ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[エディトリアルチーム] 800号リフォームレポート

☆cine21.com
e0109292_20263540.jpg




床の再編は、活字媒体の宿命だ、と1年前、この席に少なかったのだった。 一年が流れ、宿命の時は間違いなく近づいてきた。 古い蛇口のシュートを崩して、斬新なコックたちで床を所狭しと満たすことが再編の程度トイナ(私たちの基準では)、昨年の大改造をしたので、今回はこれまで不十分だった点を補うという程度の素朴な目標を立てた。 だから再開発よりもリフォームを選択したというか。

今回の再編の焦点は、コラムの強化だ。 まず建築家ファンヅジンシ、ファッションエディターシムジョンフイシ、デザインの研究が迫害千氏が、建築、ファッション、デザイン、映画を接続建て興味深い話を配信してくれるものであり、'10アジアのチェは、記者やコラムニスト、有線の氏は、<シネ21>の長い宿願だったTVのコラムをおいしそうに責任負ってくれるのだ。 「思索する子犬」オルドゥドクまた、インターネット<シネ21>で人気のあった『オールドドッグの映画ノート』を床に連載することになる。 小説家ギムジュンヒョクシガひと月に一度ずつ書くインディウムアク家たちの年代​​記『No Music No Life』にも多くの関心持ってくださること。 映画音楽の話『耳をすませば』の筆者、音楽評論家チョウ氏と『デジタル』で名前を変更'Gadget]欄の[新しい筆者として迎え入れられたイギウォンエディタの活躍像も期待される。 <シネ21>のメンバーたちの趣向をうかがうようにする「他人の趣向」もかなり良い利益を与えることができるだろう。 コラムではないがミディエクトゥと<シネ21>が一緒に作ると『映像工作所』も野心的な企画である。 誰でも簡単に自分の映像を作成できるようにするという趣旨で作られたこの地上の講座ではまず、キムソンホ監督の『スマートフォンでホラー映画の作成』で連載を始めることになる。 そして、いつもそうだったように、必要に応じて再構成は、いつでも行われるのだ。

創刊を迎えての特別な記事も準備した。 まず、俳優のコ・ヒョンジョン氏が東国大学演劇映画科ドンギ ドン・チャンイン イ・ミヨン氏を『インタビュー』した。 記者たちが進行する硬くて、深刻なインタビューとは異なり、この俳優と俳優のインタビューは『未知の生命体』とすることができる俳優たちだけの世界を理解する手がかりを提供する。 一見友達同士のおしゃべりのように見えるかもしれませんが、俳優だけがジプオネルことができる俳優の悩みを察してくれたという点で画期的と言える。 八番目のパートナーのポン・ジュノ監督とのシネ散歩もとても興味深い。 ジョンソンイル、ホムンヨウン二評論家の質問にポン・ジュノ監督の回答をイルノなら、彼の頭の中の地獄が鮮明に見えるようだ。 時間が多くの方にはポン・ジュノ監督のヌェグジョドルルを描いて白井(どうやら穴が...!)。 韓国映画のキャスティング秘史や読者モデルコンテストは、創刊を迎えて準備した私たちの『サービス』として受け入れていただきたい。

その後につながる創刊迎え連続の特集記事やイベントもたくさん期待してみてください。 特に、まもなくリリースする『デジタルマガジン』は創刊16周年の最大の自信作です。 それに先立ち、俳優オ・ダルスさんの大変身を盛った映像が公開される予定ですので、びっくりする準備をしてもいい。 いよいよ800号だ。

文: ムンシク 2011.04.18
by kazem2 | 2011-04-18 20:26 | Comments(0)