ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

CJ E&M  映画最悪の6連敗 脱出はいつだ

☆newsen.com
e0109292_12261984.jpg

(写真= CJ E&Mの映画事業部門での投資倍急ぎの映画『キムジョンウク探し』『グローブ』
『マイブラックのミニドレス』「ラストガトパド」、左上から時計回り)





[ニュース=ギムボムソク記者]

CJ E&M の映画 事業部門が設立以来、最悪の時期を過ごしている。

昨年10月28日公開された『不当な取引』(監督リュスンワン)以来、半年近くに損益分岐点を超えた映画が一つも出てこなくてCJ社員の子を燃やしている。

先月CJエンターテイメントの統合法人CJ E&Mに 看板 を変えてつけて野心的なスタートだったが、唯一の映画事業部門の 成績 が良くないと思いますよ業界の雑音に上り下りしている。 6連敗という不名誉なの終りまでに聞こえる。

状況がイロトジャ映画事業部門の司令塔のキムジョンアの代表と、業界1位の牙城に傷が私のではないかという話も出ている。

CJ E&Mの映画事業部門のスランプが始まったのは昨年12月。 当時、『不当取引』が1カ月以上も破竹の勢いで興行するとCJの内部では、次のラインナップ「キムジョンウク探し」(監督ジャンユジョン)に大きな 期待 を寄せた。 しかし、12月のデートムービーとして打ち出したの共有イムスジョン主演『キムジョンウク探し』が予想外の岩礁に会ってブレーキがかかった。

共有の除隊後初の復帰作となり興行が検証された同名 ミュージカル を劇化した作品だったが「キムジョンウク探し」の観客の反応はあまり好意的ではなかった。 むしろ弱体で評価を受けたチェ・ガンヒ イ・ソンギュン主演『チェチェハンロマンス』(監督:キム・ジョンフン)が12月の劇場街の最終的な勝者として浮上した。 CJの立場では2008年12月に公開されたパク・ジニ主演の『甘い嘘』(監督ジョン・ジョンファ)の 悪夢 が再燃される瞬間だった。

1〜2月の状況もよくなる 兆し が見えなかった。 CJは、シム・ヒョンレ監督の「ラストガトパド」とカン・ウソク監督の『グローブ』を相次いで打ち出して逆転を試みたが、競争作『メガマインド』「ハリーポッターと死の秘宝1」「ハローゴースト」(監督ギム・ヨウンタク)に相次いでつかまった。

特に印象的な 実話 を素材にした『グローブ』は、カン監督の最初の全体観覧可の映画だったし正月連休黄金の大木に網を投げたが、キム・ミョンミン主演の『朝鮮名探偵』(監督ギム・ソクユン)に勝機を奪うところ、『ハローゴースト』も、 足首 が捕まって苦戦した。

次の打席に入ったユン・ウネ主演『舞黒のミニドレス』(監督ホ・インム)もバット一度まともに振り回さないことができずにダッグアウトに呼び出さ入らなければならなかった。 「マブルミ」は、韓国版『セックスエンドシティ』を標榜したチンニッ映画で、20代の女性観客たちの足を捕まえようとしたが、複数の悪材料にぶつかって力度ソボジことができずに看板をしなければならなかった。

一方、同期間ロッテエンターテイメントは「チェチェハンロマンス」を皮切りに、大邱(テグ)のカエル少年失踪事件を扱った『子供』(監督イ・ギュマン)に続いて『危険な挨拶 ​​』(監督ァ)で、3打席連続 安打 を記録している。 ショバクスド『朝鮮名探偵』としてのプライドを守ったし、ショーボックス出身者が設立した中堅配給会社NEWも『ハローゴースト』と『君を愛しています』(監督チュ・チャンミン)への配分順位の支配権を変えた。 NEWは、2010年を基準ショバクスルル抜いてCJに続き、配給のランキング2位(映振委集計)にのぼった。

ある映画評論家は、"どの企業やスランプを経るものだが6ヶ月近くに損益分岐点を越える映画がないということは、業界の長兄CJとして非常にプライド の上下 には一日"とし"しかし、5〜6月の『カンフーパンダ2』『トランスフォーマー3 』と『クイック』『7鉱区』など、今年の夏 の市場 は、CJの独壇場になるだろう"と予想した。

CJ E&Mの映画事業部門は最近、映画事業本部長チェ・ジュンファン 常務 がCJ CGVのアメリカ代表に就任し、内部の人事を断行した。 広報とマーケティングチーム長出身の李サンム投資チーム長が、新しい本部長に重責を引き受けることになったこと。 ツジャチム ジャン・ジンスン 部長 が新しい投資チーム長に発令された。

今月14日封切りする「受賞した顧客たち」(監督ジョ・ジンモ)と、次の月に封切られる『サニー』(監督カン・ヒョンチョル)とCJ E&Mの ターニングポイント に合うか、それとも『カンフーパンダ2』の公開までボリトゴゲが続くか見守る日である。

ギム・ボムソクkbs@newsen.com

情報提供および報道資料newsen@newsen.com [2011-04-11 10:08:44]
by kazem2 | 2011-04-11 12:16 | News