ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[キムヘリの映画の日記] <告白>の告発を<ヒアアフター>で現生の

☆cine21.com
e0109292_22343644.jpg

ただ、食料品を注文しただけなのに、大きな箱が渡された。
"幸福を保証します"なんて。 そうヨンガムムサンハルところが!






3月22日
これは殺虫剤のような話だ。 少年Aは、なんとか有名になってお母さんに認めてもらおうと誰もが殺害することにする。 少年Bは、そのようなAに認めてもらいたい気持ちに殺人を手伝う。 教授の学生の手で幼い娘を亡くした教師(松たか子)は、復讐を推進する。 それも非常にチャディチャゲ式は復讐を。 いじめを題材にとった日本映画は、<ジャパンタイムズ>の評論家マークシリングの比喩によれば、"上野公園の桜同様に"普通のことです。 今までの中島哲也監督の<告白>が日本で高い評価を受けたのは、自国の観客の廃部を突く剣抱いているからだろう。 しかし、私の目に<告白>は、前に10代の残酷さを描いた<リリイシュシュのすべて>が達成された可視性(诗情)には達していないように見えたし、青少年たちの生存闘争を表現する筆致は、<バトルロイヤル>同様に生々しいしなかった。 悲劇のもとに、典型的な妊婦のコンプレックスを指摘するくだりになると、
<告白>は、コロンバインの銃乱射事件の一切の因果を削除しながら、提案された<エレファント>との相克の倫理的態度を持った映画だとしても差し支えない。

<告白>の白眉は、教師の森口裕子がジョンオプシクナル教室で、娘の死についての真実を公表し、事実上のAとBを『人民裁判』にかけている前半30分に集まっている。 このシーケンスは、騒音や感情の躍動的なオーケストレーションである。 最初は『告白』というタイトルが恥なほどの教師の言葉は、体だけをかぶる子どもたちの騒ぎが教室を支配するが、以内ドゥトゴンマルゴン悠々と続く教師の冷ややかな陳述が反撃する。 ざわめきであることは衝撃的宣言にオルオブトオトだがささやきとざわめきに溶け出し、また携帯電話のメッセージやブログで恐ろしく広まっていく。 印象的な第1部以降の<告白>は、(メジョンハゲ言えば)のナレーションが敷かれたミュージックビデオとますます似ている。 全ての映画の中で、最初のシーケンスが占める重量は、型に限定されない。
<告白>で、生き生きとした緊急な感情は、導入部で想定される、10代の世代の軽蔑と恐怖、累積被害意識である。 これに比べればつながるウィアクジョクプロットは、スリルのために増築された構造物のように見える。 <告白>で、私は次のような『告発』を聞く。

"悪質な人間とは、年齢に関係なく、破廉恥なんだ。 「私はせいぜいヨルセサルじゃないですか」と言うチャムイニ? 私は今七才でも七十歳でも同じな邪悪について述べているんだ。 親と先生が鼓楼である。 あなたがたは、彼らの偏見をそのまま受け入れるんじゃないの。 さらに、あなたは幼いことを理由に不寛容であることを恥ずかしがらないことだろ。 個性を尊重しろと? 嫌な仕事はやたら回避する習慣は、弱者を見ると悩む癖も個性だと主張するのかね? 人生が無意味にして死にたいと? なぜ? アイドルと付き合うことができなくて? 成績が上がって? チンオルゴリヌンほど努力したことがあるの? あなたがた大袈裟には半分に折って聞くほうが健康にイロウォ。 ともすれば、親の資格がないと、担任の教師として失格だと簡単に非難する君はどの位ナネ行動を担当する準備がドェイトジ?"

3月23日
彼らは、どうして一日のミョンソンマン夢を見て、その翌日には想像しなかっただろうか? すべての行為は、結果を生んでの結果は、連鎖反応を起こすという現実を無視した<告白>の少年たちは、<時をかける少女>から学ぶのがある。 単純なタイムスリップの冒険物語だったとすれば<時をかける少女>は、そのように何度も作成されていないのだ。 サチュンギラン取り返しのつかないことを初めてグリウォハゲされる季節という事実を、あなたが何かを享受する場合は、どこかに必ず、それだけ失う人がいるという摂理をイルロジュヌンまろやかな話だ。 しかし、谷口正明監督の2010年作は、<時をかける少女>より<バックトゥザフューチャー>と近い血縁の映画だ。 ここで、時間旅行のモチーフは、他の意味で大型の物語形式のトリックに利用され、劇的楽しみのほとんどは、親の青春と遭遇する感慨や、過去と現在の文化衝突コメディに出てくる。 連戦に公開された同名アニメと谷口監督の<時をかける少女>の差を見積るようにする例の一つ。 時間を戻す能力が生じたという甥の言葉に、アニメーション<時をかける少女>の叔母は微笑む。"お前の年頃の女の子たちにはたまにある事だと思う"が根拠のない言葉は、意外に神秘的な説得力を発揮して私たちをうなずくようにする。 一方、2010年作の<時をかける少女>の人物は、薬学科に進学して、過去に行く液剤を調製する。 どのように散文的な発想である。

時間旅行の映画を見るたびに、人間とは、この世界のテナントに過ぎないという事実を実感する。 私たちは、誰かが住んで去った部屋に入居してから再度荷物を取りまとめていくのである。 我々の歴史的な想像とは、溝を転がる髪やトゥトギョナガン壁紙、そして明け方の扉をノックファンマンヒ遠ざかる足音のような手がかりを使って、この家に先に住んでいた人々の肖像をたどる日と大きく変わらない。

3月25日
だだ"クリントイーストウッドのファンたちが永遠に恥じることの映画"という評まで出てきた。 おそらく、<ヒアアフター>は、後日<ミスティックリバー>や<ミリオンダラーベイビー>と肩を並べている監督の代表作にはされないだろう。 しかし、"80代に入り、心が弱くなったノガムドクイ死後を心配する映画"とか"死後の世界の描写が明らかだ"というピョンエヌン隔たりがある。 まず、死後の世界の描写がどのように独創的なのかは<ヒアアフター>を論じる上で、適切な議題ではない。 ピータージャクソンの<ラブリーリーボンズ>とは異なり、<ヒアアフター>の興味は『その向こう』にないのである。 私達が見たことがリムボナ天国の風景なのか、精神が『ログオフ』になる直前の脳に投影されているディーラーかの映画は主張しない。 超能力を持つジョージロネゴン(マットデイモン)が死者(亡者)を懐かしむ人々と接触して聞くのメッセージも、死んだ者の声だとか、彼が読み取ったの正体は、依頼人の心中オンギョついたミリョンイルこともできる。 "兄はどこへ行ったのですか?"双子を失った少年の問いにROガンは答える。 "ごめん。 私も分からないんだ。"私は男の子にROガンが伝えたメッセージの最後の部分は、彼が想像の産物である可能性があると疑う。 死者の名前と住んでいた者が山の者に送信する先頭ではないかと想像する。 <ヒアアフター>は、大半の令者が詐欺師であることを示すのに相当の時間を費やしており、霊媒たちの姿を引き続きれたモンタージュのシーケンスには、そのすべての試みを - 嘲笑するのではなく - 可憐には、ここでは旋律が流れる。 <ヒアアフター>が、いざ必死に距離を置こうとする対象は、来世をめぐる宗教の約束である。 "キリストを信じるなら、恐れることはない""神はあなたを必ず見つけて懲罰する"イーストウッドの視線が冷ややかにしてはなんで、その預言者たちを眺める時だ。 ノガムドクウイグンシムゴリはまだ現生である。 それが死を見た、死に隣接する人々の誕生日だけだ。

3月27日
第1世代のX - MENたちの過去をドゥェジプヌンMatthew見た監督の<X - MEN:ファーストクラス>予告編を見て血が沸き起こった。 磁気君の土に向かって集まるの体の中の鉄分を制御することをできなかった。 そうだ。 私は<X - メン>のファンで、特に磁気君の金と神秘をえこひいきする。 彼らは悪人と英雄を兼ねたキャラクターという点で報酬を受ける。 古くからヒーローの行動は決まっている。 つまり、英雄的に行動しなければならない。 しかし、悪人は何でもすることができる。 悪人を阻止することで、初めての英雄になる機会を得るの英雄たちとは異なり、悪人は、英雄がなくてもモルチョンヒアクダンイルことができる。 簡潔に言えば悪人は、第1動力(mover)である。 宇宙征服のように、私的満足度と遠く離れた目的と名分を追求すればするほど悪人には飽きられる。 悪人は、奇想天外なほどの動機が個人的であればあるほど魅力的だ。 マクベスとメデイアがそうだったし、磁気ニ金と神秘がそうだ。

文写真: キムヘリ 2011.04.15
by kazem2 | 2011-04-16 22:34