ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

"足の裏に汗が出るように走るリュ・スンボム”と「不審なお客様」

☆cine21.com
e0109292_22375438.jpg

今朝は映画「不審なお客様」がボックスオフィス1位になったというニュースがありました





過去2、3年間忠武路商業映画の流れに最も大きな影響力を行使した二編の映画を挙げろと言うなら断然ナ・ホンジンウ監督の<追撃者>(2008年)とガン・ヒョンチョル監督の<加速スキャンダル>(2008)である。 ヌアールワ小市民コメディー、その共通点とはほとんど見られない、二編の映画に応じて、数多くの映画が企画されたし、成功と失敗は繰り返している。 <追撃者>から男性的なハードコアムードのいわゆる「韓国型ノワール」の映画は、ナ・ホンジン監督の<黄海>(2010)を使用して、その自分で結論を犯した感じなら、それより広いスペクトルを持つ一連の小市民コメディ映画は、<過速スキャンダル>のチャ・テヒョンが出演した<ハローゴースト>(2010)をはじめ、<愛が怖い>や<危険な挨拶>など、今年の初めまで集中的に披露している。 <不審なお客様>に至るまで、これらの映画は、偶然にも同じように六文字のタイトルという共通点もあり、<ハローゴースト>を除外すると、キム・スミがカメオ出演するという点も同じだ。 <不審なお客様>は、キャラクターのPRイメージにあえてダークサークルを描き入れた俳優たちの姿から<ハローゴースト>を連想させる。 NEWが配給<ハローゴースト>が300万観客を突破し、同時期CJが配給<ラストガトパド>を制した映画なら、<不審なお客様>は、マーケティングからどのくらい彼を意識したのは、とても興味深いものです。

かつて野球選手だったベビョンオ(リュ・スンボム)は、現在、業界最高の保険王として名をはせている。 既にスカウトも決定され、年俸10億ウォンの夢に膨らんでいる。 そんなある日、顧客の自殺幇助の容疑で人生最大の危機に瀕している彼はガールフレンドヘイン(ソ・ジヘ)とも別れを迎えて、過去の顧客との気まずいの契約を思い浮かべて、それらをいちいち探して出る。 彼らは2年前、さまざまな理由で、今後、巨額の保険金を期待して生命保険に加入していた人々である。 現在、歌手を夢見るソヨン(ユンナ)はサラ金業者の目を避けて漢江(ハンガン)​​沿いの捨てられたバスの弟(ジョン・ソンハ)と暮らしていて、貧民街に住むポクスン(チョン・ソンギョン)は、環境美化員の非正規職で働き、『ママがいなければ良いだろう』と話す長女ジニ(まま空白)を含めて四人兄弟を根強く育てていて、肉親とは体によくないお姉さんに一つだけのチクジャンエ患者ヨウンタク(イム・ジュファン)は、地下鉄で野宿をしており、最愛の娘と妻をカナダに送信キロギアッパ来部長(パク・チョルミン)は、大変に代行運転で生活している。 保険会社で、すでにご来社が進んでいる状態で、ビョンオは、それらを一つ一つ説得して、無条件にその死を防がなければならない。

チームトップの主人公が、複数の人物の間で死ぬほど苦労するというコンセプトは、<ハローゴースト>と似ているが<怪しいお客様>は、彼とは異なり、特別な逆に向かって走って映画ではない。チャテヒョンよりもスピード感のあるジェスチャーとセリフを搭載したリュスンボムの個人技にもっと依存している印象が濃い。 <ハローゴースト>のチャ・テヒョンは、思いがけず巻き込まれ、幽霊たちの願いを解決してくれるが、<不審なお客様>のリュ・スンボムは、自分が生きるために、そして、自分がスプレーは、種子を直接おさめなけれという点で、より切迫した気持ちで来月しまう。 自分の保険王になることに目がくらんで自殺未遂歴のある人々に無作為に保険に加入させたからだ。 ポクスンの峡徐、ヨウンタクウイ地下鉄駅、小宴の漢江(ハンガン)​​、そして、適当な住居を知ることができない代理運転手来部長に至るまで、ビョンオは、一夜の新しいソウル全域を打つことがイェサダ。 彼のそのような'足の裏にタムナドロク飛び回る苦痛を楽に楽しむことから来る笑いが<怪しいお客様>の核心である。

次に、<私の生涯で最も美しい一週間>(2005)、<1番街の奇跡>(2007)を書いたユソンヒョプ作家が脚本を書いたということに目が行く。 <私の生涯で最も美しい一週間>で、貧しい人々のカップルイム・チャンジョンとソ・ヨンヒのエピソード、そして、<1番街の奇跡>で、再開発地区下層民たちの姿は、自分が死んでやたらと家族に保険金を書くことは、<怪しいお客様>の'受賞'の人々つながった。 その映画はユソンヒョプ作家の色の企画映画のアンジョンジヒャンヒョン設定が深く染み込んでいる感じだ。 保険に加入し、彼らの深い事情は後に押し寄せている。 映画は文句なしのヒューマンコメディの定石だが、それが完璧に幸せな出会いに受け入れられる期には物足りなさが残る。 誰もが期待するようになるそうなソン・ドンイル ルーチン パク・チョルミンの利用率も低い。 特に、パク・チョルミンは、演技といってもなるほど全く別のキャラクターを披露する。

文: ジュ・ソンチョル 2011.04.13
by kazem2 | 2011-04-18 22:38