ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ミンギ ドラマ「鶏龍山芙蓉が(Mr.ボディガード)」撮影秘話

☆kbs.co.kr
e0109292_12351227.jpg

e0109292_1254454.gif

             ミンギが腰を痛めたのはこのドラマ撮影の時だったんですね



e0109292_12355192.jpg

ドラマシティ<鶏龍山芙蓉が>
[2005/08/05]

投稿| KBSプレスリリース

むやみに触れないでください! <鶏龍山芙蓉が>制作チーム

俳優からスタッフまで、ドラマの制作チームに均等に有段者が混ざっているドラマがあって話題だ。 TVドラマの製作条件に合った武侠ドラマを追求し、CGやスタントを排除したリアルなアナログのアクションを標榜するKBSドラマシティ<鶏龍山芙蓉が>(脚本:ノドク、演出:ユンソンシク)が話題の作品。
ほとんどのアクションのシーンを、代役なしで撮影するための前の演技者が、過酷な訓練の過程を経たはドィトイェギガ好奇心が強い。 おかげで、視聴者たちは<鶏龍山芙蓉が>で、リアルなアクションシーンを鑑賞することがある。
さらに、兄嫁役のタレント、イ・ミンギをはじめ、演出者であるユン・ソンシクPDまでの武道にイルトンハンことと知られた。 他の出演者たちも撮影に突入する前に二ヶ月間エクションチム「サムジェンイドゥル」のイウンジュンムスルガムドクウロブト基礎的な武道の教育を受けたという。
イ・ウンジュン武術監督は、映画<火山高>、<殺人の追憶>、<オオカミの誘惑>、ドラマ<ボディガード>などアクション演出を担当したことで知られている。 これらが作った本格TV都市武術、<鶏龍山芙蓉が>。 視聴者たちにはお茶の間で、レベルの高いアクションドラマを視聴する数少ない機会となるだろう

不良少女ミンジヒェ、つつましい娘'芙蓉が'に帰って来る。

MBC一幕物<不良少女>で、仲間割れを繰り広げる浪人生の役割を引き受けたミンジヒェガ今回はデンギ頭に睡蓮服がよく似合うジェガルリョン(ピョンヒボン)の武道の高弟に変身する。 劇中で彼女は、朝鮮時代で、とれたて救い上げたような姿に加え、歌手のピ(Rain)を崇拝する無茶さを持ったヒロイン芙蓉役を務め、見知らぬ都市、ソウルでどたばたし、さわやかな笑顔を伝える。 一方、彼女はアクションシーンでは最先端の回し蹴りで製作陣たちみんなを緊張させたりしたという裏話だ。 彼女の演技変身は、8月6日の夜11時、1TVで放送される。

崖っぷちにラインスタッフたち、"危険だった!"

武侠ドラマは、俳優たちにだけ危険か? 決してそうではない。 今週の放送されるドラマシティ<鶏龍山芙蓉が>は、都市武侠というジャンルの特性上、俳優たちが、全身を投げて演技しなければならない場面が多かった。 実例として、兄嫁役のイ・ミンギは、アクションシーンを撮影している途中、多少の腰の負傷したこともあった。 だけでなく、スタッフにとっても危険な時が多かった。 代表的な例では、江原道鉄原サムブヨンの滝で撮影された滝の下修シーン。 秀麗な自然景​​観を入れるために、スタッフたちは素手で崖を登るの危険を甘受しなければならなかった。 視聴者たちは三十人以上の俳優やスタッフたちが滝の上の狭い断崖に足だけようやくかけたまま息を殺して撮影していた現場の緊張感を今回のドラマシティで鮮やかに確認することがある。


#1。 兄嫁役イミンギ、針打たれパス付けながら渾身の演技を

今回の撮影でもタレントのイミンギは最近、新人にふさわしくなくてきた身を投じる渾身の演技を繰り広げた。 <鶏龍山芙蓉が>は、都市武侠というジャンルの特性上、アクションシーンが多いが、代役なしでの役割をこなすのにあれこれ怪我が多かったこと。 特に、腰の負傷を負っても、唾を当たってパスをつけたまま撮影現場に戻り、カメラの前に立ったというところから彼の役者根性を垣間見れる。 鎮痛剤の闘魂を広げたイ・ミンギの演技は、8月6日の夜11時、KBS 1TVを通じて確認することができる。

#2。 手腕駅ユン・ジンホ、"足首、カジトゲの問題ですか?"

一番最初に武術の練習に突入した学習の手腕役を引き受けたユン・ジンホ。 演劇<ライバン>の主演を務めただけに演劇界で有名なご挨拶、彼が一番最初に練習場に現れたという事から<鶏龍山芙蓉が>に臨む彼の覚悟を推し量って推測することができる。 アクションの練習が長かったので、けがも頻繁にしたはず。 しかし、ユンジンホは俳優としての根性を確実に見せてくれた。 撮影中に足首のけがを負った日に、ぴったりと見た目にも痛みがグクシムハルような傷だった。 しかしユンジンホは、特有の人のいい微笑を浮かべて、"足首、カジトゲの問題でしょうか? 続きを撮影しよう!"と述べ、現場の雰囲気に気合を入れたという噂。 ドラマでの彼の演技がどのような光を放つか、さらに気になる。

#3。 芙蓉駅ミンジヒェ、衣が破れるくらっとする瞬間渡し

アクションシーンが多いため、俳優の動作も大きく、熱くしかなかった<鶏龍山芙蓉が>。 このため、ヒロインの植民地ヒェガくらっとする瞬間を越えたという話が伝えられた。 撮影に突入する前に二ヶ月以上も武道の練習をハンジラキックには、本当に自分ができるミンジヒェ。 最後のハイライトのアクションシーンで磨き上げた武道の腕前をポムネリョ自信を持って足を車あげたが、瞬間に聞こえる音、"チジジク!"お尻から太ももまでスリョンボクズボンが破れていたもの。 ちょっと下着が露出されたが、残念ながら放送では、この場面を確認することができない。

#4。 ミンジヒェ、ワンダフル!

暴力団との3:1の格闘シーンを元神院カット、一気にOKしたミンジヒェ。 容易ではないの撮影だったが、事前に二ヶ月間のリハーサルをした彼女の武術の実力が光を放つ瞬間だった。 彼女の武道の技量に来たスタッフたちの拍手喝采と賞賛を惜しまなかったのは、見方をすれば当然のこと。 ミンジヒェ自らも大好きパルチャクパルチャク走ったという裏話が伝わっている。 だけでなく、植民地恵はタイトゥルヨンシルエットの撮影にも本人が直接臨んだ。 顔が出てこないシルエットの撮影であるため、帯域を使うこともあったが、植民地ジヘは、ぜひ、自分がしていっ持続をピウォトゴのおかげで、視聴者たちはきちんと各取れた植民地恵の武道ポムセルル視聴することができるようになった。


#5。 <鶏龍山芙蓉が>俳優、"体モンツソンイ!"

長年の武術の練習期間と精力的な撮影で有名なドラマシティ<鶏龍山芙蓉が>。 撮影が終わった今、出演俳優たちは何をしているか? 聞こえるうわさには、全身を治療するのに忙しいんだ。 一例として、ナイトクラブでデゴルレジャルルル折ら棒術を繰り広げた植民地恵の太ももにはNGが五回私はたらいめんモンジャグクウロ染まったとのこと。 ミンジヒェだけでなく、ほとんどすべての俳優たちが筋肉痛で苦労しているというのに、8月6日の本放送が出る頃には、これらのすべてが身チュスルゴ放送が見られることを望んで見る。


#6。 シナリオ練習場だよ、アクションの練習場なんだ?

台本練習よりも先にアクションの練習から始めた<鶏龍山芙蓉が>の俳優たちのシナリオ練習場でも、リーディングが終わればすぐにアクションを合計合わせるなど、終始一貫してアクションスクールの雰囲気を脱ぐことができなかったという裏話だ。 ビヤホールで席を移して続いた打ち上げでも、これは同じ。 その場にしばらく立ち寄ったアシスタントディレクターは、『それらの人々、俳優ではなく、どんな武道の演技者でした』と当時を振り返った。 和気あいあいとしたアクションスクールの雰囲気が溢れた<鶏龍山芙蓉が>。 視聴者たちは8月6日の夜11時、KBS 1TVを介して視聴することができる。

[Casting] ミン・ジヒェ(芙蓉役)、イ・ミンギ(兄嫁役)、ピョンヒボン(三郎役)、チョン・ソギョン(チョルマン役)、キム・ドンジュ(量産宅の役)、ユン・ジンホ(スワン役)

[企画意図]
拳不胜心! 拳は、心を打つことができない。 世の中で一番強いのはお金も、権力もない人々の心ではないだろうか。 その簡単な真理を人々は簡単に忘れて住んでいるようだ。 最高の境地に上がった師匠は一様にこんなお話をされる。 「善良に生きて。 それが道のすべて。」私もその言葉に同意する。 どのように見ると、鮮文答のように感じられることもあるかのような、この話を都市武侠という新しいジャンルを使って表現してみたいと思った。

[あらすじ]
鶏龍山の修練を積んでから波紋された手腕は、格闘技大会に出るために、師匠のビグプイン「ギョルリョンビジョン」を盗む。 サブイン諸葛竜はビグプを取り戻すためにエジェジャイン芙蓉、これをソウルに派遣して、ソウルには、諸葛龍のもう一つの弟子である梁山のお宅が鶏の丸焼きの家で、ブイヨン、これを待っている。 歌手'雨'の熱血ファン芙蓉は師父のビグプを取り戻すと同時に、ソウルに来たのでピ(Rain)に会って、ゴーヤしまおうという意志に燃えのに...

[登場人物]
①芙蓉:ジェガルリョンの下で修練を積む娘。 朝鮮時代に来たような言い方を持ち、火を我慢できない性格である。 しかし、実際には、歌手のピ(Rain)が好きで、たまたま拾った口紅を大切に大事にするほどに、女性的な面も多い。

②ミンギ:量産宅の息子。 実力もないのにチンピラのように口だけ住んでいた。 お母さんの鶏の丸焼きの家に立って配達することを遊び三亜過ごすの事実上の失業者。 格闘技で大成するのが夢だ。

③ジェガルリョン:ビグプイン'ギョルリョンビジョン'を持ちながらも、拳より心が強いという事実を知っている師匠。 鶏龍山の手腕、量産のお宅、芙蓉、チョルマンウル教えた。 真剣ながらもコミカルなキャラクター。

④チョルマン:年齢は多いが、諸葛龍の弟子のソヨルサン末っ子である。 性質が急で馬が多いと星が、元の性分には悪くない。

⑤量産宅:諸葛龍の弟子のうち最初の。 今は、ハッサンして、ソウルで小さな鶏の丸焼きの家を経営している。 諸葛龍の大きな信頼を得ており、『ギョルリョンビジョン'の残りの半分を密かに息を引いて持っている人物。 普通のおばさんのように見えますが、実際には武道の固守がいる。

⑥手腕:諸葛龍が波紋された弟子。 野心が多くて目的のためには手段方法を選ばない卑劣な人物。 格闘技界で成功するために、師父のビグプを盗む。 マ音譜という拳の力を信じる。

e0109292_23352681.jpg
e0109292_23355324.jpg
e0109292_23363680.jpg

by kazem2 | 2011-04-16 12:37