ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画 「世界で最も美しい別れ」レビュー

☆cine21.com
淡々と死に対抗する母という存在
e0109292_20134954.jpg




1996年冬、MBC単幕劇<世の中で最も美しい離別>が放送された。 暗線高で死を控えたナ・ムニの切なる演技を適う方法はなかった。 視聴率出てこないことで有名なノ・ヒギョン作家が当時‘第2のキム・スヒョン’という呼称で有名になるほどこのドラマが持った波紋(波長)は途方もなかった。 ノ・ヒギョン作家の容易でない人生のセリフらが‘母の死’というアキレス腱と交わって、世の中で最も悲しいドラマが演出された結果であった。

ミン・キュドン監督はノ・ヒギョン作家が与えた感動のパイをスクリーンにまた呼び起こそうとする。 家族ら扶養に忙しい平凡な中年の主婦インヒ(ペ・ジョンオク)を中心にした家族の話が繰り広げられる。 痴呆かかった姑(キム・ジヨン)といつも疲労を付けて生きるサラリーマン医師の夫(キム・ガプス),妻帯者と愛に陥った長女(ハッカでは),ガールフレンドが前夫人分別がない末の息子(リュ・ドクァン)が彼女が保管しなければならない止められない家族らだ。 唯一の弟クンシク(ユ・ジュンサン)も助けがなれないことは同じだ。 賭博に陥ったクンシクは毎日妻(ソ・ヨンヒ)とどうのこうのしながらインヒを疲れさす。 日常のスケッチはここまで。 頻尿症が文句(問題)だと思ったインヒが暗線高を受けながら、これら家族の日常は180度変わる。 淡々と死を準備するインヒとともに家族らも痛みの中にそれだけ成長して行く。

ドラマが出てきて15年も過ぎて幸いなのかも分からない。 その間演劇と本で原作に会ってきたが大衆に刻印された原作の残響を振り切るのはそんなに容易ではなく見える。 当初ノ・ヒギョン作家のドラマを背に負って行くほかはない危険数が多分存在する試みであった。 死を基点に駆け上がる感情の高調、起承転結はすでに決まった戦う。 映画は原作の古典的なママ、主婦の姿を脱離しようとする試みで映画の中夫婦(ペ・ジョンオク-キム・ガプス)の年齢をドラマの中夫婦(ナ・ムニ-チュ・ヒョン)より低くした。 結果的に人物設定が家族の軽快な日常を演出するのに一助となった。 ややもすると重くなることができる人物らをユーモラスに捕らえることによって映画は似たジャンルの映画が過度に感情を引っ張っていく右を脱離することができた(この過程でユ・ジュンサン-ソ・ヨンヒ カップルの体の小競合いが特に抜群だ). むやみに感情を追い詰めないにも映画は絶えず頭がずきずきするほど涙腺を刺激する。 ミン・キュドン監督の前作があたえる都会的な視線らが時々角張るように飛び出してくるけれども、映画が意図した感動指数と興行の可能性には意見を提起するのが難しい作品だ。

文:イ・ファジョン

e0109292_20221414.jpg

記者試写会には参加した俳優とスタッフたちにいつも緊張されている場所だ。
長い間念を入れて作った映画が世の中に顔を見せる瞬間だ。 試写が終わるとすぐに開かれる記者懇談会は、重要な行事だ。 この日の風景との会話が、インターネットをヌビゲになるだろうからだ。 4月13日、メガボックスCOEXで開かれた記者懇談会直前に、<世界で最も美しい別れ>の俳優やスタッフたちが不安な目つきを見せたのもそのためイオトウリラ。
これで、映画の製作だけに熾烈なPR作業が始まったのだ。
by kazem2 | 2011-04-20 20:13 | Comments(0)