ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[21世紀の人文学のレポート]の青年白凡に学ぶ

[ギム・タクファン小説家@ tagtag2000]
☆news.mk.co.kr
靑春必败の失敗は認めるが靑春不败敗北を拒否してください
e0109292_19303865.jpg

久しぶりにこのお顔を拝見いたしました



告白の整数! 正直なコメントを書くの教本がまさに`白凡かも`だ。

白凡は、冒頭で言う。 自分は逆賊キム・ジャジョムの傍系の子孫であり、黄海道に隠居して、`版にはまった常民`として生きてきた。 `アビーは、種だった`で始まるソ・ジョンジュの時に`自画像`に匹敵するほど変化しない。 率直でむしろ驚くほど美しい。

`白凡かも`が`版刺さった常民`の気勢やコンプレックスに満ちた本だと推測すると、大きな過ちである。 白凡は、盤上や貧富のを見て評価の根拠として視する偏見から抜け出す。 `白凡である`を開くたびに、最初に見つけて読む場面がある。 1932年に尹奉吉がホングゴンウォンに爆弾を投げる直前のある日のことだ。

ホングゴンウォンを事前に巡りゴサハルの場所をチェックしに出かけた尹奉吉が帰ってきて白凡に言った。 明日狙撃されている白川隊長を偶然に会ったという。 今日の爆弾をガジョトドならその場で殺すという気がしたという。 そして白凡の忠告が傑作である。

"捕手がキジを撃つ時にも飛ぶようにした後に打ち上げを落とし、森の中で寝ている鹿は、走らせた後に撃つことは狩りの真のマトイオ。軍が今そうなのは明日の旗揚げに成功する自信が微弱なためではないの?"

そして、白凡は一生胸に抱いて通っている文章を尹奉吉に聞かせてくれる。

`つを取って木に登るのは、奇妙なことだとはいえない。 崖にしがみついて手を置く人であってこそ、大腸ブラすることができる(得树攀枝无足奇悬崖撒手丈夫儿)。`この文章にもたれて白凡の若き日をもう一度見てみましょう。 白凡の若い日の失敗の連続だった。 白凡は登竜門に上がると思います過去の勉強を始める。 寺小屋で寝て惜しんで勉強に邁進が、白凡は、自ら身を陽明道を畳む。 お金で解答用紙を取引する過去の試験場の風景が白凡に深い絶望と怒りを抱かれている。 次に、白凡は、東学に身を投じたする。 黄海道最年少ジョプジュになってチェシヒョンも、直接会ってヘジュソンの戦いに参戦するが、敗退してしまう。

そして、白凡は、義兵運動に飛び込む。 殺害された明成皇后の復讐をしようと治下砲で日本人スチダルルを殺した後、仁川(インチョン)の刑務所で死刑囚に閉じ込められる。 処刑される直前、高宗の特別なコマンドに応じて、刑の執行が停止され、刑務所で過ごす意味がなかった白凡は脱獄して、追われる身となる。 名前を変え、場合によっては、セクションでは、場合によっては、教会での生活クリミョ日本の警察の追撃を避ける。 そして、再び105人の事件に関与して投獄され、満期出所する。

大体要約白凡の若い日は模索と投信、そして失敗と再挑戦に点綴されている。 漢学、東学、仏教、キリスト教などの東洋と西洋の学問と宗教をあまねく学んで煮て、大幅には朝鮮という国は、小さくは、自分に最も正しい道を探し回ったのだ。 白凡が上海で臨時政府を導いて尹奉吉李奉昌などの偉業を図った根底には、若い日の経験、数多くの失敗の記憶と克服の喜びが位置している。 いくら極限の苦痛と悲しみと恐怖にも充分に屈しない姿勢を持つのだ。 多数の傷を勲章のように持った、どんな嵐にも揺るがぬ巨木、彼がまさに白凡です。

失敗の時は、誰にでも一、二度は必ず訪れる。 あなたは、失敗にどう対処するか。 青年の白凡は、まず、きれいに自分の過ちや失敗を認める。 未練も恨みも持っていません。 そして、新たな成功の道を見つけて元気に再挑戦する。

白凡のこの堂々の後には息子を変わらず後援する親がいた。 ふと考えてみる。 白凡のように、若い頃は一度も成功したことのない、失敗しても負けてはいない若者が21世紀の今、大韓民国に住んでいるなら彼に希望の会社が果たしてあるだろうか。 目覚ましい成功のキャリアよりも血と汗で汚されたの失敗の記録をもっと輝いて大切な宝物として認めることがあるだろうか。 いま目の前の失敗を恐れたり恥ずかしがり屋のあなたに白凡の声を聞かせてあげたい。

落ちる恐れて崖の近くに近づけないいない歯にならないで、崖にぶら下がって手を置く人がなれ!


記事入力 2011.04.15 14:07:11 | 最終修正 2011.04.15 14:18:41
by kazem2 | 2011-04-15 19:33 | ragazzo