ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[キム・ジュヒョク]感性・異常・直観演技の永遠のトライアングル

☆cine21.com
e0109292_205211.jpg

                 <敵と同床>キム・ジュヒョク



キム・ジュヒョクは、話を長くする方ではない。 とんとん投げるように、時々びっくりするほど率直な回答が平気で飛び出して出されたりした。 "口だけで話をするのを嫌っている。 公式インタビューといって、お世辞広報だけと、最近の観客は、両方とも利口でどうせすぐに分かるようになるから"彼は"真心を込めてのは、不便だ"とも述べた。 そのような面<敵と同床>を一緒にした俳優たちとバク・ゴンヨン監督など制作陣に対して、彼は賞賛を惜しまなかった。 2010年の夏から冬までに苦心して、精魂を込めて撮った<敵と同床>をまだ見ていないが、彼はすぐに映画が見てみたいとした。

忠清南道石碇里で起きた実話。 韓国戦争当時、石碇里の村に入城した人民軍の村の人々が温かく迎えてくれて、人民軍たちも村の人々の兄、姉のように準拠し情を積んだとする。 連合軍が介入し、状況がグプビョンヘ結局、北の後退しなければした時、幼い人民軍は、"ここでずっと暮らしたい"と告白したという。

ベ・セヨウン作家が、自分のおばあちゃんに聞いたソクジョンリ実話に肉を付け綴った作品が<敵と同床>である。 韓国戦争当時、国全体がナンリトンだが、ラジオもまともに出てこない石碇里は平和なだけだ。 球場(ピョンヒボン)お住まいのしっかりしている孫娘雪姫(チョンリョウォン)のホンサの準備に忙しい町内の人々の前に、突如役人ジョンウン(キム・ジュヒョク)が率いる人民軍部隊が登場する。 村の人々は村を守るため、人民軍に全面的に協力するフリをする。 口だけで人民軍への絶対的な忠誠を誓っているジェチュン(ユ・ヘジン)、どもるがチョンチョルサルイン一言をとんとん投げる蜂起(シン・ジョングン)、権力が変わるたびに驚くほど臨機応変に状況に適応する白氏(キム・サンホ)などは、人民軍を感情的に武装無効にするために最善を尽くす。

"このような状況が実際したというのがおもしろかった。 暖かくて心に聞いています。"キム・ジュヒョク、この映画<敵と同床>に惹かれた最初の理由だった。 ついでに言えばキム・ジュヒョクにとって<敵と同床>の魅力は、6.25を扱った他の映画との違いにあった。 冷戦時代の幕を完全におさめることができなかった韓国では、6.25の映画は、通常、巨大なアクション戦闘シーンに焦点を合わせたり、色鮮やかな政治的な対立構図の中で、微妙なジェスチャーを取るしかない。 "しかし、<敵と同床>は、戦争映画というよりソクジョンリの人たちの話だ。"
e0109292_21562757.jpg

詩人白石と重なって見える

キム・ジュヒョクが演じる留学派エリート将校ジョンウンは、甘いのキャラクターではなかったのだ。 クライマックスの戦闘シーンで開かれる、劇的な状況を除けば、彼が自分の内心を直接振って置くか、周辺の人々との積極的なアクション - リアクションをやりとりすることができる機会は多くない。 ジョンウンの心の片隅には、6.25以前の少年が、まだ生きてスムスィクダ。 歌<マギーの思い出>を教えてくれた初恋の人との思い出を大事にし、理論書の中で、白石の詩集を隠しておいて読むほどに感性的である。 しかし、もう片方には、人民軍の将校として迫害される人民がめいめいに自由を享受することができる楽園を作るという以上に燃えている。 少年とリーダーは両立することができない。 当然のことながらジョンウンは、自分の本音を隠してやや消極的にリアクションをしなければならない。 延期することに少しは苦しいこともあったようだ。 これに対し、キム・ジュヒョクは、"そうするしかない状況だ"と言いながら、直感的に納得するような立場だった。

"正しい人だった。 自分の立場では、共産主義思想が正しいと思っていたし、共産主義と現実が融合したときの結果につきましては分からないが、理論的に支持する立場だった。 しかし、6.25戦争を実際に経験する過程で混乱が来たんだ。"村の住民ジェチュン、蜂起、白氏が映画全体的にパタパタ跳びはねては、活力の役割ならば、ジョンウンと雪姫は、"落ち着いてすっと抜けている必要"とした。 ジョンウンが雪姫の前で白石市ウルプゴチョコレートを与える場面のユーモアも、非常にさらっと処理される。 "もし、初めて見たのシナリオどおりに撮りました場合は、ジョンウンの部隊が石碇里に入ってからすでに戦いを一度払わなければならなかった。 そう思うのなら、村の人々がジョンウンをされるように威圧的な存在として認識しながら、そこに生き残ったて喜ん努力する姿と、恐ろしいイメージのジョンウンが後ろからそっとソクジョンリ住民たちを助けようとする姿がもう少し妥当性を担保する純ていたようだ。 しかし、シナリオの方向は変わるように設け、今はコメディの方がもっと強くなったバージョンである。 映画賞ジョンウンがあまり怖くてそれがちょっとかかることはする。 (笑)"

ジョンウンのキャラクターの中で最も注目されるのは、『キム・ジュヒョクの演技人生初の方言に挑戦!』という大げさに震え必要までなのだろうが、平安道の死闘だ。 これまで韓国の映画やドラマで、北朝鮮を描写するとき、ほとんどのたくましい咸鏡道の方言を使っていたのは地方色を簡単に露出するための選択だった。 そもそも、<敵と同床>のジョンウンのキャラクターには、ただ『北朝鮮軍の設定』だけあっただけで、どこの出身であるという説明は、別々についていなかった。 キムジュヒョクは、方言指導のために会った北朝鮮のエリート将校出身セトミン("軍隊に10年ほどいらっしゃったと言っていたが、非常に大賛成の方だった")からのジョンウンキャラクターのヒントを得たとした。 "咸鏡道の方言ではおなじみの代わりに、ややもするオスクァンスロウォジル恐れがある。 ところが、そのセトミン方が書かれている平安道の方言ではなじみのイントネーションがちょっとオンヒョジョている程度の感じだった。 私たちが日常的に使う語り口と大きく変わらない。 そのニュアンスがジョンウンの性格とよく合うように見えた。"興味深い偶然は、映画の中のジョンウンと雪姫をつなぐ重要なパラメータのチェーンの詩人白石との一致点である。 平安道出身、日本留学組のエリートだった白石のきれいなイメージがジョンウンのそれと重なる気がするのだ。

e0109292_21573164.jpg


体力に出てくるの情熱が重要である

2010年から今に至るまで、キム・ジュヒョクのスケジュールは殺人的だった。 昨年8月から12月までに全国の津々浦々を回って<敵と同床>オールロケ撮影を敢行したことからセンゴセンウンスタートだった。 "覚えていいのか分からないのですが、昨年の夏に雨が本当にたくさんしてきた。 一ヶ月にわたる。 それのために撮影スケジュールがずっとミルリョトゴ、結果的に終盤寒くなるときに一ヶ月間、狂ったように撮った。 日が昇れば撮り始めて日が負けても続け撮った。 (笑)一日もまともに休むことができなかったのが少しジチギンした。 戦争を背景にするから危険な場面も多く、ゴンポタンを撃つためにもすぐに耳の横で撮るから辛いよ。"ジョンウンがソクジョンリ村の住民たちの誘いに陥って、牛を引いてバトガ場面では、牛が歩く中の尿や糞を包む風に大変な苦労をチロトドン記憶も鮮やかだ。

<敵と同床>撮影が終了し、1月20日まさにクランクインした<闘魂>でも、状況は大きく異なっていなかった。 プロ野球選手ドフンを演じる彼は、"オソルプミョンバカだから"撮影の直前までの投手になるための特訓を受けた。 キム・ジュヒョクは、物語の途中突然、携帯電話の中に格納されて野球のシーンの動画を誇らしげに見せてくれた。 画面の中のキムジュヒョクの顔を覆ってみると、現在に開幕したプロ野球の一場面を見るのだろうと錯覚するに十分だった。 "あまりにも練習したところ、右の肩が全部出て行った。 今これ、(前に持っていたたばこをつまんであげて)これだけかかるのに、肩が痛い。 撮影したらすぐにリハビリに入ってみました。"大袈裟に操るようだが、大袈裟ではなかった。 キムジュヒョクの顔には微かに胸がいっぱいな笑みが浮かんだ。

<バンジャジョン>のフィルモグラフィーのターニングポイントに挙げたことがあった。 演技を始めてから10年をはるかに超えて俳優に多少恥ずかしい質問であることができますが、これまでの現代劇と史劇、善良な人と悪い人、あるいはセクシーな男性にあまねく経てきた。 彼の今後の野心が気になった。 まだできなくて見て心の中に入れて置いているキャラクターがあるか? "悪役ができなくてみた。"質問が終わる恐ろしく、彼は短く、あっさりと答えた。 "よくすることがあるようだが、まだ心にぴったり好みの悪役に検知できなかった。 悪役だと悪役のは面白くない。"そしたら急に言葉をすぐに吐き出した。 "やりたいんだ多くない。 ところが、自分の服もあるようだ。 どんな役をしてみるとなんてことない場面でも口で落ちる時がある。 今まででやった役だがどんな場面でも口がバシバシ落ちるときがありますが...悩みをまだしている。 私は年を取るほどの演技が楽しみです。 精神力で出てくるのが問題ではなく、体力が出てくるの情熱が本当に重要である。 そのための練習を一生懸命やって自分自身を元気に作っておく。 安住しないようにしよう。"

文: ギム・ヨンオン
写真: ベク・ジョンホン 2011.04.18

ジュヒョクssi お化粧したみたいに綺麗ですね
ちょっとスリムになりましたか^^
e0109292_1935281.jpg

by kazem2 | 2011-04-18 20:52 | Comments(0)