ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[キム・ヨンジンのインディラマ]映画「獣の終わり」

☆cine21.com
君のスタイルを殺してはならない
e0109292_21584268.jpg

中編<兄と妹の家>と似ているが 弱くなったチョ・ソンヒの初の長編<獣の終わり>




一年前の床から中編<兄と妹の家>を評しチョ・ソンヒの初長編映画<獣の終わり>への期待が映ったことがある。 ついに公開された<獣の終わり>は、<兄と妹の家>の拡張版と言える。 どのようなファンユも縛られない黙示録だが、これは<兄と妹の家>もすでにマトブワトドンチョソンヒの傾向である。 ひとつのセットに制限された<兄と妹の家>の背景に比べて<獣の終わり>は、田舎と呼ばれる特定の領域にやや広くなり、多くの事件が屋外で繰り​​広げられるという点を勘案しても、長編映画に合ったエネルギーが期待ほどにも満たない。 最初から最後まで閉所恐怖症を感じていた<兄と妹の家>のテンポ感がこの映画には感じられない。 一つの奇妙な話が頓珍漢な形で垂れているという印象だけを与える。

なぜそうなっただろうか。 ジナチリほど率直に書いたチョ・ソンヒの製作レビューが<不埒なカメラの場合は、>という本に載っている。 編集で整えることができると考え、どのシーン多めに撮っておくという考えがテンポの感覚をなくしたこと、カメラの外の状況に過度に神経を使いながら製作条件に依存して適当なもの、主演女優の演技を機械的にトンソルハンことなどをチョ・ソンヒは、加減なく、自責している。 そんなこともある。 シナリオを読んだときはそういないのに、完成した映画は、長編の分量を果たすことができず、いくつかのあえぐような印象を与える。 予期せぬ状況の連続で、絶対者のような人でさえも怪物に映る映画の中の状態の原初的な恐怖感がたくさんヌグロジョている。

不条理なストーリーは、より多くの不条理に撮った場合は、
<獣の終わり>は、母がいる故郷に下り妊婦スニョンが乗ったタクシーに正体不明の帽子の男が搭乗することから始めます。 男はタクシー運転手とスニョンの過去の歴史と性格を鬼のようにアルアマトひところですぐに電気が出て世の中が地獄になると予測する。 彼の言葉どおり、電気が出た後、スニョンがタクシーで目を覚ますと誰もいない。 タクシーが停止した場所からそう遠くない、休憩所に行こうとスニョンに野球帽をかぶった男が無線機で連絡をしてくる。 彼はその場に立ちすくんではなく、ありだと忠告するがスニョンは、道を出て、人に会うたびに、奇妙なことを経験しながら次第によりひどい状態を経る。 どのような理由で妊娠したのかは分からないがスニョンは、大人じゃないように過度に純粋な女性で、映画の序盤、彼女は予想外の不当なものにお手上げクルリョダニはキャラクターだ。 周辺の人物たちは確実に悪人とも言えるが、自己の利害関係によって、予期しない怪物性を現わしてスニョンを危機に落とす。 クリステンの内面にそのようなことがあったかと思うようにスニョンも少しずつ変わっている。 簡潔に言えば、彼女も怪物性を露出する。 さらに、絶対的な神のように、このすべての状況を管理する野球帽をかぶった男の人も、意図しない強情ことスニョンに行なっているように見える。

これらのすべての状況を論理的に説明することはもちろん、つまらない仕業だ。 監督がどのように意識していたかはわからないが、彼はこの不条理なストーリーをより不条理に撮ったもよかったのだ。 予想よりもせぬ完成度を見ながら、個人的には惜しかったのは、もしかしたらこの4次元的な性向の監督が映画学校の卒業作品を作るには外的な状況に自分を過度に合わせて、無意識のうちに検閲をしたのではないか、と心配だった。 そうだったら残念な事に違いない。 この映画の中で試行されていない場合は、彼が次回作を撮ることで知られている出版社では、このような危険が不可能であるからだ。 当初の原案から、この映画は、『いったいこれはどういうイェギニャ?』という問いから自由にする必要があった。 または強引に論理をクウェマトチュドラド、いざ映画を撮影する段階では、より多くのマクナガもよかったのだ。

チョ・ソンヒの利点は、彼が意識したものか、それ以外のアンゴンの間に、自分が意識的に支配する作品について、仕方なくシステムを崩すリエージュされている、すなわち、作品自体が創作者の意識体系を脱してわがままクリョジル可能性が大きいの想像力をもっている監督に見えるというのだ。 みんな均質化されたことを想像してなめらかな話に向かって仕事にまい進することを当然視されているこの時に、映画学校の学生として、彼が最後に作った作品が当初の原始的なエネルギーを存分に発散することができない小心な形で現れた。 チョ・ソンヒは、どのような機構と起源を持っていない作品を作ることができる気質の持ち主だ。 奇形的な作品は、全部解読不能だと峠漕ぐの作品で、彼のエネルギーを果たすチャンスが少し萎縮してしまったのだ。

人物たちの怪物性のエネルギーはすごい
そうだとしても、現在の<獣の終わり>完成本の長所がないわけではない。 パク・ヘイルが演じる野球帽を被った人をはじめ、登場人物たちが見せてくれる定義することができないモンスター性のエネルギーは重要な客席を​​巻いて回る。 論理的に受け付けることができない敵がペンベハン世界での自己生き残らなければならない正当な理由を持って映画の中のすべての登場人物たちは、意図しない加害を与え、被害に遭う。 決まったサイクルで短い時間の間に繰り返されるこの善意と悪意の交差重ねは、<獣の終わり>というタイトルの『獣』の実体が何なのか、情緒的に実感するようにしてくれる。 さらに呆れたことは十分に合理的な状況を解決できるように示されている野球帽の男が誠実に好ましい行動のビノンリソンイダ。 彼は救うことができるが、救援してくれないことができない。 長年にわたり、宗教的な話題として、人類がプムオオン問題を簡単にあざ笑いでもするように、この映画で、彼が噴出頓珍漢超越した場所の勢いは、見る人をジュヌクドゥルゲするほどすごい。 パク・ヘイルから取り出すことができるヌムルヌムルハンチョウォルソン、善良そうに見えるが、そっと顔だけ変えてもあって気になる恐ろしい人物のように見えるの人格がまともな人物に投影された。

にもかかわらず、依然として潜在的な状態に表れるのが残念ですが、以上の話されていたものをいくつかのカテゴリにまとめて説明しようとするものにチョ・ソンヒの映画が抵抗する続持ったというのが前述したように、<獣の終わり>の真の魅力である。 誰かが今起こっている世界の状況を明瞭な言語で説明してくれるしても、個別的な自己の欲求がさまざまな方向から衝突し、予想できないカオスを作り出す光景は、<獣の終わり>から放射状に広く広がる。 一直線にまっすぐ伸びていくのではなく、歩いてみると、再出発した地点に戻り、より悪い状態で再出発する必要がある、使いきった終わりを迎えるの破局の心理を、この映画は意味の括弧を打って描写している。 不当な人々、不審な空気に囲ま包まれているが、一体どこで間違ったのかすら推しはかることができない。 そもそもこのすべての状況を提供するように見える絶対者のような人も結局答えてくれない。 状況がよくないことだし主人公スニョンは、非常に日常的な希望なの裾に情報が表示機にもむざむざとされていない結末を迎える。

同時代の社会ではだれでもそうものすごい想像をしているのは気持ちのいいことだ。 映画というメディアの宿命のように、この特異体質の監督が、将来にも自分のポムデロ生きて行くかどうかは知ることができない。 不吉なことに<獣の終わり>は、とにかく初の長編を作った監督が周囲の状況にはさみ押された跡がどうしようもなく敷かれている。 ジュジェノムゲ忠告場合は、この監督は、すべての境界が明確なストーリーで、逸脱の強度を高める上で進んで、そうでなければ大変でも全然別の種類のシステムを自ら抑制し、目指すことができる上に進んでも明瞭な選択をしなければならないものと見られる。 映画は、ストーリーの因果関係に基づいて、画面の因果関係を合わせることで主流の型が設計されている。 <兄と妹の家>で、比較的満開しており、<獣の終わり>からの可能性に止まったチョ・ソンヒのスタイルは、その因果関係を意識し、放射状に広がる拡張性の一意性を持っている。 ややもするとナンサプになりがちなのに、それがナンサプハムイルだけでなく、豊かなマーカーとなる可能性がチョソンヒの世界は耐えている。 世間で言うよく作った映画の中でその可能性が発現されるか、または予期しない形で、その可能性が爆発するかどうかはまだ見守るしかない。 ただチョソンヒの自分の世界がずっと維持されることをグァンジョンジャの立場から望むだけだ。

文:キム・ヨンジン 2011.04.21
by kazem2 | 2011-04-21 21:58 | Comments(0)