ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[Cinepedia] 映画「危険な挨拶」

☆cine21.com
ダホンの父のように片目を失明してからも軍隊に行くことができますか
e0109292_19494766.jpg




<危険な挨拶>のダホンが父のように片目を失明してからも軍隊に行くことができますか?

野球と軍隊は、ダホンの父(ペク・ユンシク)が全羅道のトラウマを持つようになったギェギダ。 高校野球選手時代、全羅道投手が投げた球に迎え、片目を失明しており、軍服務時代には、全羅道の古参に厳しいガルグムを受けた。 果たして、この両方の事情を一人で苦しむのができるだろうか? 2010年2月17日に発表された国防部令第702号徴兵身体検査会社など規則 - [眼科]の項目によると、両方の目を失明した検査対象者の身体の水まきはピョンシナ展示会でも6級(免除)で、片眼の場合は、5級(第2国民役)である。 もちろん、ダホンの父が軍生活をした60年代には事情が異なる可能性がある。
<危険な挨拶>の、キム・ジンヨン監督は“ずっと気まずかった部分を今や話できることになった”として“次第その時期の軍入隊ケースに対して調べてみた後出てきた設定”と話した。 “その時はからだに問題があっても軍隊に行きたくて志願する場合が多かった。 軍服務時期深紅がお父さんが眼鏡をかけているのに、そのように視力を補正して軍隊に志願したという設定だった。”だが、彼がなぜ軍入隊を志願したのかは映画には出てこない

文: ガン・ビョンジン 2011.04.20
by kazem2 | 2011-04-20 19:49