ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[追悼]半世紀、あなたの話に興奮しました

☆cine21.com
<12人の怒っている人々>から<悪魔があなたの死を知る前に>までに
シドニー・ルメット追慕して
e0109292_205322100.jpg




彼は結局、ただの一度もアカデミー監督賞を受けることができなかった。 たった一本の映画で映画史に消えない足跡を残して巨匠の隊列に入る人もいるが、少なくともシドニー・ルメットではない。 33歳<12人の怒っている人々>(1957)で派手にデビューして以来25編に及ぶ作品を残したが、100台の映画に選ばれたのは、アメリカ映画協会(AFI)が選定した<ネットワーク>(1976)程度に過ぎない。 それにもかかわらず、シドニー・ルメット巨匠の称号が似合う監督も珍しいだろう。 なんと4回も監督賞候補に挙がったが、いつも苦杯を与えたアカデミーが2005年に彼にプレゼントした生涯功労賞が本当に輝いた理由は、それが81歳の映画界の元老に形式的に捧げる色あせた栄光がなかったからだ。 ちょうど2年後シドニー・ルメット恐ろしい完成度で、米国の悲劇を捕捉ていた<悪魔があなたの死を知る前に>(2007)を披露する。 デビューから最後の作品となったこの映画まで、なんと50年の歳月を下げて、さびない鋭い感覚としながら負けない情熱を誇示していた『生涯現役』シドニー・ルメット去る4月9日、ニューヨークマンハッタンの自宅でリンパ腫に私達のそばを去った。 享年八十六。 常に現在進行形だったのは彼の映画人生を停止することができるのは、歳月もの時代でもなく、ただ死だけだった。

変わらない'時代の良心'

1924年にフィラデルフィアで生まれ、ニューヨークで育ったシドニー・ルメットはユダヤ人の演劇俳優だった両親の影響で4歳の頃からニューヨークのアダ市の劇場所属の子役俳優として演技の経験を積む。 加えて、子供の頃ちょうど普及し始めたテレビの生中継を見て育った彼は、これらの経験をもとに1950年<CBS>に採用され、なんと500本以上のTVドラマを演出する。 演劇で鍛えられた演技経験と放送の現場で体得したジャーナリズム特有の現場性は、その後の彼の映画の仕事の基盤となる。 1957年に俳優のヘンリーフォンダの強力な要請でデビューした<12人の怒っている人々>がアカデミー監督賞候補に上がって一躍注目される監督になったシドニー・ルメットその後も着実にニューヨークを中心に活動し、知的ながらも旺盛な活動を誇る監督として注目される。 。 彼はドラマ、コメディ、ロマンス、スリラー、ミュージカルなど、ジャンルを選ばない様々なスペクトルの作品を消化した監督として有名だが、実は彼の臓器は、社会性の濃い映画たちで、主に発揮される。 デビュー作を皮切りに、<熱い午後>(1975)、<ネットワーク>、<審判>(1983)など4編の作品がアカデミー監督賞候補に上がるが敏感な政治的問題を常に果敢に対処する社会の批判的傾向のためかいつも苦杯を飲むたりもした。 しかし、むしろそのような理由により、変わらない「時代の良心」としてハリウッドで最も尊敬される監督の一人でもある。

巨匠と呼ばれる監督たちは、通常、長い時間映画の仕事をしても、最も光沢がある、あるいは時代を代表する時期があるものだ。 ある意味では、その栄光の時期に閉じ込められたと見ることもできる。 一方、シドニー・ルメット最も驚くべき点は、50年という長い歳月の間、一定水準以上の作品を着実に生産し出して、いつも青年の活気を失ってはいないという事実である。 彼の作品は、場合によっては、注目されないことができず、たまに完成度にバラツキがあるとも、少なくともつまらない映​​画をみるのは難しい。 映画の基本に忠実な彼の強さの話から始まる。 よくシドニー・ルメット映画<エクウス>(1977)、<橋から見た眺め>(1961)のように戯曲を映画化した演劇的臭いが充満する作品は、<熱い午後>(1975年、同性愛の問題)、<虚空への疾走>(1988年、急進主義者の人生)のように家族や個人のアイデンティティの問題に焦点を合わせた作品、そして<刑事セルピコ>(1973年、腐敗した警察)、<ネットワーク>(マスメディア問題)、<質屋>(1965年、ホロコースト)のような社会問題を正面から扱った作品で区別したりするが、本質的に、この三の傾向は、物語とキャラクターという大きな枠組み包摂される。 彼は特別に映画監督たちに愛される監督である理由が、まさにこのためだ。 シドニー・ルメット映画の普遍的なメカニズムを理解し、忠実に活用して、あざやかな声を出す監督は珍しい。 ハリウッドの歴史物語を最も得意とする監督として知られているシドニー・ルメット重要なのは演技の経験を元にしたキャラクターへの深い理解、社会の断面を鋭くジョミョネルことを知るの批判意識と、それを果敢に放つの行動の勇気、そしてそれを劇的に溶かし出す物語の構成力にある。
e0109292_205542.jpg


展示会と共感の話法

特定のスタイルにこだわるハギボダンの物語をいかに効果的に提供するかに焦点を合わせたシドニー・ルメット彼の有名な著書<ムービーの作成>で、『良いスタイルとは目立たないもの』だと明らかにした。 長い間心配して準備して、現場で迅速に撮影することにより、現場でも、演劇のように俳優の感情線を生かしてくれて一緒に呼吸することで有名な彼のスタイルは多数のスタイルを'映画'という大命題の中に統合させる。 彼は型を使ってメッセージを転送しようとしない。 それでもハリウッド式の幻想やジャンルの快感を展示するものでもない。 誰でも楽しく簡単にアクセスすることがイトドゥェ問題意識が溶けている話を自然に『感じることができる』ようにすることで、特定の時期に囚われず、常に時代と呼吸する映画の活力を維持していくのだ。 ので、彼の映画がキャッチして再現する悲劇的な感受性は、いつも同時代と激しく呼吸する時代精神の発現に読まれる。 そうシドニー・ルメットは常に観客に話しかける。

ジャンルを有用な物語のツールと​​して活用することができるこの上手な巨匠の手にはメルロドゥラマドゥン犯罪の水でもボプジョンドゥラマドゥン意に介さない。 彼は利用できるすべての映画の言語を活用して社会を薄く切って、アメリカ社会の弊害とその中に個人を露出する。 たまには<悪魔があなたの死を知る前に>のように悲劇と絶望的に、たまには<12人の怒っている人々>のように荒廃化された民主主義への隠喩と回復への希望で。 その中でも、相変わらずのことはシドニー・ルメットが観客に語りかける態度である。 説得と警告ではなく、展示や共感の画法。 それでも、観客の知性を信じて、この巨匠の暖かくも涼しい化法は、常に現在と呼吸する。 映画による社会の変化を信じながらも不条理と社会の弊害を述べているために不精せず、人生を生きる最善の方法で映画を選択し、『行動する』巨匠は、自ら『映画という事件の目撃者』になって私たちのそばに残っている。

文:ソン・ギョンウォン( 映画評論家 )2011.04.19

「映画という事件の目撃者」とはどこかで聞いたような言葉ですね^^
by kazem2 | 2011-04-19 20:19 | Comments(0)