ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ギム・タクファン 知識人の書斎 

☆Bookshelf.naver.com動画
e0109292_213646100.jpg

ツィッターでフォローしている作家です
Naverで坡州(パジュ)作業室が紹介されました。
映画「不気味な恋愛」の関係者でもあります
何回か撮影現場にも足を運んで写真をアップしてくださいました
口癖は「夜明けの執筆活動を終わります」




暖かい先見の明のスペース、書斎

私の書斎はビョクナンロインようです。 暖炉の横で好きな本を読んだりもして、その本を読んでデータを報告したものを元に想像すると、先見の明をたくさんしたりして。 その先見の明をベースにブログを書いたり、文を書いて疲れると居眠りをしたり、自分もして... ...非常に寒い日、世渡りが難しいときには常に書斎を考えると、私はそこに入って最も楽な姿勢で最も自由に先見の明をして、時間を忘れて、最も熱心に文章を書くような空間であるようです。 だから、なるべく、その空間自体を個人的だが、自分自身にとても暖かい先見の明の空間にしようとずっと努力してよ。 そう、私は幸せ場合に限って文章が自由に出てくるようです。 書斎はビョクナンロゴこれらの書籍がすべてのストーブの中に入る材料たち、まきんですよ。

他の人々の生活を通して私を育てて私が

誰もが人生を生きれば質問が生じて、その質問に対する答えを求めて、衝撃をお受けいたし、傷をイプドゥンジそうになるが。 そんな私は、自分で対処することができればいいのにそれが上手く出来ない場合は、最良の方法は、韓国人でも外国人でも、現代人でも、過去の人物でも関係なく、それは非常に問題的にあるいは見事に克服しようと努力していたような人物たちを調べて理解しようとするそうです。 人間というのは、同様の存在がそうですね。 ところが、そのような方々は、ほとんどピーク高であるので、最初に触れると自分の頭で理解してはならないのですよ。 それで実際にそのような歴史上の人物を持って作品を使えばもちろん、小説を書くことによって満たされたりもするが、小説を書く前にも、すでに私は多くを学んだと考えます。 本当に私が書けない場合は、小説で書いてもなるそうです。 私はこの人を知っていくまでの過程がとても私に重要なのですよ。 そのような過程が私を育てるという考えをしてよ。 だからずっと人物たちに関心を持つようです。

作品の中の主人公はギムタクファンファなった人物たち

いつも本を書き、後はどこまでが歴史上の人物の話で、どこからがあなたの話か、という質問をもらっています。 区分することがない、混じって入るので。 たとえば、<私は、黄真伊>という小説を書くと、私は1968年に大韓民国で生まれた人だが、16世紀初めに開城で生きた寄生出身の女性詩人を描画するんじゃないか。 水位調節は出来ない。 だから、これが初めてでは接点が形成さはないので、ずっとこの女に近づこうと絶えず努力してよ。 それで、その人が書いたしおれるも読んで、その人がチュォトドンダンスのようなものも調査し、歌も調査し、その人が住んで個性を地図や写真や本を通して見ながら継続(その人物との)につくだろうね。 だからブトジャンアヨ? ジョプシンイラゴ通常の物語が、つくと、その次からずっ​​と行くしかありません。 その瞬間には、黄真伊とギムタクファンが接続されているんです。 また、李舜臣とギムタクファンが接続されているので。 だからギムタクファンファれた砂あらしで、ギムタクファンファなった瞬間新人ゴゴヨ。 だから、そこにつきまして、どの部分が誇張されているか、どの部分が問題があるか、または部分は、作家が多抱えなければされている問題だと思う。
e0109292_21371998.jpg


40代三編の小説の執筆計画

私は40代に書きたいと思う小説が三本程度だ。 40代に使いたいと思うのは取材力が残っていて、熱心に見学をたくさんすることができ、老眼が来る前に資料をたくさん読み取ることができるとき、そのような見学や資料の調査が必要ですが、書くことができるものです。 私が教授を切り取って、そのような小説三本程度を50歳になるまで、必ず三本を書くと思って出たんです。 その最初の作品が昨年に出した<密林無情>と呼ばれる人間と自然が対決する小説であり、今、2番目の小説を書いています。 今年の賭けることは難しいようで、来年や勉強が不足すると、再来年まで行くこともあるようです。 それを終えて、またその次の小説をした2〜3年使うと、五十サルチュムになりそうです。 これにより、その時はまた、50代には何を使うか悩みに陥るでしょう。

私の人生の本

ヴァルターベンヤミンの文​​芸理論
ヴァルターベンヤミン | バンソンワン | ミンウムサ
最初の本は<ヴァルターベンヤミンの文​​芸理論>というチェクインデヨ。 私は国文科に入学してからウェスク部さんが入学祝いに買ってくれました。 この本を大学の1年生の時に読み取りを開始したがとても難しくて、何を言ってるか分からないんですよ。 自分のレベルよりもはるかに高いレベルの本をウェスク部さんが買ってくれて。 大学3年ぐらいになって再び読んでからヴァルターベンヤミンという人がとても魅力的イドラゴヨ。 そして、理論を大げさに説明するのではなく、自分の経験を溶かして説明して、この人はとても暖かい魂だなという感じがしたんです。 本を書くときに、エッセイのようなものを書くとき、常に<ヴァルターベンヤミンの文​​芸理論>を常に考えて、この本を私に説明したウェスク部さんの果樹園を考えています。 その果樹園に赤く、サクランボがイクオガルときに、そのエンヅナムの下で、この本を読んで叔父と一緒に話を交わしたその時々思い出して、私の故郷のような本です。 この本を読めば文学を初めて起動した私の20歳に常に思い出す本です。

ゲーム化の研究
金允植 | 文学思想社
この本は、<ゲーム化研究の>ですが、この本は大学3年生の冬休みのときに読んだんですが。 一応厚いじゃないですか。 それで、冬休みの起動時に読み取ることがないのかしてから金允植先生が私達の教授イショトヌンデ、教授が韓国の近代文学を研究なさるの<ゲーム化の研究>という本を書かれたんです。 そこで本を買って読み始めたのですが、小説よりもはるかに面白いんですよ。 ある人物を持って研究者が深く研究をすると、このように、楽しく使うことがあるんだ。 それまでは文学の研究をするというのが作品についての水田で、作家についての短い評を書き、このようなことだったが、一人の人間の人生をこのように総体的にのぞき見ることもあるんだと感じました。 その時の印象では'と、これワシのような本だな』と非常に衝撃を受けたんです。 そして金允植先生が書かれた<李光洙と彼の時代>や<ヨムサンソプ研究>私はこのような500ページで1000ページほどの本を休み起動すると、一冊ずつ買った。 だから夏休みの開始を金允植先生のインムルロンを持って始めたんです。 この本を読みながらは、私がそのときに下宿をしたが部屋に座って、一週間の間しか出てずっとこれを読んでとても幸せでした。 ゴロゴロしながら、'と、実際おかしいが、実際に興味深い'しながら読みました。 結局、私は研究者が駄目だったけど、いつもこのような本があれば無条件ですね。 だから、この本を読んだので、自然に評伝を好きになったようです。

ウォンミドンの人々
ヤングィジャ | 暮らし
その次の<ウォンミドン人々>というチェクインデヨ。 ヤングィジャ先生の本であり、私が大学1年生のときに入学してから冬の頃に読んだようです。 読んでとても暖かくて良かったですよ。 そして、バスに乗って、実際の遠美洞に行って祈るんです。 1年生のときに読んで7年ほど経った後、私は博士課程に入ってからその時の評論家をたて始めた頃です。 評論家を始め、<想像>という雑誌の編集委員となり、批判を熱心に書き込む時ですが、そのときヤングィジャ先生に会いました。 大学1年生のとき、この小説を読みながら、この小説本当にいいなと思っていたのに7年後にその人に会ったんです。 会うこと自体が、まるで無名の歌手が自分がメンターに思っていた歌手に会うように、驚くほどの時であるのです。 もっと驚いてきたのは、先生が出版社を移して再度本をナッシュが、『君が跋文を書くのがいいな、エピローグをソブワラ』と致しまして、この本には、第跋文が入っています。 『私の心の距離ウォンミドン』と。 そしてヤングィジャ先生が私の小説家としての最初の習作をしたときに小説をずっと使って見るととても力をくれました。 評論家をして小説を書くのがとてもオリョプゴんですよ。 なぜ難しいかというと、目されるように高いです。 どのような作品がいいかどうかの評論家生活をしたから知っているんです。 ところが、エチュードをやったことがないから手はあまりにも無意味なんです。 目と手の乖離ができるから、毎日お酒を飲むしかありません。 及びますというんですよ。 私の目を見るだけに手が応じていくのに限り2〜3年かかるんです。 その期間の間に、私は小説家になることができるようにヤングィジャ先生がアドバイスを大胆にしてくださったんです。 この本の<ウォンミドン人々>をみると、いろいろ考えら、私はますます小説家がドゥェオガル時の風景が浮か​​び上がります。

ゲーテとの対話
ヨハンペーターエコマン | バクヨウン区 | 緑地
その次には、<ゲーテとの対話>というチェクインデヨ。 これは私の教授生活するときに、1年生たちに無条件の学生たちにイルヒョヨ。 でもエコマンイラゴする若者が古来のゲーテを千回程度会って話を交わして、その話を集めたインタビュー集です。 いつも私が学生たちに話す時は千回はあまりにも多いからお前が作りたいと思う人物を百回のお楽しみだそうです。 私が学生たちに日記を書くんですよ。 ある人物についての毎日の百日の間、日記を書くのですよ。 仮想インタビューをするように求めるんです。 その人物に対して百度は考えると、その人物が自分が自分を知っているよりも、私は、その人物をより多くの知り合いになる、そんな境地まで行くんです。 だから文を書くが大変で、大まかに移ろうするクェガ起こるとき<ゲーテとの対話>を読みます。 読めば一応は千回会わなければならないという気がします。 千回会えば度は、ですよ。 私が書いた練習曲に関連するコメントを書く本も、<千年のエチュード>で。 この本を読みながら、1000という数字がとても魅力的だ。 どんなに才能がなく、怠惰な人も、千回ぐらい何かをゴルトルにすれば何でもできるんじゃないかという気がしてよ、それでこの本をずっと紹介しています。 素敵な本です。 登録する為クリックしてみてください!
新しい記事が上がってくると└me
メインで、その場ですぐご覧になれます。
by kazem2 | 2011-04-11 21:34 | ragazzo