウムグァウイコラボレーションで開かれるジョンシダ。 テラーは、過去10年間で撮影してきたファッションブランドのマークジェイコブスのキャンペーンと一緒に、デビッドホクニ、ロニーホーンなどの有名なアーティストと一緒に作業した<portrait>シリーズが紹介される。 マークジェイコブスバッグに足をぱっと開けて入って座ったビクトリアベッカムの写真を見ていれば、その撮影の過程がジムジャクドェ笑いを堪えることができないこともできる。 しかし、どうしますか。 ハイヒールにブランドの服を着たビクトリアよりもカバンの中にうずくまって座った彼女がより美しく見えること。

文: ジャン・ヨウンヨプ 2011.04.21
by kazem2 | 2011-04-21 22:30